アクセスカウンタ

<<  2018年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
タマシギ幼羽-180730千葉県・茨城県
タマシギ幼羽-180730千葉県・茨城県 Greater Painted-snipes juvenile 180730ABC Japan. 幼鳥3羽。個体A(画像1)は180714個体と同一。同所で。 すぐ横にオオジシギ1羽がいた。比べるとタマシギは随分と小さい。オオジは右へ小走りした後無声で飛び立ち4-5mのところへ着地。草陰に隠れた。回り込もうとすると再度飛び3声を発して闇に消えてしまった。なかなか撮れない。千葉県。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/31 10:00
東京国立博物館本館(日本館)の鳥
東京国立博物館本館(日本館)の鳥 瑞花双鳳八花鏡(8世紀)奈良興福寺。堂塔の建立の前に、土地の神々を鎮めるために埋められた鎮壇具の一つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/30 12:17
メダイチドリ夏羽♀♂飛翔180729千葉県
メダイチドリ夏羽♀♂飛翔180729千葉県 Lesser Sandplovers ♂♀ breeding 160729 Japan. 海水浴場で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/29 22:16
ヒクイナ第1回夏羽180728千葉県
ヒクイナ第1回夏羽180728千葉県 Ruddy-breasted Crake first summer 180728 Japan. 畦、台風前天気が目まぐるしく変わる。頭部から胸部に赤味がない。喉は白。足の赤味弱い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/28 21:46
ヤイロチョウ180726国立科学博物館
ヤイロチョウ180726国立科学博物館 Fairy Pitta 180726 National Museum of Nature and Science, Tokyo. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/27 22:42
キタタキ♀・クマゲラ♀180726国立科学博物館
キタタキ♀・クマゲラ♀180726国立科学博物館 White-ellied/ Black Woodpecker 180726 National Museum of Nature and Science, Tokyo. キタタキは15亜種認められており、対馬にかつていた亜種Dryocopus javensis rechardsiは朝鮮半島産と同亜種。クマゲラはキタタキより広範囲に分布するが認められている亜種はわずか2つ。キタタキの分布は海に分断されているが、クマゲラの分布はユーラシアに広がる。分布が北方のクマゲラがより黒く、南方のキタタキに白が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/26 21:34
カワマス171024長野県
カワマス171024長野県 Brook trout 171024 Japan. 池の浅瀬をゆったりと泳いでいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/25 21:27
タマシギ幼羽180722千葉県
タマシギ幼羽180722千葉県 Greater Painted-snipe juvenile 180722 Japan. 180714個体と同一。同所。もう1羽(たぶん♂成鳥)すぐ横にいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/24 20:24
モア(の祖先)は南米からニュージーランドへ飛んだ
モア(の祖先)は南米からニュージーランドへ飛んだ Moa feathers 170527 National Museum of Nature and Science. Matthew J. Phillips et al (2010)のmtDNA分子系統学的分析によれば、モアは不思議なことにシギダチョウと姉妹関係にあり、同じくニュージーランドに暮らすキーウィは別のクレードに入る。 私は以前、「鳥は二度飛んだ! シギダチョウの進化」で、シギダチョウを含めたダチョウ目の共通の祖先で一度飛行能力を失い、シギダチョウで飛行能力が復活すると考えるのが最... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/23 16:34
オーウェンのモア170527大英自然史博物館展
オーウェンのモア170527大英自然史博物館展 Replica of the first fragment of moa bone 170527 National Museum of Nature and Science, Tokyo. 大英博物館のオーウェンはこの一片の骨で鳥と推定した。モアの記載では、ウィリアム・コレンゾーと争ったが、オーウェンの1838年の記載論文にプライオリティーが与えられることになる。 サー・リチャード・オーウェンは19世紀イギリスの比較形態学者である。彼は脊椎動物の原型を原動物(形態表象)として仮定した。すべ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/21 23:53
オオミズアオ夏型♂180720千葉県
オオミズアオ夏型♂180720千葉県 Actias aliena 180720 Japan. 擦り切れていない、羽化したてか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/20 20:47
ホオジロ♂・アカボシゴマダラ夏型180716千葉県
ホオジロ♂・アカボシゴマダラ夏型180716千葉県 Meadow Bunting ♂180716 Japan. 新機材で試し撮り。思いのほかシャープ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/19 21:30
亜種トウキョウダルマガエル180713-千葉県
亜種トウキョウダルマガエル180713-千葉県 Tokyo Daruma Ponnd Frogs 180713 Japan. 大体2mおきにちょこんと構えていて微笑ましい。昨年より多いか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/18 23:31
ウスバカミキリ♂、小さい180714千葉県
ウスバカミキリ♂、小さい180714千葉県 Megopis sinica 180713 Japan. 灯下にひっくり返っていた。遠目には大きめのホソカミキリか、だとすると何十年ぶり。つまんで表を見れば、小さなウスバだった。図鑑を見るとなるほど体長30〜50mmとなっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/17 22:07
タマシギ幼羽180714千葉県
タマシギ幼羽180714千葉県 Greater Painted-snipe juvenile 180714 Japan. 同一場所だったので前日の♂と同一個体かと思ったのだが別個体だった。 ジシギは見当たらず。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/16 12:41
亜種ホンドタヌキ180713茨城県
亜種ホンドタヌキ180713茨城県 Japanese Raccoon Dog 180713 Japan. 行儀がいい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/15 09:23
タマシギ♀鳴き声(動画)180713千葉県
タマシギ♀鳴き声(動画)180713千葉県 Greater Painted-snipes breeding ♀♂ 180713 Japan. 雌2羽鳴いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/14 23:34
メンフクロウ170918ファミリー動物ランド
メンフクロウ170918ファミリー動物ランド Barn Owl 170918. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/13 22:04
クロアナバチ170811千葉県
クロアナバチ170811千葉県 Sphex argentatus 170811 Japan. 種小名がヨーロッパのセグロカモメと同じ「銀の」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/12 21:12
ヒドリガモ♂幼羽171210千葉県
ヒドリガモ♂幼羽171210千葉県 Eurasian Wigeon juvenile ♂ 171220 Japan. 体下面に小斑あり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/11 23:37
ニホンヤモリ180707千葉県
ニホンヤモリ180707千葉県 Japanese Gecko 180707 Japan. 七夕の夜に。例年に比べ出が悪い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/10 20:54
カブトムシ♀180709千葉県
カブトムシ♀180709千葉県 Japanese rhinoceros beetle ♀ 180709 Japan. 遅めの初物。アブラゼミが早くも鳴きだした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/09 20:18
タマシギ♀♂180707千葉県
タマシギ♀♂180707千葉県 Greater Painted-snipes breeding ♀♂ 180707 Japan. いたのはこの2羽だけ。声も聞こえず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/08 10:26
ヤンバルクイナ骨格170803茨城県自然博物館
ヤンバルクイナ骨格170803茨城県自然博物館 Okinawa Rail 170803 Ibaraki Nature Museum. 那覇自然研究事務所、やんばる自然保護官事務所から茨城県自然博物館へ3個体の冷凍標本が贈られた。剥製2つ骨格標本1つが展示されていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/07 20:02
ツクバハコネサンショウウオ170803茨城県自然博物館
ツクバハコネサンショウウオ170803茨城県自然博物館 Onychodactylus tsukubaensis170803 Ibaraki Nature Museum. 吉川&松井(2013年)により記載された。2015年、絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(種の保存法)の定める国内希少野生動植物種に指定された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/06 23:45
エゾサンショウウオ、頭でっかちと表現型可塑性170803茨城県自然博物館
エゾサンショウウオ、頭でっかちと表現型可塑性170803茨城県自然博物館 Hynobius retardatus 170805 Ibaraki Nature Museum. 以前カニバル・モルフ(共食い型)について書いた。この言葉は今では適切ではないとされる。なぜなら、共食いをしなくても別の刺激で誘導することが可能であることがわかったからである。したがって、機能ではなく形態の特徴でそのまんま、broad-headed morph すなわち頭でっかちと呼ばれるようになった。若原正己氏によれば、物理的刺激(ビニールテープで作った模擬尾)によりエゾサンショウウオの幼生に頭... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/05 20:53
サケイ・コウテンシ180704国立科学博物館
サケイ・コウテンシ180704国立科学博物館 Pallas's sandgrouse 180704 National Museum of Nature and Science. ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/04 21:07
コクワガタ♂180703千葉県
コクワガタ♂180703千葉県 Dorcus (Macrodorcus) rectus 180703 Japan. 灯下で。今年は遅い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/03 19:57
スッポン180623千葉県
スッポン180623千葉県 Chinese softshell turtle 180623 Japan. 池の水面から底の泥が盛り上がって見えた。双眼鏡で覗くと動き出したので驚いた。甲長ゆうに30cm超。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/02 20:27
ミヤマカミキリ♀、稲妻180627千葉県
ミヤマカミキリ♀、稲妻180627千葉県 Neocerambyx raddei 180627 Japan. 灯下で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/01 22:14

<<  2018年7月のブログ記事  >> 

トップへ

鴎舞時 / OhmyTime 2018年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる