標識ミユビシギ夏羽~冬羽「H35」190807千葉県

ミユビシギ群れ190807片貝海水浴場 (342).jpgミユビシギ標識H35190807片貝海水浴場 (278).jpgミユビシギ標識H35190807片貝海水浴場 (309).jpgミユビシギ標識H35190807片貝海水浴場 (274).jpgミユビシギ標識H35a190807片貝海水浴場 (309).jpgミユビシギ標識H35190807片貝海水浴場 (298).jpgColour-flagged Sanderling molting adult 180825 Japan.
砂浜で採餌中のミユビシギ200羽の群れの中の1羽。右跗蹠に金属リング(24270?)、左脛に青フラッグ「H35」左跗蹠に白フラッグ。肩羽の一部に灰色の冬羽が見える。雨覆、三列風切は摩耗した夏羽。初列風切に脱落はない。
山階鳥類研究所 保全研究室(鳥類標識センター)千田さんによれば以下の通り。
H35ミユビシギは、2018年1月6日に、千葉県船橋市三番瀬で、性不明・成鳥として放鳥されています。
金属足環の番号はお読み取りいただいたとおり、03E-24270です。

この記事へのコメント