オオジシギ夏羽~冬羽200808茨城県(追記200813、改題200815)

チュウジシギ200808上根本 (12).jpgチュウジシギ200808上根本 (5).jpgチュウジシギ200808上根本 (4).jpgチュウジシギ200808上根本 (14).jpgSwinhoe's Latham's Snipe molting adult 200808 Japan.
今秋初認。やはり黒い。肩羽、中雨覆の一部は冬羽。


今日千葉県でクマゼミ初認。

追記200813:このジシギを発見した時の第一印象はチュウジだった、オオジかも、とは疑うことはなかった。第一印象はjizzによるところが大きい。この個体をチュウジと感じたのは、黒いから、では(たぶん)ない。今季オオジはすでに少なからず見ていたので、その落差が大きかったからだと思う。小さくて寸詰まりに見えたのだ(そういえば大きさに惑わされおでん屋さんに指摘されたことが以前にもあったっけ)。「やはり黒い」のやはりは、撮影直後のモニターでの感想。
この画像をチュウジとしてupする前かなり引っかかったのは三列が全く換羽しておらずぼろぼろで(オオジの三列は摩耗により?しばしば褐色部より黒が広く見える)、雨覆もほとんど換羽していないことだった。チュウジだったらもっと進んでいるかな、と(今から思えば面倒臭がらずこの辺のところを詳述しとけばよかったかな)。一方で、8月のチュウジはしばしば初列に旧羽が残っているので、外側初列が摩耗している(以下画像1のトリミング)のは特に問題ないかとも思った。
チュウジ200808上根本 (12).jpg
実はこの個体はすごく気になったので、到着したばかりのチュウジであればまだいるだろうと8月10日に同所を再度訪れた。周辺まで探しまくったが、見つからず。残念ながら伸びを撮ることは叶わず。オオジ成鳥であれば渡去していておかしくはない。この時点でキャプションにPossibleを入れた方がいいなと感じていた。
以前ツイッターでおでん屋さんが「短絡的な、「黒い→チュウジ」の思考はダメ、ゼッタイ。」と指摘しているが、こんな短絡的(と思われても仕方ない)投稿をしているようでは、それを甘受するしかない。個々の特徴にとらわれて誤同定することがあるのと同様jizzで誤同定することもある。このエントリーは結果的にジシギファンには反面教師にしてもらえばいいかなと思っているのでタイトルとキャプションは変更せず。

改題200815:「チュウジシギ夏羽~冬羽200808茨城県」→「オオジシギ夏羽~冬羽200808茨城県」
以下の理由により改題した。
①ツイッターから本エントリーへの訪問者が減少し、反面教師としての役割を果たした。
②サムネールのみ、あるいは記事の一部のみを閲覧するオーディエンスに誤解を与える。
③意図に沿わない部分的な引用により誤った情報が拡散する恐れがある。

posted by seichoudoku at 22:05Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント