アクセスカウンタ

鴎舞時 / OhmyTime

プロフィール

ブログ名
鴎舞時 / OhmyTime
ブログ紹介
千葉県・茨城県の野鳥を紹介します。画像・文章の無断転載はできません。All text & photos at this site are copyrighted by seichoudoku.

←Eurasian Woodcock 2019.2.3 Japan.

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ネコは外来種ではないから殺さない?
有川美紀子著『小笠原が救った鳥』(2018年)を読んだ。印象に残ったところ。 鈴木さん、島の事情は分かります。でも、小笠原の生ものたちが大切でも、僕にとってはネコも同じ命ですから、それは無理です。安楽死はできません。(p35)鈴木さんは、NPO法人小笠原自然文化研究所(通称アイボ)を立ち上げた三人の研究者の一人鈴木創氏、答えているのは公益社団法人東京都獣医師会副会長(当時)獣医師の小松泰史氏。カツオドリや亜種アカガシラカラスバト等の保護のため小笠原で捕獲されたノネコが殺処分されることなく、東京... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/22 21:04
金土木-190221千葉県
金土木-190221千葉県 夜明け前の東南の空、金星:-4.2等、土星:0.6等、木星:=2.0等。 栗本慎一郎は自身の幼少期男子は昆虫少年か天文少年かのどちらかだった、とどこかで書ていた(と思う)。私はというと、昆虫少年であり、天文少年であり、鳥(飼)少年であった。ようするに自然には何でも興味があった。それは今でもあまり変わっていない。鳥繋がりの知人は、私の雑多なブロブを見て、鳥に専念しろという。私にとって鳥は特別な存在ではあるが、唯一無二というわけではない。夜間探鳥のウェイトが大きくなっているこの頃は星夜に目が向くの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/21 21:29
ミツユビカモメ冬羽190216千葉県
ミツユビカモメ冬羽190216千葉県 Black-legged Kittiwake nonbreeding 190216 Japan. 今季少ない。11月以来。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/20 22:42
ヤマシギ190217千葉県
ヤマシギ190217千葉県 Eurasian Woodcocks 190217 Japan. 最近出が悪い。この日は夜半過ぎから風が強くなり期待していなかったのだが、のべ8羽見られた。川と堤防の間の草地に3羽かたまっていた。画像の3個体はいずれも嘴の先が泥で濡れているので、採餌していたと思われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/19 21:12
ニホンノウサギ190217千葉県
ニホンノウサギ190217千葉県 Japanese Hare 190217 Japan. 農道と田圃の間のアシ原を刈ったところで発見。草陰に潜んだところを撮る。この数m右にヤマシギがいた。ウサギに遭遇するのはいつもこの辺。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/18 21:29
ハヤブサ-190217千葉県
ハヤブサ-190217千葉県 Peregrine Falcon 190217 Japan. 6日前にも同公園にいた。190209個体とは別。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/17 21:54
タシギ-190210千葉県
タシギ-190210千葉県 Common Snipe 190113/0209/0210 Japan. 水があれば戻る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/15 21:10
火天190214千葉県
火天190214千葉県 火星1等、天王星5.8等。夕の西天に、赤と青が印象的。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/14 21:52
カモメ幼羽〜第1回冬羽190202千葉県
カモメ幼羽〜第1回冬羽190202千葉県 Kamchatka Gull molting juvenile/first winter 190202ABCDE Japan. 個体D(画像6)は白っぽく小さく見えたが、コカモメの特徴は特にないようだ。個体Eは注意を引く個体であったが尾は見えず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/13 21:53
ヒドリガモ♀幼羽・♀冬羽・♂幼羽〜第1回生殖羽190113東京都
ヒドリガモ♀幼羽・♀冬羽・♂幼羽〜第1回生殖羽190113東京都 Eurasian wigeon molting juvenile/nonbreeding ♀ 190113 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/12 21:32
月金木190201千葉県
月金木190201千葉県 明け方の東天に、月齢26、金星-4.3等、木星-1.9等。このちょうど5時間前、南米では金星食が見られた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/11 18:17
アカエリカイツブリ、魚を食う190202千葉県
アカエリカイツブリ、魚を食う190202千葉県 Red-necked Grebe 190202 Japan. 獲物はハゼだろうか(画像1)。画像2はどろどろの何か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/10 22:29
ハヤブサ190209千葉県
ハヤブサ190209千葉県 Peregrine Falcon 190209 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2019/02/09 22:07
アメリカセグロカモメ第1回冬羽190202千葉県
アメリカセグロカモメ第1回冬羽190202千葉県 American Herring Gull molting juvenile 190202Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/08 23:42
カナダカモメ第1回冬羽・第2回冬羽・冬羽190202千葉県
カナダカモメ第1回冬羽・第2回冬羽・冬羽190202千葉県 Thayer's Gulls 190202ABCDE Japan. 画像6は個体C(画像3)の虹彩。190202C=190119 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/07 23:00
モンゴルセグロカモメ第3回冬羽190202千葉県
モンゴルセグロカモメ第3回冬羽190202千葉県 Mongolian Gull third winter 190202 Japan. 上面はほぼ灰色だが、雨覆の一部と三列風切に暗色斑が残るので第3回冬羽と思われる。初列風切の先の白斑は成羽に近く、黒斑はP4まであり。体部は白が目に付く。後頸に拡散しない細かい縦斑が少しある。オービタルリングは濃い朱色。嘴は黄色で上に黒斑、下は黒斑に若干赤味がさす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/06 21:18
ヤマシギ190203千葉県
ヤマシギ190203千葉県 Eurasian Woodcocks 190203 Japan. 満天の星のもと、未明の公園を一回りでのべ7羽と出会う。身じろぎもせず窪地に伏せている。ただただじっとしているので、背には白々と霜が降りている。草も土も凍てつき獲物がいる様子もなし。真冬の夜の生態は謎だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/04 20:29
クイナ冬羽190203千葉県
クイナ冬羽190203千葉県 Brown-cheeked Rail ( Eastern Water Rail ) nonbreeding 190203 Japan. 狭い水路のアシの中に発見。下嘴の赤味は強いが、上嘴は基部の嘴縁のみ赤。目録では亜種クイナRallus aquaticus indicusとされているが、Brazil (2018) Birds of Japanでは独立種R.indicusへ格上げされている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/03 21:11
クロガモ♂190202千葉県
クロガモ♂190202千葉県 Black Scoter ♂ 180617 Japan. 港に♂5羽。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/02 23:14
キジ♀190201千葉県
キジ♀190201千葉県 Japanese Green Pheasant 190201 Japan. 昨夜の雪は地を湿らすには至らずシギ不在。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/01 23:22

続きを見る

トップへ

月別リンク

鴎舞時 / OhmyTime/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる