オオスズメバチ女王と働き蜂130729千葉県

Japanese Giant Hornet Vespa mandarinia japonica 130729-30 Japan. ミツバチの巣でクイーンを数匹のワーカーが取囲んだところをローヤルコートという。大顎腺から分泌された女王物質を摂取したワーカーは不妊となる。樹液の発酵した大きなクヌギでオオスズメバチのローヤルコートと思われる行動を観察した。特に大型のクイーンに4、5匹のワーカーが寄…

続きを読む

オオスズメバチ女王130509千葉県(追記130624)

Japanese Giant Hornet Vespa mandarinia japonica 130509 Japan. 触角が11節である(♂は12節でより長い)。産卵管がある。よって♀。新ワーカー(♀)が生まれる前の5月上旬である(新ワーカーは6月から7月に発生する)。体長が4cm以上ある(ワーカーは一般に4cm以下)。よって越冬した女王である(ワーカーは越冬しない)。 道の真ん中に落…

続きを読む

オオスズメバチ061113手賀沼

  冷え込んだ早朝の斜面林でアオジの声を追っていて、ふと視線を向けた目前のクヌギの幹にぞっとしたました。   発酵した樹液に大きなハチが群れていたのです。オオスズメバチでした。一瞬怯みましたが、手が凍える寒さです。相手は変温動物、襲ってくる元気はなかろうと、にじり寄ってカメラを向けると、1匹が低い羽音を立てて飛んできました。一歩後ずさり、また近づき何とか撮りそそくさと退散しました。 …

続きを読む