ノビタキ♀♂190428栃木県

Siberian Stonechats Saxicola maura stejnegeri ♀♂ 160428 Japan. ♂は開けたところで見られるも囀らず、♀は林縁でちょこまかしている。♂は成鳥夏羽、♀は第1回夏羽か。

続きを読む

ノビタキ♂夏羽~冬羽150921栃木県

Siberian Stonechat molting adult ♂ 150921 Japan. 山の上にはもういないかと思いきやシモツケ群落に数羽残っていた。. 手賀沼では9月14日初認。画像のような換羽の遅い個体を千葉で見ることはほとんどない。こうした個体は渡るのも遅れるのかもしれない。 かろうじて咲き残っていたホザキシモツケ。 改訂150926

続きを読む

ノビタキ♂第1回夏羽150613栃木県

Siberian Stonechat Saxicola maura stejnegeri first summer ♂ 150613 Japan. 三列風切、初列風切、尾が褐色で幼羽と思われる。胸の橙色が薄く狭い。カラマツの若木と地表を行き来していた。そばに♀もいた。 以前は(Common) Stonechat S.torquatus の亜種とされていた。ミトコンドリアチトクロムbの分子系…

続きを読む

ホオアカ・ノビタキ141019千葉県

Chestnut-eared Bunting /Siberian Stonechat 141019 Japan. 年に二度、手賀沼は高原になる。アオジ、ビンズイが囀る春先とホオアカ、ノビタキのツーショットが狙える渡りの秋。 冬の使者が続々と到着している。今朝は、オオジュリンも来ていた。

続きを読む

ノビタキ、イナゴを食う121104千葉県

Siberian Stonechat first winter 121104 Japan. セイタカアワダチソウから地面に降りてイナゴと思われるバッタを捕らえていた。尾はかなり磨耗しているので幼羽と思われる。成鳥は尾を秋に換羽する。一つの田に3羽いた。

続きを読む

ノビタキ第1回冬羽♂♀(動画)080924千葉県

Stonechat ♂ 1st winter 080924 Japan. ノビタキ♂第1回冬羽080924千葉県。喉に少し黒斑が見えるので♂だろう。 Stonechat ♀ 1st winter 080924 Japan. ノビタキ♀第1回冬羽080924千葉県。喉が白いので♀と思われる。初列雨覆に白が見える。背の羽を広げると雨覆が見えなくなる。

続きを読む

ノビタキ♀第1回冬羽・♂第1回冬羽071007印旛沼

ノビタキが比較的狭い範囲に8羽いました。群れているというには分散しているし、無関係な個体がたまたま集合したと考えるのにも無理がある。こういうことが時にあります。 個体差の確認のチャンスなのですが、人を恐れないようでいてレンズを向けるとさっと飛び立ってしまいなかなか識別に役立つショットを物に出来ません。 この時期に見られるノビタキはどれも似通っていて識別が難しく、図鑑にも役立つ写真が少ないのが…

続きを読む

ノビタキ♀第1回冬羽071001手賀沼

今朝も雨。昨日ジシギのいた場所に行くも姿はなし。周辺を探してもタシギが1羽いただけ。 なにやら2羽のセッカがにぎやかにしています。双眼鏡を向けるとノビタキがいました。9月18日の初認以来撮るチャンスがありませんでした。雨の日は、シャッター速度が遅くなりますが、しずくが写れば案外きれいな写真になります。 ノビタキ♀第1回冬羽071001手賀沼。 顔に黒味がないので♀だと思われます。上面は…

続きを読む

ノビタキ4個体061001手賀沼

  まだ刈り取られていない稲にノビタキが見られました。この時期のノビタキはバラエティに富んでいて面白いのですが、雌雄や歳の識別は迷います。   ♂冬羽。顔が黒っぽく、頸に白斑があり、下面にオレンジ色味があります。  これは♀第1回冬羽でしょうか。   この個体は脇が青っぽく見えます。下面は褐色で、初列風切端が白く見えます。成鳥ではなさそうです。

続きを読む