シロカモメ x ワシカモメ第1回冬羽160123千葉県

Possible hybrid Glaucous x Glaucous-winged Gull first/second winter with Slayty-backed Gull 160123 Japan. 初列風切は白いが、体部の褐色斑が濃く、嘴もほぼ暗色。体はオオセグロカモメよりやや小さい。初列の突出は小さい。頭部のjizzはシロカモメともワシカモメとも少し異なる。 Sさんが見つける。

続きを読む

モンゴル様不明カモメ第1回冬羽130105千葉県

Mystery Gull first winter 130105 Japan. 望遠鏡の視野に入った瞬間、モンゴル。が初列風切のパターンに、あーこのパターンね。これまで何回か見たことがある。初列淡色羽縁がオオセグロカモメのように明瞭。尾の暗色帯にも淡色斑が散在する。足は白っぽいピンク。モンゴルの個体差か特徴的な地域個体群か、それとも雑種か?経年変化を追えたらなあ・・・

続きを読む

ウミネコ幼羽111009千葉県

Black-tailed Gulls juvenile 111009 Japan. 幼羽のチョコレート色の鱗模様はきれいだ。そうはいってもアップされる画像はモンゴルやカナダが優先で普通種は後回し、そのうち忘れ去られるのが落ち。ところが普通種も所変われば珍鳥。日本ではほとんど注目されないこの鳥も分布図を見ればまさに極東の鳥だ。しかし欧米の熱心なウォッチャーもさすがにカモメの盛りの時期をわざわざ外…

続きを読む

ワシカモメ第1回冬羽-120330千葉県

Glaucous-winged Gulls first winter 120330 Japan. 嘴角の発達した♂タイプとあまり発達していない♀タイプ。 Glaucous-winged Gull first winter 120318 Japan. 嘴が短い。 Glaucous-winged Gull first winter 120303 Japan. Glaucou…

続きを読む

カナダカモメ(xアイスランドカモメ)第4回冬羽・第7回冬羽・成鳥冬羽~夏羽-120303千葉・茨城県

Thayer's Gull 7th winter 120303 Japan. 個体A。茨城県。120226個体と同一。虹彩は褐色味のある黄色、眼瞼はマゼンダ。画像5-7はカナダカモメ個体CDとツーショット。狭い範囲にカナダが集まるので、以前ではありえないこうした光景が普通になった。 Thayer's Gull 7th/1st winter 120303/060309/120303/060…

続きを読む

ホイグリンカモメ第2回冬羽120121千葉県(追記130402)

Heuglin's Gull second winter with Vega & Slaty-backed Gulls 120121 Japan. 一際目についた。背の濃さはオオセグロと同程度。スマートで翼が長い。小雨覆、大雨覆に褐色が残っている。後頸にシャープな縦斑がある。嘴基部には黄色味あり。足は薄いピンクで、脛には灰色味。 追記130402:本個体はホイグリンカモメ第1回冬羽110…

続きを読む

ワシカモメ幼羽120104千葉県

Glaucous-winged Gull juvenile 120104 Japan. 年が明けたのに、背や肩羽にはっきりパターンが残っており、顔や腹がベタッとした灰褐色の個体。 Glaucous-winged Gull second winter 120104 Japan.

続きを読む

ホイグリンカモメ第1回冬羽120104千葉県

Heuglin's Gull first winter with Vega Gulls 120104 Japan. 初列風切が長く、頭から腹まで退色が進み白っぽい。背、肩羽の第1回冬羽は濃い。内側大雨覆も黒っぽい。翼下面、脇羽は褐色斑多い。尾の暗色帯はかなり太い。

続きを読む

カスピセグロカモメ?第2回冬羽111231千葉県(改訂120115)(追加120203)

Possible Caspian Gull second winter with Vega Gulls 111231 Japan. この個体の、白い頭、先が白く基部に少しピンクが入った黒い嘴、濃い大雨覆、尾からの突出の大きい翼、長い足(脛)、黒帯の狭い尾などの特徴は、カスピセグロカモメ第2回として矛盾は無い。一方で、長くない嘴、やや急なスロープの額はカスピとしてはどうだろう。典型的な♂とは異な…

続きを読む

モンゴルセグロカモメ第2回冬羽120107千葉県

Mongolian Gull second winter with Vega Gull 120107 Japan. 後頸には少しあるが、頭から胸、腹には斑はほぼない。光の当たり具合で右のセグロより全体的に淡色に見えるが、背の灰色は同じくらいかやや薄い程度。内側初列風切の白が目立つ。P10に小粒のミラーが出ている。外側尾羽の黒は僅か。足はセグロより白っぽい。ずんぐりした体形は腹の羽毛を膨らませて…

続きを読む

雑種シロカモメxセグロカモメ第2回冬羽120107千葉県

Presumed Glaucous x Vega(?) Gull hybrid second winter with Black-tailed Gulls 120107 Japan. 第一印象はアメリカセグロカモメだった。大きさや体形はセグロに近い。背はシロカモメに近い薄さだが、初列風切や尾はセグロの黒さに近い。P10にはミラーが見える。虹彩は黄色。足はセグロより白っぽい。しばらくアメリカか雑…

続きを読む

雑種シロカモメxワシカモメ第2回冬羽120107千葉県

Possible hybrid Glaucous x Glaucous-winged Gull second winter with Vega Gull 120107 Japan. すでにネットで見ていたのですぐ同じと感じた。右のセグロカモメよりわずかに大きい。肩羽が薄く灰色っぽいので第2回。シロカモメ第2回では普通頭から胸には斑はあまり見られないが、この個体はベタッと褐色に見える(シロxセグ…

続きを読む

雑種ワシカモメxオオセグロカモメ第2回冬羽120107千葉県

Possible hybrid Glaucous-winged Gull x Slaty-backed Gull second winter with Vega Gull 120107 Japan. 第一印象は濃いワシカモメ。右のセグロカモメより少し小さく足も短い。大きさではカナダでもいいと思えるくらい。ワシとして違和感を持つ箇所は、1)背がセグロよりやや薄く感じる程度である、2)虹彩が灰色が…

続きを読む

アメリカセグロカモメ・セグロカモメ・オオセグロカモメ第1回冬羽120107千葉県

American Herring Gull first winter with Vega Gulls & Slaty-backed Gull 120107 Japan. 日没後の防波堤上にアメリカセグロ、セグロ、オオセグロ、それぞれの第1回が揃った。 アメリカは、体下面(足のところまで)がベタッと褐色(画像6でわかりやすい)なのはオオセグロでも見られるが、三列、初列風切がより黒く、尾の黒…

続きを読む

モンゴルセグロカモメ第1回冬羽・成鳥冬羽120104千葉県

Mongolian Gull first winter 120104 Japan. 全体的に地の白が目立つ。初列風切内側に白いウィンドウ。最外側尾羽は、先に黒斑が3つあるだけで基部は無斑。目の周囲に暗色斑。肩羽の錨模様がはっきりしている。嘴基部に少しピンクが見える。足は薄いピンク。 Mongolian Gull nonbreeding 120104 Japan. 頭部から後頸の斑はかな…

続きを読む

カナダカモメ成鳥冬羽120104千葉県

Thayer's Gull nonbreeding with Vega Gulls 120104 Japan. 個体A。虹彩は黄褐色に細かい黒点が散在する。眼瞼はマゼンダ。下嘴斑の前側は黒。初列P5まで黒斑あり。 Thayer's Gull nonbreeding with Vega Gulls 120104 Japan. 個体B。全体的に淡色で、特に初列は薄く見えた。 Thay…

続きを読む

モンゴルセグロカモメ成鳥冬羽111225千葉県

Possible Mongolian Gull nonbreeding 111225 Japan. 頭部には斑葉なく真白、後頸にもほとんど斑なし。初列風切は換羽ずみ。虹彩は黄色。 Mongolian Gull nonbreeding 111225 Japan. 典型的な個体だったが、日没後で距離もあり撮影困難だった。上嘴に黒あり。

続きを読む

雑種シロカモメxセグロカモメ成鳥冬羽111225千葉県

Possible Glaucous x Vega Gull hybrid adult winter with Vega Gull 111225 Japan. セグロカモメより明らかに大きく、背の濃さはシロカモメに近い。頭部のジズもシロに近い。初列のパターンはカナダカモメ様。後頸はぼんやりとした褐色で、明瞭な斑はない。虹彩は黄色、眼瞼は薄いピンク。

続きを読む

カナダカモメ成鳥冬羽111225千葉県

Thayer's Gull nonbreeding with Vega Gulls 111225 Japan. 個体A。頭から頸まで斑は濃い。画像2で、セグロカモメと並んでいる。背はやや薄く、嘴が細く、足が短いのがわかる。足のピンクはセグロに比べマゼンダ味がある。初列風切の換羽は済んでいる。P5外弁に小さい黒斑が見える。虹彩は暗褐色。 Thayer's Gull nonbreeding …

続きを読む

ホイグリンカモメ成鳥冬羽111225千葉県

Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini nonbreeding with Vega Gulls & Slaty-backed Gull 111225 Japan. 足の黄色が目についた。背は周囲のセグロカモメより明らかに濃い(夕方撮影したせいか画像では必ずしも明確ではないかも)。翼が顕著に細長いことから「タイミル」的ではない。初列の換羽はこの日観察し…

続きを読む

モンゴルセグロカモメ第1回冬羽111225千葉県

Mongolian Gull first winter with Vega Gulls, Black-tailed Gull, or Slaty-backed Gull 111225 Japan. 全体的に退色、磨耗が進んでいる。肩羽の錨模様が明らか。三列羽縁の磨耗が激しい。外側尾羽の黒が少ない。内側初列に白いウィンドウがある。翼下面は斑が薄い。 カモメ類は今季最多。礁前に勢揃いしたのは…

続きを読む

モンゴルセグロカモメ第2回冬羽111218千葉県

Mongolian Gull second winter with Vega Gulls 111218 Japan. 後頸以外体部はほぼ白。翼下面も斑はわずか。初列風切P10には小さなミラーがあるように見える。尾をすぼめているので黒帯の広さはわかりにくいがタイミルのように広くはない。嘴基部はすでに黄色を帯びている。虹彩は暗色、足は薄いピンク。

続きを読む