「まみじろ」スズメ111119千葉県

Leucistic Eurasian Tree Sparow 111119 Japan. 白い眉斑のあるスズメ。太く尻上がりの眉斑はニュウナイ♀よりむしろミヤマシトドを思わせる。頬の白も広く黒斑は小さい。白変部分は左右非対称に見える。

続きを読む

スズメ営巣110619千葉県

Eurasian Tree Sparrow breeding スズメ110619千葉県。巣穴から外を窺う親。内では雛の声がする。もうすぐ巣立ちか。頭上でハシブトガラスが鳴いている。

続きを読む

スズメの闘争110327千葉県

Eurasian Tree Sparrows 110327 Japan. スズメ110327千葉県。攻撃は一方的で執拗だった。分かれた後は電線に上がったのだが、劣勢の(おそらく若い)個体も逃げ出すわけではなかった。 花盛り110327千葉県。

続きを読む

ヤマガラ、スズメ、サクラを食す090327-千葉県

Eurasian Tree Sparrow 090414 Japan. スズメ090412千葉県。むやみに元からもぎ取って蜜を吸っては捨てる。食べ方に洗練を感じない。 Varied Tit 090327 Japan. ヤマガラ090327千葉県。この鳥が花をむしるのを見た記憶がない。まだ蕾だし蜜を吸っている感じもしなかった。

続きを読む

スズメ頭部白化個体080322千葉県

スズメ頭部白化個体080322千葉県。 スズメの部分白化はたまに見かけます。スズメ、白化で検索するとかなりヒットすることからもさほど珍しいことではないようです。この個体に近い頭の白いスズメの画像もありました。頭部は他の部位と比べて比較的白化の多く見られるところなのでしょうか。

続きを読む

最初の一枚760529東京

このへたくそなスズメの写真は記念すべき最初の野鳥写真です。 カメラはニコマート。望遠レンズはありません。望遠鏡の直焦点です。この方法には致命的な欠点が二つありました。とにかく重い。家から出すだけでもうくたびれてしまう。その上、逆さまに見える。動きを追うのは不可能に思えました。 ということでこの方法で鳥を撮るのはすぐ挫折します。時は過ぎ、まさか望遠鏡(ボーグ)で鳥を撮るのが普通の時代が来るとは…

続きを読む

スズメ070930手賀沼

9月最後の日、手賀沼は雨です。林を一通り見て周るも鳥は少ない。エナガ、シジュウカラ、コゲラ、とメジロの混群が通り過ぎただけ。 田んぼはどうでしょう。去年はチュウジの終認が10月2日だったので、ひょっとするとまだいるかも。注意深くしていたはずなのに足元からジシギが飛び出しました。隣の田に降りたのだけれどいくら探しても見つかりません。残念。かなりひどい降りだったので識別できませんでした。でも、翼に…

続きを読む