カワセミ♂成鳥-180121千葉県

Common Kingfisher adult ♂180121 Japan. Common Kingfishers adult ♂♀ 180101 Japan. Common Kingfisher 171230 Japan. 沼の夜明け180121千葉県。 今朝は濃霧。機材の水滴が凍った。

続きを読む

アカショウビン・ワライカワセミ150506上野動物園

Ruddy Kingfisher 150506 Ueno Zoo. 動物園は楽しい、そして哀しい。 自宅から歩いて数分のところにある高い杉の中ほどで火のように赤いこの鳥が鳴くのを初めて見たのが36年前の6月20日、その2年後にカワセミがライファーとなる。カワセミより先にアカショウビンを見ているウォッチャーってそんなにいないのではないかな。ヤマセミやアカショウビンはいてもカワセミのいない土地に…

続きを読む

カワセミ♂伸び110501千葉県

Common Kingfisher adult ♂110501Japan. カワセミ♂110501千葉県。今にも降りだしそうな曇天にオオヨシキリの声が少し聴こえる。マガモの♂が♀の尻を追う。

続きを読む

カワセミ♀♂110417千葉県

Common Kingfishers ♀&♂110417Japan. カワセミ♀♂110417千葉県。求愛給餌が見られた。が、♂はあまり熱心ではなく、自分の腹をためるのを優先しているようだった。

続きを読む

カワセミ♂090913千葉県

カワセミ♂090913千葉県。 残暑にセミがにぎやか。多いのはツクツクボウシだが、アブラ、ミンミン、ヒグラシも聞こえる。けれど、低いところではちゃんと、クサヒバリ、スズムシ、カネタタキ、秋の声もする。

続きを読む

カワセミ♂071216千葉県

この頃はあちこちの公園の池にカワセミ用の止まり木がさしてあるのをよく見かけます。餌付けも普通に行われています。そこでは比較的簡単に撮影できます。 けれど行動を少しでも観察していればそのような場所に行かずとも、より自然なカワセミの姿を撮ることができます。 沼はかなり広くても餌をとる所は限られているので、こうしてカワセミを撮影できます。 カワセミ♂071216千葉県。 嘴の黒い♂です。 …

続きを読む

ヤマセミ810819-東京

写真は瞬時に血騒ぎ肉躍る至福の時へ連れ戻す。 山翡翠を初めて撮ったのが78年。翌年、嶋田 忠『カワセミ―清流に翔ぶ』 にインスパイアーされます。何とかまともな写真がものになるまで、さらに2年を要しました。 限られた機材で対象にアプローチするのはまさに冒険でした。 ヤマセミ820713東京。 ヤマセミ交尾820315東京。 交尾の前、♂がホバリングしながら♀の腹部を嘴でつ…

続きを読む

カワセミの思い出

同じコースを通って2羽が水辺と斜面林を頻繁に往き来しています。繁殖中と思われます。後を追えば巣があるはずですが、邪魔をしたくはないので探しはしません。 カワセミ♂070519手賀沼。 この角度から見るカワセミは実に美しい。 初めてカワセミを見たのがちょうどこの時期でした。 もう26年がたつのですが、昨日のことのように鮮明に覚えています。汗ばむ日差しの強い午時分、池沿いの道で、…

続きを読む

これは写真ではない

一見ここにアップされた画像は、カワセミ♀の写真に見えるかもしれません。でも。 まことを写し撮ることを写真と定義するなら、これは明らかに写真ではありません。 カワセミ成鳥♀070312手賀沼。 このカワセミは、多分餌付けされています。止まり木も、おそらく誰かが意図的に立てたものでしょう。でも写真ではない、というのはそういった作為をいってる訳ではありません。それでは、あの感動的(だった…

続きを読む

カワセミ♂061022印旛沼

  上下嘴とも黒い成鳥♂です。印旛沼では、カワセミは普通に見られます。けれども、この鳥はこの鳥を撮ると目標に定めないとなかなか撮る機会に恵まれないようで、本ブログ初登場です。   本州で繁殖する3種のカワセミ類のうち、最後に見たのがカワセミでした。数多いバーダーでも、そうはいないのではないでしょうか。でも、今の地に定住してからはカワセミ以外はまったく見られません。   随分前、ヤマセミを…

続きを読む