オオハシシギ幼羽~第1回冬羽・冬羽、嘴の短い191022茨城県

Long-billed Dowitchers molting juvenile 191022MNO Japan. 嵐の蓮田に幼鳥3羽、成鳥12羽。性的二型はアメリカオオハシシギより大きい。♂は♀より小さい。個体M(画像1)は♂かもしれない。この個体はかなり嘴が短いが、幼羽三列風切のパターンはアメリカ的なところはない。背と下列肩羽、雨覆、三列風切は幼羽。個体N(画像2)は♀と思われる。 …

続きを読む

オオハシシギ・エリマキシギ・セイタカシギ160505茨城県

Long-billed Dowitchers breeding 160505 Japan. 昨年同時期と同じ蓮田に4羽、エリマキシギとともに。画像1:三列風切に橙褐色のパターンの夏羽が出ていない。嘴が短いので♂と思われる。画像2:三列は換羽している。嘴は長く♀だろう。 Ruff ♀ breeding 160505 Japan. オオハシとともに3羽。 Black-winged S…

続きを読む

オオハシシギ冬羽151004茨城県

Long-billed Dowitcher nonbreeding 151004 Japan. 初列風切P10が伸長中(画像1の右翼、画像2の左翼)、中央尾羽は脱落している(画像1-3)。シギ類混群に1羽いた。

続きを読む

オオハシシギ第2回冬羽・冬羽・幼羽(動画)141005茨城県

Long-billed Dowitcher ♂ second winter 141005B Japan. 個体B。画像1:三列風切の外側(下)は褐色で磨耗が著しい。その内側(中)は黒に白斑、さらに内側(上)は灰色。これらがそれぞれ、幼羽、第1回夏羽、第2回冬羽の可能性がある。画像2:外側初列風切は外側三列同様退色磨耗が顕著。画像3:嘴が短いので♂と思われる。 Long-billed Do…

続きを読む

オオハシシギ夏羽(動画)140505茨城県

Long-billed Dowitchers breeding 140505 Japan. 雨の蓮田に15羽いた。夏から秋に渡って来て冬の間一度姿を消しまたゴールデンウィークの頃夏羽のとなって現れる。大雨覆と三列風切の換羽の進み具合の差でほぼ個体識別できた。画像1と4は同一、他はすべて別個体。

続きを読む

オオハシシギ幼羽・夏羽~冬羽-131102茨城県

Long-billed Dowitcher molting juvenile 131102 Japan. オグロシギ11羽、アリマキシギ4羽等と共に幼羽2羽いた。背と肩羽の一部が第1回冬羽に換羽している。 Long-billed Dowitchers nonbreeding with Black-tailed Godwits 131013 Japan. オグロ34羽、エリマキ6羽、ハマ…

続きを読む

オオハシシギ夏羽~冬羽(動画)、初列風切の換羽130816茨城県

Long-billed Dowitcher molting adult 130816A Japan. 個体A。フィールドでは褐色の外側初列風切が幼羽に見えたので第1回夏羽と判断したが、ディスプレイで見るとさほど磨耗退色しておらず成鳥夏羽~冬羽が妥当だろうか。初列P8-10は旧羽、P7は筆毛が見える。P6以内は新羽。三列、大雨覆はかなり脱落、肩羽、小、中雨覆の過半数は新羽。 幼羽から第1回冬羽…

続きを読む

オオハシシギ夏羽130420茨城県(動画追加130427)

Long-billed Dowitchers breeding 130420 Japan. 個体A(画像1~6)はほぼ夏羽に換羽している。中雨覆のすぐ上の小雨覆の先が磨耗して尖って見えるのが幼羽とすると第1回夏羽。他の個体は確認する前に、軽率な誰かさんに飛ばされてしまった。せっかくブラインド代わりの車で来ているのだから、わざわざ外に出ないでね。

続きを読む

オオハシシギ幼羽・冬羽121001茨城県

Long-billed Dowitcher juvenile & nonbreeding with Marsh Sandpiper or Eastern Black-tailed Godwit 121001 Japan. 画像1、左幼羽換羽中、右冬羽。 約50日後→オオハシシギ冬羽・幼羽~第1回冬羽(動画)121123茨城県(追加121130)

続きを読む

オオハシシギ幼羽~第1回冬羽111106千葉県

Long-billed Dowtcher with Common Snipe 111106 Japan. 雨模様の水田地帯、遠方のタシギ11羽の群れに1羽違うシギを発見。 このシギを見るときはたいてい蓮田で足は水面下なので見えないことが多く、こうして足が出てるのを見ると、こんなに足が長かったかなと、それに嘴が反って見え妙な感じだった。 肩羽の一部に第1回冬羽が出ている。

続きを読む

オオハシシギ(第1回)冬羽~夏羽110501茨城県

Long-billed Dowitcher molting 110501 Japan. オオハシシギ(第1回)冬羽~夏羽110501茨城県。越冬個体が22羽いたが初列風切の状態等細部は確認できず。肩羽の一部、三列の一部、中雨覆の一部、小雨覆は幼羽または冬羽。画像4、5、6の後は同一個体。 嘴の先に注目。広がっている。

続きを読む

オオハシシギ幼羽~第1回冬羽101126茨城県

Long-billed Dowitcher molting juvenile 101126 Japan. オオハシシギ幼羽~第1回冬羽101126茨城県。上部肩羽が冬羽に換羽している。下部肩羽や大雨覆の羽縁に褐色斑が見える。 Long-billed Dowitchers 101126 Japan. オオハシシギ101126茨城県。30羽の群れ。エリマキシギとコアオアシシギがそれぞれ1羽…

続きを読む

オオハシシギ幼羽・成鳥冬羽101103茨城県

個体A。 個体B。 個体C。 Long-billed Dowitchers molting juvenile 101103 Japan. オオハシシギ幼羽101103茨城県。個体A~D。肩羽の一部が第1回冬羽に換羽している。三列風切に少しパターンが見える。 成鳥含めて7羽いた。 Long-billed Dowitcher nonbreeding with Black-taile…

続きを読む

オオハシシギ冬羽 3個体101029茨城県

Long-billed Dowtcher nonbreeding 101029 Jaoan. オオハシシギ冬羽101029茨城県。個体A。見る角度によっては嘴がかなり短く見える。 分布域はアメリカオオハシシギより北だが、換羽はより先に進み初列風切を含めて10月には完全換羽を済ませる。 個体B。 個体C。 Long-billed Dowtchers オオハシシギ冬羽10102…

続きを読む

オオハシシギ第1回夏羽100503-茨城県

Long-billed Dowitcher first summer 100503-04 Japan. オオハシシギ第1回夏羽100503-茨城県。個体A。画像3、4、動画の撮影は5月3日、それ以外は5月4日。画像2で、小雨覆の磨耗が目立つ。多分、幼羽だろう。画像3、4を見ると、初列風切P8-10の先がぎざきざしているのがわかる(幼羽か)。すべての尾羽はまだ夏羽に換羽しておらず白黒のパター…

続きを読む

オオハシシギ第1回夏羽~第2回冬羽 飛翔 090811茨城県

Long-billed Dowitcher first summer with Common Greenshank nonbreeding 090811 Japan. オオハシシギ第1回夏羽~第2回冬羽090811茨城県。初列風切P1~P5新羽、P7~P10旧羽(幼羽)。雨覆は一部第1回夏羽。第2回冬羽から成鳥と差は無くなる。 最後の画像、左からタカブシギ、アオアシシギ、オオハシシギ、アオア…

続きを読む

嘴の短いオオハシシギ幼羽~第1回冬羽-071118稲敷

オオハシシギは日本鳥学会の目録第3版(1942)では、L.semipalmatus(シベリアオオハシシギ)とされていました。第4版(1958)になると、L.griseus(アメリカオオハシシギ)に変更されます。ところが大英博物館にあった日本産個体を調べた結果、L.scolopaceusと判明します。清棲の大図鑑にはオオハシシギは「きわめてまれな迷鳥」とされています。ほとんど観察されることがなかっ…

続きを読む