ヤマシギ-190413千葉県

Eurasian Woodcock 190413 Japan. この夜はついに1羽のみ。190412と同一個体。ほぼ同一ポイント。 Eurasian Woodcock juvenile 190412 Japan. 2羽。 月190412。

続きを読む

金土木-190221千葉県

夜明け前の東南の空、金星:-4.2等、土星:0.6等、木星:=2.0等。 栗本慎一郎は自身の幼少期男子は昆虫少年か天文少年かのどちらかだった、とどこかで書ていた(と思う)。私はというと、昆虫少年であり、天文少年であり、鳥(飼)少年であった。ようするに自然には何でも興味があった。それは今でもあまり変わっていない。鳥繋がりの知人は、私の雑多なブロブを見て、鳥に専念しろという。私にとって鳥は特別な存…

続きを読む

ニホンノウサギ190217千葉県

Japanese Hare 190217 Japan. 農道と田圃の間のアシ原を刈ったところで発見。草陰に潜んだところを撮る。この数m右にヤマシギがいた。ウサギに遭遇するのはいつもこの辺。

続きを読む

月金木190201千葉県

明け方の東天に、月齢26、金星-4.3等、木星-1.9等。このちょうど5時間前、南米では金星食が見られた。

続きを読む

ヤマシギ-181123千葉県

Eurasian Woodcocks 181122 Japan. 街中では晴れていたが田圃は濃霧で数m先が見えない状態だった。霧の日は通常お手上げ状態なのだがこの日は農道で3羽に出くわした。嘴が基部まで泥で濡れていたので湿った田で採餌していたのだろう。人の気配で路肩に上がったところか。画像1は個体A(と個体B)、画像2は個体A、画像3は個体C(と個体B)。 Eurasian Woodco…

続きを読む

ヤマシギ181027千葉県

Eurasian Woodcock 181027 Japan. ライトで発見した後いったん消灯し再度点灯するといなくなっていることがよくある。周辺を探しても見つからないので灯りが消えたのを合図に飛び去っているのだろう。 月181027千葉県。

続きを読む

タマシギ幼羽-180730千葉県・茨城県

Greater Painted-snipes juvenile 180730ABC Japan. 幼鳥3羽。個体A(画像1)は180714個体と同一。同所で。 すぐ横にオオジシギ1羽がいた。比べるとタマシギは随分と小さい。オオジは右へ小走りした後無声で飛び立ち4-5mのところへ着地。草陰に隠れた。回り込もうとすると再度飛び3声を発して闇に消えてしまった。なかなか撮れない。千葉県。 月1…

続きを読む

カブトムシ♀180709千葉県

Japanese rhinoceros beetle ♀ 180709 Japan. 遅めの初物。アブラゼミが早くも鳴きだした。 彩雲180709千葉県。 微妙な色が出ない。 アブラゼミ初音180709千葉県。

続きを読む

カブトムシ・ミヤマカミキリ・海霧140726千葉県

アジサシを求めて海に着くと霧で一寸先も見えない。仕方ないのではれるのを待つ。日の輪郭が見える頃水際を往くと驚いたことにカブトがいる、さらにミヤマカミキリも。虫も五里夢中で海に落ち波に運ばれたか。

続きを読む

オオジシギ夏羽~冬羽(動画)140712茨城県a

Latham's Snipe molting adult 140712 Japan. 初鶏、初音、初鰹、初蝉、初嵐、季節のさきがけを俳人は季語にし風流を愉しむ。そして初地鴫、ウォッチャーには格別だ、残念なことに季語にはないが。 下列肩羽が脱落している。 夜明けからの大粒の雨が上がると一時大きな虹が架かった。

続きを読む