標識ハマシギ第1回冬羽~第1回夏羽「P52」190413千葉県

Colour-flagged Dunlin first summer 190413 Japan. 雨覆、三列風切は摩耗した幼羽、下列雨覆は第1回冬羽、上列肩羽は第1回夏羽と思われる。 山階鳥研の千田さんによれば以下の通り。 この個体は、2018年10月20日に、茨城県常総市菅生沼で、性不明・第1回冬羽として放鳥されています。金属足環の番号は03E-26007です。当研究所DBには20190…

続きを読む

標識ハマシギ「P52」190413千葉県(追記190425)

Colour-flagged Dunlin 190414 190413 Japan. 右跗蹠に金属リング、左脛に青フラッグ「P52」左跗蹠に青フラッグ。 Dunlins (With Lesser Sandplovers) 190414190413 Japan. 河口の干潟にハマシギ13、メダイチドリ16の混群。 追記190425: タイトルを「標識…

続きを読む

標識オオソリハシシギ♀♂・標識ハマシギ160504千葉県

Bar-tailed Godwits breeding 160504 Japan. ハマシギ等とともに45羽いた。小さく嘴の短い♂と大きくて嘴の長い♀の差異がよくわかる。右端に標識ハマシギ。左脛に青フラッグ、左跗蹠に白リング。 Bar-tailed Godwit ♂first summer 160504 Japan. 他の♂に比べて赤が限定的。三列風切や雨覆等…

続きを読む

標識ハマシギ夏羽「179」140505千葉県

Colour-flagged Dunlin breeding 140505 Japan. 左脛に「179」と刻字された青フラッグ付きハマシギを観察した。 山階鳥研の広居忠量氏によれば、 179ハマシギは2013年12月9日に谷津干潟で放鳥されています。放鳥時性不明、成鳥と判定されていました。 データベースには20140090のIDで登録いたしました。 フィールドではスコープごしにはっき…

続きを読む

亜種カラフトハマシギではない第1回冬羽101230茨城県追記110125・110203・110210

Colour-flagged Dunlin first winter 101230 Japan. 亜種カラフトハマシギ第1回冬羽101230茨城県。2010年12月30日15時13分、霞ヶ浦周辺の蓮田で採食中のハマシギ約110羽の群れに、左跗蹠金属リング、右脛黄色フラッグ/右跗蹠白色フラッグの付けられたハマシギを観察した。この標識個体は、前方の肩羽と三列風切の一部に…

続きを読む

ハマシギ群れ100313千葉県

Dunlins nonbreeding 100313 Japan. ハマシギ群れ100313千葉県。約600羽の群れが一せいに飛んだ。シギチドリを見はじめた頃はいくらでもいる鳥だったが、いつまでもいくらでもいる鳥はないことを知らせる鳥になりつつある。

続きを読む

ダイシャクシギ第1回冬羽・標識ハマシギ100117千葉県

Eurasian Curlew first winter 100117 Japan. ダイシャクシギ第1回冬羽100117千葉県。成鳥より、嘴が短い、腹の縦斑が細かい、上面の軸斑が目立つ、等の特徴がある。第2趾と第3趾、第3趾と第4趾の間に比較的はっきりと蹼が見える(画像5)。 画像6のハマシギに注目。赤いリングが見える。 下雨覆は白(画像7)。ヨーロッパの基亜種arquataは、下雨覆と…

続きを読む

ハマシギ冬羽091220千葉県

Dunlin nonbreeding 091220 Japan. ハマシギ冬羽091220千葉県。画像1、2は別個体。雨覆、三列は幼羽ではないと思う。 ハマシギの群れ091220千葉県。

続きを読む

ハマシギ第1回冬羽091025千葉県

Dunlin 1st winter 091025 Japan. ハマシギ第1回冬羽091025千葉県。体部と肩羽は冬羽に換羽している。雨覆、三列、初列風切は幼羽。 Dunlin 1st winter 091012 Japan. ハマシギ第1回冬羽091012千葉県。画像5の左下はミユビシギ。

続きを読む

標識ハマシギ090504千葉県

標識ハマシギ090504千葉県。 左フショに白いリングが見えるが、その左足はやせてぶらぶら状態でまったく機能していなかった。リング装着と障害の因果関係は不明だが関係ありとするほうが自然だろう。

続きを読む

ハマシギ夏羽~冬羽・ミユビシギ群081020茨城県

Dunlin moltig adult 081020 Japan. ハマシギ成鳥夏羽~冬羽081020茨城県。一見して幼羽~第1回冬羽と思ったのだが、わずかに残っている茶色の羽を確かめると、基部近くが黒ではないので幼羽ではないと思われる。成鳥夏羽にしてはフレッシュな感じがする。腹の黒も幼羽に比べ広がって見える。 Dunlin nonbreeding 081020 Japan. ハマシギ…

続きを読む

ハマシギ幼羽~第1回冬羽061016手賀沼

 背や肩羽が第1回冬羽になっていますが、一部に茶色の幼羽が残っています。   もしかすると、9月11日に同じ場所で観察した個体と同一かもしれません。比較すると、ハマシギの、幼羽から第1回冬羽への換羽の進み方がよくわかると思います。 http://seichoudoku.at.webry.info/200609/article_18.html

続きを読む

ハマシギ幼羽~第1回冬羽060911手賀沼

  2年ぶりに手賀沼でハマシギが観察されました。2001年までは、9月から11月まで比較的普通に見られていたのですが、それ以降は珍しい鳥になり、昨年は1羽も見られませんでした。   背と肩羽に灰色の第1回冬羽が見えます。

続きを読む

ハマシギ幼羽060904神栖

  ここでハマシギが多くなるのは10月下旬から11月です。この個体は嘴が長く見えます。腹が黒っぽく見えますが、背が褐色のうろこ状に見える幼羽です。

続きを読む

ハマシギ060822谷津干潟

  夏羽~冬羽。ハマシギは、夏羽の個体から、ほぼ冬羽の個体まで換羽にかなり差がありました。これは比較的換羽の進んだ個体です(第1回冬羽の可能性もあるかも)。

続きを読む