マミジロツメナガセキレイ第1回冬羽150208茨城県

Kamchatka Wagtail Motacilla tschutschensis 'simillima' first winter 150208 Japan. 体下面の黄色がかなり出ているので第一印象は成鳥であったが、嘴基部が淡色なので第1回かもしれない。 『日本鳥類目録改訂第7版』ではM.flava をツメナガセキレイとし、次の5亜種を認めている。 ①シベリアツメナガセキレイ M.f…

続きを読む

ツメナガセキレイ種群・マミジロツメナガセキレイ夏羽120512茨城県

Kamchatka Wagtail Motacilla tschutschensis 'simillima' 120512 Japan. 550図鑑では、各地で(キマユ)ツメナガセキレイが記録、個体数とも最も多いとしているが、82年秋に茨城県南部で初めてツメナガを見て以来茨城県、千葉県で見たのは春秋とも記憶の限りほとんどがこのマミジロツメナガである。 従来10以上の亜種を含むとされてきたツメ…

続きを読む

ツメナガセキレイの亜種

日本で記録のあるツメナガセキレイの亜種は、次の4亜種です。 1)亜種ツメナガセキレイ(キマユツメナガセキレイ)Motacilla flava taivana :北海道、樺太、シベリア南東部に分布 2)亜種マミジロツメナガセキレイM.f.simillima :千島列島、カムチャツカ半島に分布 3)亜種キタツメナガセキレイM.f.macronyx :中国南東部からシベリア南東部に分布 4)亜…

続きを読む

亜種シベリアツメナガセキレイ成鳥夏羽・第1回夏羽?080512茨城県

ツメナガセキレイが2羽いました。つかず離れずで、両者がどのような関係なのかは不明です。見つけたとき一緒だったので雌雄だと思ったのですが、近づくと反発するように離れ離れになることがたびたびありました。 Yellow Wagtail Motacilla flava plexa adult summer Japan 亜種シベリアツメナガセキレイ成鳥夏羽080512茨城県。眉斑が細くて短く、頬が…

続きを読む

亜種マミジロツメナガセキレイ第1回冬羽~第1回夏羽080403千葉県

耕運機が耕すまだ水の入っていない田んぼにセキレイとタヒバリが集まっていました。その中にこの鳥が交じっていました。春と秋の渡りのときたまに見られます。 亜種マミジロツメナガセキレイ第1回冬羽~第1回夏羽080403千葉県。 頭が灰色で、眉斑が白く細いのがこの亜種の特徴です。黄色味のない腹は第1回冬羽と思われます。 次は蓮田に出た6年前の同亜種です。 亜種マミジロツメナガセキレイ第1…

続きを読む