カモメ、トラクターと-170105千葉県

Black-headed Gulls & Kamchatka Gulls 170104/05 Japan. トラクターにはサギが定番だが、この日はカモメ類だった。近くの川にユリカモメは多いのでまだわかるが、ただカモメもいたので驚いた。この田んぼで観察を初めて十年以上になるがカモメは初。

続きを読む

標識ユリカモメ「B/4」「J/4」151226千葉県(追記151230)

Ringed Black-headed Gulls nonbreeding 151226 Japan. 右跗蹠メタルリング、左跗蹠カラーリング青B/4とJ/4。公園の80羽中2羽に標識。 追記151230:  山階鳥類研究所協力調査員の澤祐介氏によれば以下の通り(私信)。 ・・・(前略)観察された個体は、墨田区隅田川で標識されたものになります。以下、標識時の…

続きを読む

標識ユリカモメ冬羽「T/9」150211千葉県(追記150311)

Ringed Black-headed Gull nonbreeding 150211 Japan. 右跗蹠メタルリング、左跗蹠カラーリング青T/1。 追記150311: 山階鳥類研究所協力調査員の 澤祐介さん(私信)によれば以下の通り。 標識日:2013/4/6 標識場所:隅田川,吾妻橋 標識日の性別/年齢:性別不明/成鳥 T9につきましては、昨…

続きを読む

標識ユリカモメ「E/R」150201千葉県(追記150311)

Ringed Black-headed Gull 150201 Japan. 右跗蹠メタルリング、左跗蹠カラーリング青E/R。 追記150311: 山階鳥類研究所協力調査員の 澤祐介さん(私信)によれば以下の通り。 標識日:2013/3/15 標識場所:行徳野鳥観察舎 標識日の性別/年齢:性別不明/成鳥

続きを読む

ユリカモメ第2回冬羽090216千葉県

Black-headed Gull 090216 Japan. ユリカモメ第2回冬羽090216千葉県。嘴基部と足のオレンジ色が第2回のわかりやすい特徴。 この個体は、中雨覆、大雨覆、三列風切、尾に褐色が残っている。

続きを読む

ユリカモメ第1回夏羽・ウミネコ080702茨城・千葉県

もう戻って来たか。ウミネコに交じってユリカモメが1羽いた。 繁殖地に移動しても1年目なので繁殖をするわけではない。すべきことも成鳥ほどはないのかもしれない。 集団に先んじて越冬地に着くことに何かメリットはあるのか。 漁港の餌を独り占めできる。しかし、繁殖地では、交尾、営巣、産卵、育雛など学ぶべきことは多いだろう。そうした勉強をおろそかにしたのであれば、やはりデメリットのほうが多そう。 …

続きを読む

ユリカモメ成鳥夏羽080402茨城県

ユリカモメの換羽の時期です。一部はもう黒い頭になっていました。 Black-headed Gull Larus ridibundus adult summer (right) with Kamchatka Gull 080402 Japan. ユリカモメ成鳥冬羽・夏羽080402茨城県。

続きを読む

ユリカモメ第1回冬羽070327手賀沼

手賀沼のユリカモメが見る限りすべて第1回冬羽で、成鳥はいなくなりました。先に旅発ったのでしょうか。 ユリカモメ第1回冬羽とセグロカモメ070327手賀沼。

続きを読む

ユリカモメ冬羽061007神栖

昨夜の暴風雨で、路上に船が乗り上げていました。障害物が散乱していたり、冠水していたりで、早朝から港の人は大変そうでした。  対岸も含め、漁港ではユリカモメは3羽のみ観察されました。まず内陸の湖沼に渡来し、それから海岸に来るようです。  

続きを読む

ユリカモメ群れ061007印旛沼

  昨日の大雨で冠水した印旛沼周辺の田圃は、大湿地帯と化して人も車も拒んでいました。   ユリカモメ冬羽。海岸にはまだユリカモメはほとんどいないのですが、印旛沼ではかなりの数が見られました。ユリカモメが観察されるのは秋と春です。ここでしばらく過ごし、銚子方面に飛んでいくのでしょうか。

続きを読む

ユリカモメとコアジサシ060514手賀沼

 コアジサシ夏羽とユリカモメ夏羽。  手賀沼では、コアジサシの初認は4月下旬、ユリカモメの終認は5月上旬。同時に見られるのは1週間程度ですから、ツーショットは比較的珍しい。

続きを読む

ユリカモメ060506印旛沼

 印旛沼でユリカモメが最も多く見られるのは10月から11月の渡って来た頃で、冬の間はほとんど見られません。そして4月から5月にかけて小数が見られるのですが、この日は、強い南風の影響か多数のユリカモメがこの地に羽を休めていました。1/3くらいの個体が夏羽に換羽していました。

続きを読む