カモは雄が先に換羽する!ヨシガモ♂生殖羽・♀非生殖羽151230千葉県

Falcated Duck nonbreeding ♀ 151230 Japan. ウジカモ図鑑によれば、三列風切に橙褐色斑が無いので生殖羽ではなく、 また三列基部が黒褐色ではないので幼羽でもない。三列基部が淡色なで♀非生殖羽である(幼羽特有の胸の小斑もない)。 これまで雄が生殖羽の時期の♀が生殖羽なのか非生殖羽なのかなど考えたことも無かった。ウジカモが正しいのならこの東アジアのカモに限らす…

続きを読む

ヨシガモ♂131102茨城県

Falcated Duck, Greater Scaup, Tufted Ducks, and Common Pochards 131102 Japan. 干拓地にカモが入った。キンクロ、スズガモ、ホシハジロの混群に1羽ヨシガモを見つけた。

続きを読む

アジアのヨシガモの遺伝子がアメリカのオカヨシガモにある訳

アメリカのオカヨシガモのミトコンドリアDNA(mtDNA)を調べると、ヨシガモの型(ハプロタイプ)が5%も含まれています。 mtDNAのハプロタイプは、とりあえずミトコンドリアのABO式血液型みたいなものだと思ってください。オカヨシタイプをA型、ヨシガモタイプをB型としましょう。北アメリカで20羽のオカヨシを捕まえてミトコンドリアのDNAを調べると1羽がヨシガモタイプのB型で、19羽はオカヨシ…

続きを読む

ヨシガモの個体数の変動05/06・06/07印旛沼

ヨシガモの渡りはほかのカモ類に比べると遅い傾向があります。他のカモがほとんどいなくなっても、しばらく見られます。 ヨシガモ♂繁殖羽070312印旛沼。 次列風切の緑(翼鏡)がよく見えています。 ヨシガモ♀♂070312印旛沼。 多くがペアーで行動を共にしていてほほえましいです。北の地ではこの雌雄で繁殖するのでしょう。 ヨシガモは昨冬より今冬のほうが多く観察されま…

続きを読む

ヨシガモの群れ070108印旛沼

とても奇麗な極東の至宝的カモ。モモイロペリカンと並ぶ印旛沼の名物というか風物詩を演出する鳥です。 珍しいカモというイメージも、この地がマイ・フィールドになって以来なくなってしまいました。それほど、印旛沼では普通の鳥です。 ヨシガモ070108印旛沼。 ヨシガモ061216印旛沼。 今季ヨシガモの最大個体数は、2006年12月28日の273羽です。これだけ多いとちょっと…

続きを読む

ヨシガモ初認061022印旛沼

 印旛沼にヨシガモが渡ってきました。8羽いましたが、すべて♂です。これから♀が続くものと思われます。換羽の進度はまちまちで、あまり進んでいないものからかなり繁殖羽に近いものまでいます。  先日オナガガモの換羽を紹介しましたが、カモ類の換羽の進度は、カモメやシギなどより個体差が大きいような気がします。これにはどのような意味があるのでしょうか。   ヨシガモ♂エクリプス。左の個体の額に、…

続きを読む