トラフズク190112千葉県

Long-eared Owl 190112 Japan. フクロウの狩場に侵入。フクロウのアタックを間一髪でかわし、追跡を逃れ、地上に避難した。フクロウが去ると、懲りもせず元の場所に戻る。

続きを読む

コミミズク180227千葉県

Short-eared Owl 180227 Japan. ヤマシギのそばにいた。カモを捕食するのを近くで見たことがあるが、ヤマシギも狩りの対象だろう。 180227。

続きを読む

コミミズク、カモを食う(動画)161128千葉県

Short-eared Owl 161128A Japan. タカの食べ方とは随分と違うようだ。見つけた時には顔から頸の肉を食い胸のあたりに嘴を当てている状態であったが羽毛がほとんど散らかっていなかった。獲物は嘴の形からカモと思われる。大きさはコミミより小さく見えたが、そんなに小さく嘴が黄色いカモって何? Short-eared Owl 161128A Japan. 同日の別個体。トラ…

続きを読む

コミミズク161122-千葉県●

Short-eared Owl 161122 Japan. 前日トラフのいたところで。明らかに大きく見えたので一見してコミミとわかった。 画像1: 右目の右端だけ赤目になっている。瞳孔全体が赤くなったり、一部だけ黒くなったり(画像2)、赤目現象の条件が不明。タヌキのように目が輝くこと(アイシャイン)はない。脈絡膜に、哺乳類のようなタペータムはないようだ。 この日もヤマシギ見られず。こいつの…

続きを読む

トラフズク♂成鳥161023千葉県

Northern Long-eared Owl adult ♂161023 Japan. その木を通り過ぎると何かいたような気がしたので戻ってライトを向ける。中ほどの枝に何やら白っぽいものが浮かび上がる。木の上にネコ? 最初羽角ほとんどが見えなかったのと以前近所でコミミズクを見ていたので、ああ、こんなところにコミミがいた、と早合点したのだけれど、撮影画像をモニターで確認すると虹彩がオレンジで…

続きを読む

カラフトフクロウ120825富士花鳥園

Great Grey Owl 120825 Fujikachoen. 全長は59-70cmであり、シマフクロウの60-72cmに匹敵する。一方で、体重はシマフクロウの1/3しかない。分厚い羽毛に覆われているのでスレンダーな感じはしない。

続きを読む

キンメフクロウ・オオコノハズク・コノハズク・アオバズク131003旭山動物園

Tengmalm's Owl 131003 The Asahiyama Zoo. かつては、まれな冬鳥とされていたが(たとえば高野図鑑)、1986年に北海道で繁殖が1例観察された。その後も、1990年に2例、1993年に1例の営巣が確認された。本州では、岩手、新潟、石川で観察例がある(鳥類目録)。鳥類目録では、英名はBoreal Owl、亜種はAegolius funereus magnusと…

続きを読む

シマフクロウ属ではなくワシミミズク属

Blakiston's Fish Owl Bubo blakistoni 3rd summer 131003 The Asahiyama Zoo. シマフクロウは従来Ketupa シマフクロウ属に分類されていた。『日本鳥類目録改訂第7版』(2012年)でも変更は無かった。しかし、2000年ウィンク&ハイドリッヒによるフクロウ目のミトコンドリア・チトクロムbの系統解析でカッショクウオミミズクKe…

続きを読む

コキンメフクロウなど

Little Owl Athene noctua 120825 Fuji Kachoen. コキンメフクロウ。 Spotted Little Owl A.brama  インドコキンメフクロウ。 Eurasian Scops Owl Otus scops ヨーロッパコノハズク。かつて日本のコノハズクはこの亜種とされていた。 Indian Scops Owl O.bakkamoen…

続きを読む

ワシミミズク複合体(170224追記)

Eurasian Eagle Owl Bubo bubo 120825 Fuji Kachoen.ワシミミズク。 Turkmenian Eagle Owl B.b.turcomanus 120825 Fuji Kachoen.亜種トルクメニアンワシミミズク。 ワシミミズクのウラル・カスピ亜種で、より淡色。 フクロウ目のミトコンドリアDNAのチトクロムc遺伝子の分子系統学的研究により、N…

続きを読む

亜種リュウキュウオオコノハズク090205沖縄県

Collared Scops Owl Otus lempiji pryeri 090205 Okinawa. 亜種リュウキュウオオコノハズク090205国際種保存研究センター。まぶしいのかオレンジの眼を見せてはくれず。 亜種オオコノハズクと比べて、羽衣に赤味が強く、より小さい。足の指に羽毛がないのも特徴。

続きを読む

フクロウの風切羽080719千葉県(追記080720)

フクロウの翼には飛ぶ際に音を立てない仕組みがいくつか備わっている。 フクロウの風切羽080719千葉県。 フクロウ風切羽の表の拡大図。 細毛に注目。これにより、飛行時の翼の表面に大きな乱流(羽音の原因になる)が生じない。裏とは明らかに異なりビロードの手触り。 フクロウ風切羽の裏の拡大図。 表に密生している細毛がない。手触りはつるっとした感じ。 トビの羽。下図は表の拡大…

続きを読む