ニホンアカガエル卵塊170312千葉県

Japanese Brown Frog 170312 Japan. 谷津田の油の浮いた水たまりで複数の卵塊を発見。いくつか同様の水たまりがあったが、見られたのは一か所のみ。2月26日にはなかったので、この2週間で産卵があったことになる。成体は1匹も見られず。

続きを読む

ニホンアカガエル130526千葉県

Japanese Brown Frogs 130526 Japan. キビタキの声がするので鬱蒼とした竹林に入る。足元でかさりと乾いた音がした。アカガエルだった。しばらく歩くともう一匹。冬から早春に産卵した後、春眠するとされるが、これらの個体は春眠から覚めたところか。今年生まれもそろそろ変態上陸する頃だがこれほど大きくはなっていないだろう。 ちなみに、サンショウウオを含めて両生類の少なか…

続きを読む

ニホンアカガエル070530茨城

「個体数が多く、よく人目にふれる日本産のアカガエルを代表する種。」 山渓の『日本のカエル』には、こう記されています。しかし、現在このカエルはよく人目にふれるカエルではありません。『日本のカエル』が出版されたのが2002年ですから、この数年でアカガエルを取巻く環境が急速に悪化していることがわかります。 ニホンアカガエル♀070530茨城。 比較的赤っぽい個体。 ニホンアカガ…

続きを読む

ニホンアカガエルとヤマアカガエル

ニホンアカガエルは平地に、ヤマアカガエルは山地に生息するアカガエルで、よく似た外見をしていて、同じ場所で見つかる(同所的)こともあります。けれど、Larus cachinnansとL.mongolicusとのように、別種なのか亜種なのかといった混乱は起きません。何重かの隔離機構があり、また核型分析(染色体の数と形を調べること)で明瞭な差があるからです(体細胞の染色体数はニホンアカが、2n=26、…

続きを読む