ホイグリンカモメ成鳥夏羽~冬羽111029千葉県

Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini molting adult with ( Vega Gull and ) Black-tailed Gulls 111029 Japan. 個体A。背の濃さはウミネコと同程度、色味は若干異なる。頭部、頸部には斑はわずか。足は橙黄色。体形はセグロカモメよりスマートで翼が長く見える。初列風切は、P7~P10は旧羽、P5が…

続きを読む

ホイグリンカモメ第1回冬羽110221千葉県

Heuglin's Gull first winter 110221 Japan. ホイグリンカモメ第1回冬羽110221千葉県。後頸から胸、腹までかなり褐色斑がある。雨覆、特に大雨覆は暗色。スマートで翼は長い。内側初列に淡色部はほとんどない。背はウミネコよりやや薄いくらい。翼下面は細かい斑が密にある。カザフセグロカモメ(この日も観察された)と思われる個体との差に注目。

続きを読む

ホイグリンカモメ第1回冬羽110206千葉県(改訂110320、130331)

Heuglin's Gull Possible Steppe Gull Larus (heuglini/cachinnans) barabensis first winter 110206 Japan. ホイグリンカモメ カザフセグロカモメ?第1回冬羽110206千葉県。 到着するやKさんが来てバラみたいなのがいる、と告げる。水際にせわしなくしている群れへ双眼鏡を向けると探すまで…

続きを読む

ホイグリンカモメ成鳥冬羽091231千葉県

Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini adult nonbreeding with Vega Gulls and Black-tailed Gulls 091231Japan. ホイグリンカモメ成鳥冬羽091231千葉県。背はウミネコと同じくらい。横長のすらっとした体形に注目。足は薄い黄色。上下の嘴に黒斑が見える。初列風切P10は伸長中。初列の黒はP3…

続きを読む

ホイグリンカモメ成鳥冬羽091209千葉県

Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini adult winter with Vega Gulls 091209Japan. ホイグリンカモメ成鳥冬羽091209千葉県。背の濃さはウミネコと同程度。後頸の斑はセグロカモメのようにぼやけず細かくシャープ。脚の色は濃い黄色。初列風切の換羽はセグロよりも明らかに遅く、P9とP10は旧羽でP6が伸長中。虹彩は黄色。上…

続きを読む

ホイグリンカモメ成鳥夏羽091030千葉県

Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini adult summer-winter with vega or Brack-tailed Gull 091030Japan. ホイグリンカモメ成鳥夏羽091030千葉県。画像2の右はセグロカモメ、画像3の手前はウミネコ。背の灰色はウミネコと同じくらい。「タイミレンシス」に比べ翼が長くスマート。足は黄色味はほとんど…

続きを読む

ホイグリンカモメ成鳥夏羽090331千葉県

Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini adult summer 090331Japan. ホイグリンカモメ成鳥夏羽090331千葉県。背の灰色はウミネコと同じかやや薄い程度で、体形等を見ても基亜種ホイグリンカモメと思われる。虹彩は黄色、嘴に黒斑、足は淡黄。セグロ、「タイミレンシス」に比べスマートで翼が長い。頭部、頸部に斑は少ない。

続きを読む

ホイグリンカモメ成鳥冬羽090216千葉県

Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini adult winter with Vega Gull 3rd winter 090216 Japan. ホイグリンカモメ成鳥冬羽090216千葉県。基亜種ホイグリンカモメと思われる。 嘴が長く額がスロープ状、足が長く体型がスマートで内陸のL.cachinnans cachinnansを髣髴させる。そして背の灰色の…

続きを読む

ホイグリンカモメ第1回夏羽・成鳥081124千葉県

'taimyrensis'「タイミレンシス」を含めてホイグリンカモメは少なからず観察された。そのうち背の灰色の特に濃い2個体を紹介する。 Heuglin's Gull Larus heuglini heuglini(or 'taimyrensis' ) 1st summer (-2nd winter) 081124Japan. ホイグリンカモメ第1回夏羽(~第2回冬羽)081124千葉県…

続きを読む

L. heuglini 'taimyrensis'「タイミレンシス」第1回冬羽・成鳥080306

春になると足の黄色いセグロカモメ類が目に付くようになります。冬の間くすんだ色だったのが季節変化するのか、黄色い個体が渡りの途中で立ち寄るのか、その両方か、はっきりしません。 L. heuglini 'taimyrensis' (or heuglini) 1st winter 080306Japan. 「タイミレンシス」第1回冬羽080306。目を引く特徴的な個体。全体の印象はスマートで翼…

続きを読む

ホイグリンカモメ成鳥冬羽080221千葉県

Heuglin's Gull Larus heuglini heugrini or 'taimyrensis' (left) with Vega Gull L.vegae 080221 Japan. 脚は鈍い橙黄色。一見して背が黒っぽかったので(ウミネコと同程度)、基亜種ホイグリンカモメLarus heuglini heugrini の可能性があります。ただし体形はセグロに近く、翼が長い典型的…

続きを読む

足の黄色いセグロカモメの数減る061210神栖・銚子

足の黄色いカモメ(L.heuglini 'taimyrensis'+L.h.heuglini)を観察するなら、銚子では秋と春が適しています。 今季の銚子の、ホイグリンカモメ(「タイミレンシス」)/セグロカモメ比は、10/30、11/15、11/26、12/10の順に、4.5%、0.7%、1.3%、0.3%でした。 毎年だいたいこんな感じです。 ただし、セグロカモメの数が増加すると「タイミレ…

続きを読む

ホイグリンカモメとは 第2回冬羽061210茨城県

ホイグリンカモメ(heuglini)の分類を振り返ってみましょう。 BWP Part Ⅲ (1983) では、taimrensis等と共にL.fuscus (ニシセグロカモメ)の亜種。 Grantの”Galls”第2版(1986)では、vegaeやtaimrensis等と共にL.argentatus(セグロカモメ)の亜種。 HBW Vol. 3 (1996)では、BWPと同様L.fuscu…

続きを読む

ホイグリンカモメ(060424銚子)

 大きさはセグロカモメとウミネコとの中間くらいで、足に黄色味があり、背がウミネコと同じくらい濃いこの個体は、L.heuglini heugliniの可能性があります。  嘴の黒が上下にはっきりあり、赤も上嘴にあるように見えます。L.c.barabensisにしては、足の黄色味に欠けます。

続きを読む