標識キョウジョシギ夏羽「877」190816千葉県

Colour-flagged Ruddy Turnstone worn breeding 180825 Japan. 右跗蹠に金属リング、左脛に青フラッグ「877」とその下に白フラッグが付けられている。1羽で行動していたが、周辺にはキョウジョシギは7羽いた。頭部に褐色味がなく肩羽の一部に赤褐色が見えるので成鳥♂と思われる。 山階鳥類研究所 保全研究室(鳥類標識センター)千田さんによれば以下の…

続きを読む

キアシシギ夏羽150530千葉県

Grey-tailed Tattler breeding 150530 Japan. 磯にいたのはキアシ、キョウジョ、チュウシャク。 チュウシャクシギ落鳥150530千葉県。 キョウジョシギ150530茨城県。

続きを読む

キョウジョはシギか

キョウジョはシギっぽくない。けれど、シギそれともチドリと問われれば、当然のことだが、シギと答えるでしょう。今の分類学でもシギ科に収まっています。 しかし、です。まえは確かにチドリ科でした。 「コバケイ」で育った鳥屋はキョウジョ=チドリ、でインプットされているはずです。ちなみに「コバケイ」図鑑のチドリ科の最後3種は、ミヤコドリ、セイタカシギ、キョウジョシギとなっています。(古典的な)分類学がい…

続きを読む

キョウジョシギ♀ほか070419印旛沼

田んぼに水が入るとわくわくします。 印旛沼では、シギチドリの春の渡りがすでに始まっています。 種類はまだ少ないですが、ムナグロが185羽観察されました。オオジシギも確認できました。 ムナグロの群れの中のキョウジョシギ♀成鳥070419印旛沼。 タシギ070412神栖。 ここの渡りは昨年より遅れているのでしょうか。タシギ以外は見かけませんでした。

続きを読む

キョウジョシギの採餌行動060505千葉県

 水田に集まるシギチドリはいったい何を食べているのでしょう。あれだけの数がそろうのですからおいしい食べ物が豊富にあるはずです。無闇に撮っているとそれが写ります。 Ruddy Turnstones 060505 Japan. キョウジョシギ060505千葉県。右上の個体の口元に注目してください。繋がった卵のような物が見えます。次の画像にも似たようなのもが写っています。  050507…

続きを読む