ホオジロガモ♀♂ カニを食う200211千葉県

Common Goldeneye breeding ♂/nonbreeding♀ 200211 Japan. 干潟の防波堤に雌2雄1が接近した。画像1:♂の尾羽、16枚あるようだ。画像2:カニを捕食する♂。画像3:ほぼ逆光で♂の頭部は紫を帯びる。画像4:♀冬羽。虹彩は淡黄色、嘴先に橙の斑あり。画像5:小・中雨覆に白色帯があるので成鳥と思われる。

続きを読む

雑種アメリカコガモxコガモ♂幼羽~第1回生殖羽200105千葉県(追記200109)

Possible hybrid Green-winged x Eurasian Teal molting juvenile ♂ 200105 Japan. 胸側の縦線が細く不明瞭。頭部緑色帯上縁の白線がやや狭い。肩羽の横線はある。ハーフ(F1)かクオーター(コガモによる戻し交配)か。三列風切の黒はコガモ寄り。脇に幼羽が残っている。 追記200109:アメリカコガモの白の縦線は単一の優性遺…

続きを読む

シマアジ幼羽190918千葉県

Garganey juvenile 190918 Japan. アシ原に1羽。あたりにはコガモ、カルガモなど。第一印象は白と褐色のコントラストがはっきりしていたので♂かと思ったのだが、雨覆が褐色に見えるので♀か。

続きを読む

トモエガモ♂エクリプス181227千葉県

Baikal Teal adult ♂ eclipse 181227 Japan. 眼尻から垂れる不明瞭な黒条と白い縁取りが見える。肩羽はやや長く羽縁は橙褐色。雨覆は一様に灰褐色。大雨覆の橙褐色帯は明瞭。脇にV字の幼羽はない。マガモの群れに1羽。

続きを読む

ヒドリガモ♀幼羽・ホシハジロ♂第1回冬181116千葉県

Eurasian wigeon juvenile ♀ /Common Pochard first winter ♂181116 Japan. 夜田で採餌するカモは野性味溢れる。沼で日中過ごすヒドリガモ、ホシハジロはたくさんいるが、それが皆夜田圃に来るわけでは全然ない。カルガモやコガモに交じってぽつりぽつりといるだけで、いるのはいつも同じ個体なのかも。

続きを読む

ホシハジロ♂第1回冬181110-千葉県

Common Pochard first winter ♂ 181110 Japan. マガモ、カルガモ、コガモと一緒に夜の田圃で採餌。脇、腹に褐色の幼羽らしきが見えるが、田圃の泥水の汚れのようにも見える。 Common Pochards 181111 Japan. 翌日、近隣での群れ、40羽。

続きを読む