ヌマガエル♀♂190806千葉県

Japanese Rice Frog 190806 Japan. 休耕田を1面一周してヌマガエル30、アマガエル0、トウキョウダルマガエル0。駆逐された?周囲の声もヌマばかりの異様。

続きを読む

エゾサンショウウオ、頭でっかちと表現型可塑性170803茨城県自然博物館

Hynobius retardatus 170805 Ibaraki Nature Museum. 以前カニバル・モルフ(共食い型)について書いた。この言葉は今では適切ではないとされる。なぜなら、共食いをしなくても別の刺激で誘導することが可能であることがわかったからである。したがって、機能ではなく形態の特徴でそのまんま、broad-headed morph すなわち頭でっかちと呼ばれるようにな…

続きを読む

スッポン180623千葉県

Chinese softshell turtle 180623 Japan. 池の水面から底の泥が盛り上がって見えた。双眼鏡で覗くと動き出したので驚いた。甲長ゆうに30cm超。

続きを読む

カジカガエル♂180503山梨県

Kajika Frog 180503 Japan. 繁殖期と思われるが、川から300m、細い伏流水のある渓から数十mの森林内の落ち葉に隠れていた。これから川へ向かうのか、それとも繁殖を早々と済ませておかに上がったか。

続きを読む

ヌマガエル、背中線を持つ170813千葉県

Japanese Rice Frog 170813 Japan. 田んぼからは500m以上離れた台地の桜林周辺で発見した。田んぼで見るものに比べて、褐色味が少なく、灰色がかる。角度によって少し緑を帯びる。薄黄色の背中線が目に付く。

続きを読む

亜種トウキョウダルマガエル-170717千葉県

Tokyo Daruma Ponnd Frogs Pelophylax porosus porosus 170715 Japan. 体色変異大。 亜種ナゴヤダルマガエル(以前の亜種名はダルマガエル)P.p.brevipodusとは遺伝的差異大きく、別種と考えられるようになった。 Tokyo Daruma Ponnd Frogs 170717 Japan. Tokyo Darum…

続きを読む

クロサンショウウオ卵のう、スタイネゲル170624栃木県

Japanese Black Salamander Hynobius nigrescens Stejneger, 1907 170624 Japan. 林床のほとんど流れを感じない小川で乳白色の卵のう2つを見つける。 クロサンショウウオを記載したのはレオンハルト・スタイネゲルである。スタイネゲルは日本の鳥類学の創成期に貢献した鳥類学者である。両生類学者でもあり、日本産の両生類の記載も行ってい…

続きを読む

ニホンアカガエル卵塊170312千葉県

Japanese Brown Frog 170312 Japan. 谷津田の油の浮いた水たまりで複数の卵塊を発見。いくつか同様の水たまりがあったが、見られたのは一か所のみ。2月26日にはなかったので、この2週間で産卵があったことになる。成体は1匹も見られず。

続きを読む