アジアイトトンボ♀未成熟の赤の謎210717千葉県

Ischnura asiatica ♀ 210717 Japan. アカトンボ類の雄が赤くなることには、雄同士の縄張り争いや雌の獲得に適応的な意味がある。雌はより赤い雄を選好する。イトトンボ類には雌の体色に多型があるが、雄型雌の雄への擬態は、交尾後の再交尾を抑える働きがあると思われる。雌にとって交尾は一般的に物理的なリスク(生殖器の破壊と短命化)がともなうので雄に化ければさらに交尾を迫られる機…

続きを読む

アジアイトトンボ♀未熟~成熟

アジアイトトンボ♀1008千葉県。撮影日は、8/7:画像2、8/8:画像4、5、8/9:画像1、6、8/14:画像3。オレンジ色から緑に成熟する。♀未熟個体に♂が接近すると、♀は尻を上げた。 アジアイトトンボ♂(画像1~3)とアオモンイトトンボ♂(画像4)1008千葉県。画像1~3はアジア、画像4はアオモン。撮影日は8/7:画像3、8/8:画像2、8/9:画像1、8/14:画像4。 …

続きを読む

アジアイトトンボ♀100706千葉県

アジアイトトンボ♀100706千葉県。画像1は海岸で、画像2は内陸の蓮田で撮影。胸部、腹部側面は黄緑色。腹部第2節背面は黒。画像2のように成熟すると眼後紋は小さく青になり、間の後頭条はなくなる。

続きを読む