アオジ190203-千葉県

Masked Buntings 190310 Japan. 外側尾羽伸長中。春は幼成とも尾羽はそろっているのが普通だと思うのでこの換羽は例外的か。スヴェンソンのガイドには、尾羽の換羽は変則的になりやすいとある。 Masked Buntings 190203 Japan. Masked Buntings 190317 Japan.

続きを読む

アオジ♂夏羽150331千葉県(150417追加)

Masked Bunting molting adult ♂ 150331Japan. 眼先が黒く、体下面の黄色が濃いので♂成鳥と思われる。脇の縦斑が濃く、眉斑、外頬線が目立つ。 Masked Bunting breeding ♂150331 Japan. 換羽が進んだ個体。頭部は灰色で、眉斑、外頬線は見えない。 追加150417: Masked Buntings breed…

続きを読む

アオジ♀140211千葉県

Masked Bunting Emberiza (spodocephala) personata♀ 140211 Japan. 従来日本で見られるアオジは、Black-faced BuntingEmberiza spodocephalaの亜種とされてきたが、顔が黒いとはいいがたく、英名は基亜種シベリアアオジE.s.spodocephalaにこそふさわしい。近年はシベリアアオジとは別種とされるよ…

続きを読む

アオジ成鳥♂120415千葉県

Masked Bunting Emberiza (spodocephala) personata adult ♂120415 Japan. 公園でアオジ2羽が囀っていたのだけれど姿はアシに隠れて見えず。梢に出てきてくれればいいのだが。見られるのは小路に採食に出てきたとき。 初列風切や尾羽の磨耗が進んでいない。 サハリン、千島、日本に分布する亜種アオジは大陸産とは別種とされるようになると思わ…

続きを読む

アオジ♂第1回冬羽100131千葉県

Black-Faced Bunting ♂ first winter 100131 Japan. アオジ♂第1回冬羽100131千葉県。後頸に灰色の羽が見える。喉、腹に黄色味が出てきている。 Black-Faced Bunting ♂ first winter 100131 Japan. アオジ♂第1回冬羽100131千葉県。別個体。頭部にも灰色が散見される。

続きを読む

アオジ♂第1回冬羽091127千葉県

Black-faced Bunting 1st winter ♂091127Japan. アオジ♂第1回冬羽091127千葉県。顔に黄緑味があるが薄い。頭央線が比較的明瞭に見える。 ここに来て数が急に増えた。オオジュリンはそれほど増えていない。

続きを読む

アオジ♂第1回冬羽・♂成鳥冬羽-090118千葉県

あれこれ日本の図鑑を見てみたら、アオジの第1回、成鳥の違いのわかる写真が見当たらなかったので、第1回と思われる個体と、成鳥のヴァリエーションを並べてみた。まず、♂第1回冬と思われる個体から。 Black-faced Bunting ♂1st winter 090107 Japan. アオジ♂第1回冬羽090107千葉県。中・大雨覆の羽先が白い。顔に黒味が少ない。体下面の黄色が薄く縦斑が目…

続きを読む

アオジ♂成鳥冬羽・♀、オオジュリン081223千葉県

春のような陽気から一転して今朝は本来の冷え込みとなった。 Black-faced Bunting ♂adult nonbreeding 081223 Japan. アオジ♂成鳥冬羽081223千葉県。アシ原から小道に出てきて採食。釣り人が来るとまたアシ原に飛び込む。その繰り返し。 Black-faced Bunting ♀ 081223 Japan. アオジ♀081223千葉県。…

続きを読む

クロジ♂第1回夏羽ほか070428手賀沼

先日オオルリの鳴いていた斜面林に行くと、今日は代わりにキビタキがいました。あちこち飛び回り一所に落ち着かず、姿を捉えることは出来ませんでした。 クロジはまだ1羽だけ残留してました。 クロジ♂第1回夏羽070428手賀沼。 顔や体下面は灰色ですが、上面にはかなり褐色があります。頬のあたりが角度によっては緑色に見え、ノジコのようです。 アオジ♀冬羽。 アオジはまだかなりいて…

続きを読む

カワセミ♀第1回冬羽・アオジ♂070415手賀沼

すべてのカワセミの写真はデジャヴを伴います。撮り尽くされて何も付け加えられるのもが見当たりません。それでも撮る意味があるならどういったところにでしょうか。 誰かが文字通り取って付けた杭に律儀に止まってくれたカワセミです。 カワセミ♀第1回冬羽070415手賀沼。 泥で汚れていますが下嘴にオレンジの斑が少し見えています。羽衣のオレンジに鮮やかさがまだありません。 アオジ♂0…

続きを読む

アオジ♂070121柏

アカハラを見ていたら、サクラの枝先にアオジが出てきました。 真冬のこの時期は、表になかなか出てきてくれません。藪とかアシ原には、オオジュリンほどではないにしても、カシラダカよりは多いのですが。 アオジ♂。 アオジは手賀沼周辺では、10月の下旬から11月の上旬に現れ、4月まで見られます。 少し離れた浮島辺りでは春先に、拙いながらものんびりした特長的な囀りを耳にします。けれど不思議な…

続きを読む

アオジ冬羽♀061104手賀沼

 冬季の手賀沼のアシ原でよく見られるのが、まずオオジュリン、そしてこのアオジです。セッカもいます。ホオジロはアシ原の外側の畑周辺にいます。カシラダカはあまり見かけません。ホオアカもいません。  顔に黒味がないので♀だと思われます。♀のわりに下面の黄色が鮮やかな感じです。

続きを読む