1.4xテレコンバーターの効果、チュウジシギ冬羽190822茨城県

Swinhoe's Snipe nonreeding 190822 Japan. デジスコvs一眼(Ⅱ)で、1.4xテレコンバーターの一眼+ズームレンズへの効果は、短焦点側で少し解像しているが、長焦点側で解像感に差はなかった。これは室内での文字の撮影による結果であった。今日はフィールドで確かめた。チュウジシギまでの距離は約80mであり、手持ちで撮影した。ISOは固定にしなかったので、f値の大…

続きを読む

最初の双眼鏡、最初のカメラ

双眼鏡を買ってもらう日。父の手引きで、なぜかデパート(たぶん三越)の光学機器コーナーを訪れる。目当ての機種を告げると店員の表情がにわかに曇った。なぜカートンなのか、問われる。あれこれカタログを見比べ、数値の上で最も広角である旨を伝える。重要なのは数値ではなく見え方であることを店員は力説し、勧めたのが、Nikon 7x35 7.3°だった。一目で気に入り即決だった。予算は大幅の上方修正だが、父は太…

続きを読む

接眼レンズの修理

修理に出していたアイピースが2ヵ月半で手元に帰った。見積もりでは1.5~3.5万円、日本製なら新品が買える。数ヶ月迷った末決心した。結局スコープのとき同様なぜか無料だった。 高い見積もりにかかわらず修理を求めるユーザーには無償で応えるのだろうか。 年間150回を9年、苛酷な環境で酷使したアイピースがまるで新品になってもどって来るのだから嬉しくないわけがない。これで、双眼鏡、スコープ、それにア…

続きを読む

望遠鏡の修理

砂嵐に潮風、過酷な条件で酷使して前玉がすりガラスのようになった望遠鏡が、2ヶ月ぶりに本国から手元に戻った。双眼鏡のときよりそれでも1ヶ月近く早かった。 レンズ交換は7~8万円、見積もりの後修理をキャンセルしても輸送費用9千円かかるといわれていた。それなのに。 レンズ交換とその他の点検含めてなんと特別無償だった。どういったシステムなのか不明。なにはともあれ、双眼鏡同様お金をかけずほぼ新品として…

続きを読む

ライカのアイピースを買う

ズームアイピースを修理に出した。ライカは少なくとも3ヶ月かかる。その間スコープが使えなくなるのは困る。かといっていまさら埃をかぶった初代ニコン・フィールドスコープを使う気にはならない。そこで30xアイピースを買うことにした。 しかし、製造中止なので在庫は限られている。レモン社、ヨドバシカメラに電話するも在庫なし。ビックカメラ藤沢店に一つ残っていることがわかり、取り寄せてもらった。結果的にポイン…

続きを読む