ハクビシン轢死体120527千葉県

Roadkilled Masked palm civet 120527 Japan. 哺乳類の轢死体は、10年前はほとんどタヌキで、ハクビシンは1/10もなかったと思う。しかし最近ではハクビシンの比が急に高くなっている。手賀沼周辺では同じくらいか。タヌキが減りハクビシンが増えているのだろう。

続きを読む

ニホンノウサギ・ハクビシン轢死体-080908千葉県(改訂160701)

Roadkilled Japanese Hare 080908Japan. 動物の路上の轢死体は人目につきにくい動物の生息状況を知る手がかりとなる。頭胴長53cm以上ある大物。ウサギの轢死体はタヌキやハクビシンよりはるかに少ない。 Roadkilled Masked Palm Civet 080816Japan. 街中の百貨店の前だったのでちょっと驚いた。翌日の晩には近くの国道を横切る…

続きを読む

ニホンノウサギ・ハクビシン轢死体-080615千葉県(改訂160709)

Roadkilled Japanese Hare 080403 Japan. ノウサギの路上死はこのときはじめて見た。数を増やしているのか、今年はフィールドでしばしば目撃する。 Roadkilled Masked Palm Civet 080615 Japan. 街の外れではよく見かけるが街中では初めて。しばらくするとカラスがつつきに来た。 関連エントリー ハクビシン06081…

続きを読む

ハクビシン060818浮島

  道端に車にはねられたハクビシンが倒れていました。以前こうしたハクビシンの轢死体を見かけたのも8月でした。親離れ後の移動の時期に不幸に見舞われるのでしょう。   死体の数ではタヌキの十分の一近くになるのではないかと思います。

続きを読む