ハシナガウグイス180726国立科学博物館

Horornis (diphone) diphone 180726 National Museum of Nature and Science, Tokyo. 小笠原・硫黄島の(亜種)ハシナガウグイスは本州の亜種ウグイスより17年も先に記載されている基亜種である。ハシナガウグイスはいずれ種に昇格するだろうから亜種ウグイスも学名が変わることになるだろう。 これまでウグイス属はヨーロッパウグイス…

続きを読む

亜種リュウキュウウグイスとは151101JBF

山階鳥研見にレクチャー浅井芝樹氏の「ウグイス亜種の謎についてDNA で調べたら?!」に参加した。 『鳥類目録改訂第7版』によればウグイスは以下の6つに分けられる。 ① カラフトウグイス Cettia diphone sakhalin : サハリン、千島列島に分布。 ② チョウセンウグイス C.d.borealis : 中国北東部、ウスリーランド南部、韓国に分布。 ③ ウグイス C.d.c…

続きを読む

沖縄のウグイス

従来沖縄のウグイスは亜種リュウキュウウグイスCettia diphone riukiuensis とされてきた。 清棲『日本鳥類大図鑑』によれば、亜種リュウキュウウグイスは、体上面は赤錆色を帯びない暗灰オリーブ色で(亜種ウグイスC.d.cantans は赤さび色を帯びる)、体下面はクリーム色を帯びない白(亜種ウグイスはクリーム色を帯びる)、脇はクリーム灰色(亜種ウグイスは赤さび色を帯びたオリ…

続きを読む

ウグイス♂の鳴管080707千葉県

雨に打たれながらも電線で一心に囀っていた。 けれど何か違和感がある。撮影して気付いた。尾羽が1枚しかない。 天敵の仕業か、それとも同士に毟られたか。 ウグイス♂080707千葉県。 下の画像の喉に注目。雨で羽毛が萎れているせいで、左右に赤っぽい膨らみが見えると思う(画像をクリックすると大きく見える)。 鳥には声帯はない。気管から気管支に分かれるところにある鳴管で発声する。その左右に…

続きを読む