ツバメチドリ夏羽~冬羽、初列風切の換羽140729-茨城県

Oriental Pratincoles molting adult 140729 Japan. 2羽は換羽がやや遅く嘴の基部の赤が残っている。外側初列風切は旧羽。内側初列は換羽が遅い個体はP4まで新羽、進んだ個体はP7まで新羽。次列は外側から換羽しているのがわかる。 ツバメと共に飛ぶ(最後の画像)。 Oriental Pratincoles molting adu…

続きを読む

ツバメチドリ夏羽~冬羽110718茨城県(追記110802)

Oriental Pratincoles molting adults 110718 Japan. ツバメチドリ夏羽~冬羽110718茨城県。個体a(画像1、2、4、5の手前): 嘴基部には若干赤が残る。目先黒はすでに不鮮明だが喉の縁取りの黒ははっきりしている。喉に縦斑が散在する。頸は新旧の羽でまだらに見える。背、肩羽はかなり換羽が進んでいる。三列風切は1枚を残して脱落してい…

続きを読む

ツバメチドリ成鳥6個体の初列風切の換羽100903茨城県

Oriental Pratincoles molting adults 100903 Japan. ツバメチドリ成鳥(夏羽~)冬羽100903茨城県。個体b。 渡り途中の成鳥と思われる6個体の初列風切の換羽を近距離から観察した。周辺地で繁殖したと思われる、この夏継続して観察されていた幼鳥を含む群れとは別の集団と思われる。上空を群れで飛んでいたが幸運にも目の前に降り立った。便宜上近くに下りた個…

続きを読む

ツバメチドリ成鳥夏羽~冬羽・幼羽100810茨城県(追加100812)

Oriental Pratincole molting adult 100812 Japan. ツバメチドリ成鳥夏羽~冬羽100812茨城県。2日前は遠くて細部が見えなかった。こうして見ると嘴基部の赤が見える。褐色の磨耗した羽毛(小雨覆など)と灰色の新しい羽毛(中雨覆、大雨覆など)もはっきりわかる。(第1回夏羽か?) Oriental Pratincole molting adult 1…

続きを読む

ツバメチドリ夏羽~冬羽100706千葉県

Oriental Pratincole breeding adult 100706 Japan. ツバメチドリ夏羽~冬羽100706千葉県。コアジサシをカウントしている際に発見した。浜辺で見るのは初めてだと思う。繁殖を終え(失敗し)早くも越冬地へ向けて渡ろうとしているのか。 飛び回るのを見ても、形態といい声といいコアジサシの群れに違和感がない。まあ、同じチドリ目だし、共通の祖先に翼を細長く尖…

続きを読む

ツバメチドリ成鳥夏羽~冬羽050819茨城県

Oriental Pratincole molting adult 050819 Japan. ツバメチドリ成鳥夏羽~冬羽050819茨城県。嘴基部の赤と目先および目下の黒線が不鮮明になっている。 Oriental Pratincole nonbreeding 050819 Japan. ツバメチドリ成鳥冬羽050819茨城県。羽縁が細く淡色なのがわかる。 Oriental …

続きを読む

ツバメチドリ夏羽090612茨城県(追加090613)

Oriental Pratincole breeding 090612 Japan. ツバメチドリ夏羽090612茨城県。近くで見る機会のない鳥だが、目前にいたのでどきりとした。飛び立ってはまたもとの位置に戻ってきたのでじっくり観察できた。この時期に見られるということは、繁殖の可能性がある。 長い翼を巧みに操りまさにツバメのごとく飛ぶエアリアル・フィーダー(飛行食者(こんな訳語はない))…

続きを読む

ツバメチドリ冬羽060831稲敷

  ツバメチドリ冬羽が2羽いました。稲刈り後の田んぼに水が入り、シギ・チドリが見やすくなりました。   ツバメチドリを霞ヶ浦周辺で見かけるようになったのは1991年からです(その前からいたのだけれど見つけられなかったのか、いなかったのかは定かではありません)。それ以来ほぼ毎夏見られます。繁殖しているようです。

続きを読む