標識ヒバリシギ夏羽(動画)170822千葉県(改訂170826)

Ringed Long-toed Stint worn breeding 170825 Japan. 3日後同じ場所で再発見。一文字見える。「6」か。 Ringed Long-toed Stint worn breeding 170822 Japan. 右脛に金属リング。刻字判読できず。ほとんど換羽しておらず、夏羽の羽縁が摩耗して黒っぽく見える。 改訂170826: 画像1-3と…

続きを読む

ヒバリシギ冬羽3個体(動画)150103茨城県

Long-toed Stints nonbreeding 150103ABC Japan. 個体ABC。蓮田にタカブシギ、ハマシギ、コチドリ等と混群。 Long-toed Stints nonbreeding 150103ABC Japan. 左から個体BAC。 Long-toed Stints nonbreeding 150103BA Japan. 左から個体BA。 L…

続きを読む

ヒバリシギ幼羽、赤と黒140827茨城県

Long-toed Stints juvenile 140827AB Japan. 形は同じでも色味のまったく異なる2羽が行動を共にしていた。現場では画像以上にその差が顕著で、まさに赤いヒバリと黒いヒバリだ。 個体A: 頭頂や肩羽羽縁等に橙褐色のある、よく見るタイプ。頸から胸にかけては黄色味がある。 個体B: 全体的に暗褐色に見える。肩羽や雨覆の羽縁がやや狭く淡色なのでうろこ状に見…

続きを読む

ヒバリシギ第1回冬羽・成鳥冬羽131231茨城県

Long-toed Stint nonbreeding 131231A Japan. 蓮田で成鳥冬羽1羽、第1回冬羽3羽の群れを観察した。個体A。雨覆に幼羽は見られない。この成鳥は、8月から11月10日まで観察された第2回冬羽と思われる個体とは羽衣が一致しないので、別個体だろう。同地で一時ヒバリシギが5羽観察されている。この日観察されなかった1羽がその個体だろうか。 Long-toed …

続きを読む

ヒバリシギ幼羽~第1回冬羽-131123茨城県

Long-toed Stint first winter with Common Snipes 131123 Japan. 3週間で換羽がかなり進んだ。131102と比べると、下列肩羽が幼羽から第1回冬羽に置換わり、大雨覆の幼羽の一部が脱落した。もう1羽は見つからず。生きていてくれることを望む。 Long-toed Stints molting juvenile & nonbreedin…

続きを読む

ヒバリシギ第1回冬羽・第2回冬羽(動画)131102茨城県

Long-toed Stint nonbreeding 131102 Japan. 当地でヒバリシギ冬羽は稀。今夏観察された第1回夏羽と思われる個体と羽衣の配列がほぼ一致するので同一個体の可能性がある。だとするとこの個体は第2回冬羽の可能性があり、滞在3ヶ月となる。 Long-toed Stint molting juvenile 131102 Japan. 今年8月の幼鳥(最後の画像…

続きを読む

ヒバリシギ第1回夏羽(動画)130804茨城県

Long-toed Stint first summer 130814 Japan. 初列風切P1~P4は灰色の新羽(第2回冬羽)。P5~P6は脱落または伸長中。P7~P10は幼羽。 Long-toed Stints first summer with juvenile 130816 Japan. 130811個体と同一。同サイトに滞在6日目。

続きを読む

ヒバリシギ第1回夏羽130811茨城県

Long-toed Stints first summer with juvenile 130811 Japan. この時期の幼鳥、成鳥夏羽ともこの個体とは羽衣が異なる。幼鳥は新鮮な橙褐色の幼羽であり(画像2の左、画像3の右、画像4の左)、成鳥は磨耗して黒っぽくなった夏羽で冬羽は出ておらず、初列風切の換羽も始まっておらず脱落はない(最後の画像130722撮影)。第1回夏羽と思われる本個体の…

続きを読む

ヒバリシギ夏羽採食行動(動画)130722茨城県(追加130724)

Long-toed Stint breeding 130722 Japan. 嘴を動かすことなく舌の運動により微小な食物が運ばれるのがわかる(ムービーによる連続画像1,2)。折れ曲がった舌に注目(画像7)。短いながらも反る嘴(画像8)。 夏羽は擦り切れると全体的に黒っぽく見える(画像5、6等)。眉斑の上に副眉斑が見える(画像1-3)。背のV字が明瞭(画像4)。コチドリ、タカブシギの群れに1羽…

続きを読む

ウズラシギ夏羽120816茨城県

Sharp-tailed Sandpiper breeding 120816 Japan. この日を含め2日滞在。 Long-toed Stint juvenile with Little Ringed Plover 120813 Japan. この日を含め5日滞在。 Red-necked Stint breeding 120813 Japan.

続きを読む

ヒバリシギ幼羽2個体(動画)110816茨城県

Long-toed Stint juvenile 110816 Japan.個体A。褐色味の強い個体。眉斑の上に白線はない。大雨覆の縁は橙褐色。嘴は個体Bよりやや短い。 Long-toed Stint juvenile 110816 Japan.個体B。褐色味の強くない個体。眉斑の上に白線がある。大雨覆の縁は白っぽい。背のV字が白く目立つ。 Long-toed Stints ju…

続きを読む

ヒバリシギ幼羽-100827茨城県(追加100907)

Long-toed Stint juvenile 100827 Japan. ヒバリシギ幼羽100827茨城県。磨耗の進んだ幼羽。 Long-toed Stints juvenile 100826 Japan. ヒバリシギ幼羽100826茨城県。あまり磨耗していない2個体。 追加100907: Long-toed Stints juvenile 100829 Japan. …

続きを読む

ヒバリシギ幼羽採食行動(動画)100818-茨城県

Long-toed Stint juvenile 100819 Japan. ヒバリシギ幼羽100819茨城県。100817個体、100818個体とは別。次個体よりやや磨耗が進んでいて色合いの鮮明さが欠ける。画像4に注目。これだけ見ると、寸詰まりで趾が短くアメリカヒバリを思わせる。頭頂の褐色が嘴基部に達するのはヒバリの特徴。画像1から画像4まで同一個体。 Long-toed Stint…

続きを読む

ヒバリシギ幼羽100817茨城県

Long-toed Stint juvenile 100817 Japan. ヒバリシギ幼羽100817茨城県。胸の縦斑は成鳥ほどない。この個体の嘴は基部まで黒い。背に白のV字が出る。頸を伸ばし突っ立った姿勢はヒバリシギに独特。 Long-toed Stint juvenile 100810 Japan. ヒバリシギ幼羽100810茨城県。初認。

続きを読む

ヒバリシギ幼羽・夏羽-090827千葉県・茨城県

Long-toed Stint juvenile 090827 Japan. ヒバリシギ幼羽090827千葉県。色の濃い幼羽。一見成鳥に見えるが羽衣はさほど擦り切れていない。初列風切の換羽は、成鳥では8月下旬から始まるが、幼鳥では年内は換羽しない。下嘴がかなり黄色いのがわかる。 今年はシギが少ないが、ヒバリシギは例年より多い。今日は、一つの田に7羽も入っていた。 Long-toed S…

続きを読む

指の短いヒバリシギ幼羽080827千葉県

足を見てちょっとびっくり。Long-toeじゃない? Long-toed Stint juvenile 080827 Japan. ヒバリシギ幼羽080827千葉県。 第3趾がヒバリにしてはかなり短く見える。しかし、嘴基部は黄色い。それ以外の各部分もヒバリの特徴を示す。 Long-toed Stint juvenile 080827 Japan. ヒバリシギ幼羽080827千葉県。…

続きを読む