モーリシャスドードー180802茨城県自然博物館

Raphus cucullatus 180802 IBARAKI NATURE MUSEUM. 一般的にドードーとはこのモーリシャスドードー。他にロドリゲス、レユニオがある。 『タイタンの妖女』(カート・ヴォネガット・ジュニア著)によれば、警備厳重な塀に囲まれたラムファードの館には「まるで煙突そっくりの部屋」があり、<スキップの博物館>と名付けられたその小部屋に「ドド鳥」の剥…

続きを読む

ドードーを出版してはならない

ドードーには不吉なジンクスがある。すなわち、ドードーの研究者は本が完成する前に必ず死ぬ。 「私がそのジンクスを破ってやる」 沖縄諸島と先島諸島との間に引かれた生物地理学的境界線にその名を残す、鳥類学者であり探検家の、蜂須賀正氏(はちすかまさうじ)はドードーの呪いに挑んだ。 1920年、17歳の蜂須賀はイギリスに渡った。留学は当初法律が目的だったが、彼が熱中したのは法律ではなく鳥類学だった。…

続きを読む

『不思議の国のアリス』のドードーの不思議なポーズ

Dodo 121103 Abiko City Museum of Birds. アリスの零した涙に落ちてびしょぬれになったアリス、鼠、オウム、アヒル、鷲の子、そしてドードーは、ドードーが提案したコーカス・レースでからだを乾かす。コーカス・レースは、「出発の合図もなく、みんな、好きなときに走り出して、好きなときにやめればいい」まるいコース線上のドードー巡りだ。レース後「でも、誰が勝ったんだ?」の…

続きを読む