コガモ♂生殖羽、ブウブウ鳴き運動210211千葉県

Eurasian Teals breeding ♂ 210211 Japan. ブウブウ鳴き運動と名付けられた求愛のディスプレイの開始時、嘴の先が水面をかすめ水滴が高く弧を描いてパラパラと跳ね上げられる。この事実を最初にマガモで記述したのはローレンツだった(『動物行動学-Ⅱ上』p35)。この行動はコガモでも観察される。 ブウブウ鳴き運動は、頭を下げたあと、頭を起こすより先に体を起こす。こ…

続きを読む

コガモ♂生殖羽、そり縮み210211千葉県

Eurasian Teal breeding ♂ 210211 Japan. コンラート・ローレンツはコガモの下尾筒のパターンはそり縮みと名付けられたディスプレイの時にこそ大きな役割を果たすと推測し、次のように記述した。 黒の地色から鮮やかに浮き上がって見える下尾筒の黄色の三角形の部分は、そり縮みのときに一瞬す早く拡げられて見事な効果を発揮するのである。 『動物行動学-Ⅱ上』p92 ロ…

続きを読む

氷上のカモ210110千葉県

Mallards/Eurasian Teals 210110 Japan. 池に氷が張った。カモたちが薄氷を踏むと軋む音が林に木霊す。この池がこんなに氷で覆われるのを見るのは初めて。

続きを読む

コガモ♀幼羽201228千葉県

Eurasian Teal juvenile♀ 201228 Japan. 長距離ではあったがこれこそはという個体に目星をつけ接近確認するもやはりアメリカにあらず。

続きを読む

コガモの足は黒くない!?

Eurasian Teals 200215 Japan. アメリカコガモの♀の足の色はコガモの♀と違うのでは? Iさんにはしばしば意表を突かれる。冒頭は、♀の識別が難しいながらも可能ではあること、三列風切が決め手になることを伝えたIさんからの問いだ。そんなことあるわけないよと思ったものの、大形カモメの足の色には気を配るがカモの足の色についてはノーマーク。確かめもせず答えるのは誠実でない。それ…

続きを読む

コガモ♂幼羽180925千葉県●

Eurasian Teal juvenile ♂ 180925 Japan. 腹に小斑がある。体部の一部に波状横斑が見える。 Eurasian Teal ♂ 180925 Japan. エクリプス、腹に小斑なし。

続きを読む

コガモ♂エクリプス180913千葉県●

Eurasian Teal nonbreeding ♀ 180913 Japan. 腹に小斑なし。肩羽が縦斑なので♀と思われるが、体部の数カ所に波状横斑が見られ特に胸側で粗い。 追記180925: 雨覆に淡色羽縁が見えないのでタイトルを変えた。

続きを読む

コガモ♀夏羽180504千葉県

Eurasian Teal breeding♀ 180504 Japan. 5/20には不在だった。嘴の黄色はあまり出ていないが、上面の橙褐色が鮮やか。 Eurasian Teals breeding♂ 180504 Japan.

続きを読む

コガモ♀夏羽8個体170504千葉県

Eurasian Teal breeding ♀ 170504 Japan. 三列風切のパターンには多様性がある。最後の個体には、脇後方に尖った幼羽らしき羽が少し残っているので第1回夏羽か。

続きを読む

コガモ♀夏羽170429千葉県

Eurasian Teal breeding ♀ 170429 Japan. なるほど冬羽とは随分と違うな。三列風切のパターンにはぐっとくる。 Eurasian Teal ♀ 170429 Japan. 尾に注目。最外側から一つ置きに換羽しているように見える。 Eurasian Teal ♂ 170429 Japan. コガモの尾羽は16枚。 Eurasian Teals…

続きを読む

コガモ雄化♀幼羽170319千葉県

Eurasian Teal juvenile possible intersex female 170319 Japan. 頭側部と過眼部が緑で、脇の前の方に部分的に横斑が見られる。雨覆に淡色羽縁がある。脇羽の一部に尖った幼羽が見られる。大雨覆の白色帯の幅は確認できず。

続きを読む

コガモ♂換羽161204千葉県

Eurasian Teal ♂ breeding 161204 Japan. 換羽の進んだ♂成鳥。肩羽に横斑が見える。 Eurasian Teal ♂ molting adult 161204 Japan. 約100羽の群れで最も換羽の遅い♂成鳥。体部の一部に生殖羽が覗くがほぼエクリプス。肩羽は尖らず横斑が入る。画像1、2との換羽の進み具合の差に注目。 Eurasian Teal…

続きを読む