標識メダイチドリ♂第5回夏羽「AN」190809千葉県

Colour-flagged Lesser Sandplover breeding ♂ 190809 Japan. 山階鳥類研究所 保全研究室(鳥類標識センター)千田さんによれば以下の通り。 ANメダイチドリは、2014年9月8日に、千葉県習志野市谷津干潟で、性不明・幼鳥として放鳥されています。金属足環の番号は04A-09906です。

続きを読む

メダイチドリ♂夏羽160504千葉県

Lesser Sand Plover ♂ breeding 160504 Japan. メダイはこの1羽だけ。強風の浜で珍客を待つも成果特になし。潮干狩りの時間帯にぶつかり鳥より人間のほうが多かった。

続きを読む

メダイチドリ♂夏羽130429千葉県

Lesser Sand Plover♂ first summer 130429 Japan. 大雨覆、三列風切等は磨耗が激しいので幼羽と思われる。ムナグロ、キョウジョシギの混群に1羽いた。 西部のLesser Sand Plover atrifrons 等に対して、東部のstegmanniとmongolusを別種とする場合はMongolian Plover。目録7版では英名をMongolia…

続きを読む

メダイチドリ♂♀100503茨城県

Lesser Sand Plover♂100503 Japan. メダイチドリ♂夏羽100503茨城県。頭部のオレンジはまばらで換羽が済んでいない。雨覆の磨耗が激しく、胸のオレンジがあまり鮮やかでないので第1回夏羽かもしれない。 Lesser Sand Plover♀100503 Japan. メダイチドリ♀夏羽100503茨城県。首の部分に僅かにオレンジ色が見える。 一つの田にトウ…

続きを読む

メダイチドリの亜種081020茨城県

Lesser Sandplover juvenile 081020 Japan. メダイチドリ幼羽081020茨城県。メダイチドリには5亜種が認められており、つぎの2グループ(今後別種とされる可能性が大きい)に分けることができる。 北部個体群には、Charadrius mongolus stegmanni(チュコト半島、カムチャツカ半島、千島列島)と基亜種C.m.mongolus(バイカル湖…

続きを読む

メダイチドリ幼羽・タシギ冬羽・タマシギ父子080825千葉県

Lesser Sand Plover juvenile 080825 Japan. メダイチドリ幼羽080825千葉県。田んぼでは比較的珍しい。今季は2度目。 タシギ080825千葉県。 早くも稲刈りが始まった。ジシギが見やすくなる。でも見られたのはタシギだけ。 タマシギ父子080825千葉県。上の左から2番目、下の右下が成鳥♂。コース内だというのに、この4羽の子を連れたタマシギ…

続きを読む

メダイチドリ♂夏羽060725浮島

 コチドリに混じってメダイチドリが1羽いました。浮島ではこの鳥はあまり見かけません。かなり羽衣が擦り切れていますが、過眼線が黒っぽく胸の赤褐色も太いので成鳥♂夏羽でしょう。

続きを読む