コシジロウズラシギ夏羽~冬羽190814千葉県(追記190822)

White-rumped Sandpiper Calidris fuscicollis molting adult (with Sanderlings)190814 Japan. 千葉県河口部の干潟で、90羽のミユビシギの群れ(トウネン、メダイチドリ等との混群)にコシジロウズラシギが見られた。『目録』(2012)によれば、2006年に神奈川で、2011年に新潟で記録されている。大きさはミユビシ…

続きを読む

コシジロウズラシギ採餌(動画)、ゴカイを食う190814千葉県(追記190819)

White-rumped Sandpiper molting adult with Red-necked Stint juvenile 190814 Japan. トウネンと同様の採餌を行っていた。河口部の水際の表面から画像や動画では確認できないプランクトン等の微生物あるいはバイオフィルムを摘み取っていると思われる。数分に一度程度はゴカイを捕食していた。 概してミユビシギ90羽の群れと行動を…

続きを読む

コシジロウズラシギの腰はなぜ白いのか?(追記190817)

White-rumped Sandpiper molting adult 190814 Japan. 多摩川の河口で、日本ではこれまで未記録のコシジロウズラシギと思われるシギが観察されました。ネット上では、その画像と識別について賑わっています。ここでは目先を変えて、コシジロウズラシギの腰がなぜ白いのかを考えてみたいと思います。  進化生物学では、腰の白いことで機能的に何らかの利益があるだ…

続きを読む