サンコウチョウほか150816千葉県

山の鳥たちの移動が始まった。Japanese Paradise Flycatcher juvenile 150816 Japan. 梢でフライキャッチを繰り返していた。嘴が黄色いので幼鳥だろう。 Eastern Crowuned Warbler 150816 Japan. 頭央線と思われる淡色部が頭部に見える。シジュウカラ、コゲラ、メジロの混群に見つける。 Cuculus sp.…

続きを読む

サンコウチョウ♂第1回冬羽、ゴマダラチョウを食う110924千葉県

Japanese Paradise Flychatcher first winter ♂110924Japan. 嘴基部が黄色くアイリングが狭いので今年生まれ。翼は褐色だが、三列風切や初列等に濃い紺色が見えるので♂だろう。 足もとの藪の中をちらちら動くのが見えた。陽が出てチョウが盛んに活動し始めると、高いところに出てきてそれをフライングキャッチで器用に捉えていた。一度、獲物を追って、…

続きを読む

アオダイショウほか-080521千葉県

アオダイショウ幼蛇080519千葉県。40cmくらいだったので今年生まれでしょう。白っぽくて模様もマムシみたいで、一見アオダイショウに見えません。 ガラガラヘビよろしく、尾を震わせていました。もちろん音は聞こえませんが。 ヒバカリの幼蛇もいたようで、林は蛇のベビーブーム。鳥に夢中で上ばかり見ているので知らずに何匹か踏んでいたかもしれません。 アオダイショウ成蛇080521千葉県。 こ…

続きを読む

サンコウチョウ♂080519千葉県

その鳥をはじめて見たのはいつだったか。 記憶をたどれば小学校低学年の永山公園にさかのぼる。 当時その鳥を飼うのが夢だった。公園のそばの小鳥屋に売っていた。何度か売られてしまってないかを確かめに見に行った。記憶が確かなら日本では見ることのできない近縁種のカワリサンコウチョウの♀だったと思う。 目撃したのは偶然だった。 高台にある公園からふと下の林を見ると、尾の長い鳥が飛んでいるではないか。…

続きを読む

サンコウチョウ♂070519手賀沼

頭上3mの枝でキビタキが囀っています。でも遠くから聴こえてくるようです。声に張りがなくなってきました。歌う季節も盛りを過ぎたのでしょうか。 ジジ、ピピポイピー、ポイポイポイ。 この声は!ちょっと緊張します。キビタキと主役交代。 しっかしまてよ。なんか早口で、どこか拙い。何度か騙されたことがある。カケスか。モズって可能性もある。慎重に声の方向に進む。 込み入った枝の隙間に長い尾が翻りま…

続きを読む