タイミルセグロカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ冬羽181201千葉県

Taimyr/Vega/Slaty-backed Gulls molting adult 181201 Japan. 画像1、画像2左タイミルセグロカモメ、画像2右セグロカモメ、画像3、4オオセグロカモメ。初列の換羽状況に注目。タイミル:P6新羽、P9-10旧羽。セグロ:P7新羽、旧羽なし。オオセグロ:換羽の遅い個体は換羽は終わっていないが、早い個体は完了している。

続きを読む

アメリカセグロカモメ第1回冬羽170128千葉県

American Herring Gull/ Slaty-backed Gull/ Slaty-backed Gull first winter 170128 Japan. 画像1: アメリカセグロカモメ。体部が一様な暗褐色。肩羽に第1回冬羽が出ている。画像2、3: オオセグロカモメ。 American Herring Gull / Slaty-backed Gull first winte…

続きを読む

白いオオセグロカモメ第1回冬羽(動画)160312千葉県

Leucistic Slaty-backed Gull first winter 160312 Japan. ほぼ全身の白化。眼の周辺、背と肩羽のごく一部、小翼羽、初列雨覆、初列風切の軸斑の一部、次列風切の基部、下雨覆、腋等に淡褐色が出ている。テールバンドも見える。虹彩は暗色。嘴の基部と足はピンク。外側初列はかなり磨耗している。 Leucistic Slaty-backed Gull n…

続きを読む

干潟のオオセグロカモメは幼鳥ばかり?

Slaty-backed Gulls first winter 150308 Japan. 干潟に群れるオオセグロカモメを数えると、第1回110羽に対し成鳥はわずか3羽であった。これは明らかに地域の個体群の齢構成を反映していない。防波堤には成鳥がかなり見られるから。 成鳥がこれほど少ない理由は何か。齢によりニッチが変化するのか? 1)その時間帯だけ偶然そうなった。 2)成鳥はより良い食物…

続きを読む

オオセグロカモメ第2回冬羽~第2回夏羽140331千葉県

Slaty-backed Gull second summer 140331 Japan. 春とはいえ午後の眩しい光がやや逆光気味にカモメたちの背後から差し込む、観察には難しい条件でこの個体を発見した。陰になる嘴や下部肩羽等の正確な色味は不明だった。初列風切や脚は手前のカモメに隠れ見えなかったが、黒い嘴、黒い目、真っ白の頭部~後頸はホイグリン、モンゴルあるいは、あわよくばカスピの第1回を期待さ…

続きを読む

オオオセグロカモメ幼羽・第2回冬羽・第4回冬羽131014千葉県

Slaty-backed Gulls fourth winter/second winter/molting juvenile 131014 Japan. 第4回冬羽(画像1)の初列風切に注目。P8まで新羽になっていて旧羽はすでに1枚もない。セグロカモメより換羽がかなり進んでいる。 第2回冬羽(画像2)。大雨覆、三列風切、初列が暗褐色で第1回のようにも見えるが嘴がピンクで虹彩もやや薄くなって…

続きを読む

ルアーカモメ120104千葉県

Slaty-backed Gull first winter 120104 Japan. できればこうした鳥は見たくない。 Black-tailed Gull nonbreeding 120121 Japan. テグスが絡まっている。

続きを読む

カナダカモメ・オオセグロカモメ第1回冬羽110403千葉県

Thayer's Gull first winter with Vega Gulls 110403 Japan. カナダカモメ冬羽110403千葉県。個体A。雨覆の退色がかなり進んだ個体。一方、初列風切の退色は進んでいない。小型のオオセグロカモメ第1回冬羽に似ているが、嘴は細い。胸と腹の境の辺りが、カナダは直線的だが、オオセグロは少し膨らんで見えることが多い。 Slaty-backed…

続きを読む

オオセグロカモメ成鳥冬羽 初列風切パターン101224千葉県

Slaty-backed Gull adult nonbreeding with Vega Gulls 101224 Japan. オオセグロカモメ冬羽101224千葉県。オオセグロカモメの初列風切のパターンは多様だ。この個体は、P10にサブターミナルバンドがかすれていてミラーになっていない。P9はホワイトムーンがミラーにつながっている。

続きを読む

オオセグロカモメ第1回冬羽7個体101019-千葉県

Slaty-backed Gulls first winter 101019 Japan. オオセグロカモメ第1回冬羽101019千葉県。4個体。オオセグロ第1回の衣羽は多様だ。 Slaty-backed Gull first winter 101029 Japan. オオセグロカモメ第1回冬羽101029千葉県。小型で暗色。♀か。 Slaty-backed Gulls firs…

続きを読む

オオセグロカモメ第1回夏羽100625千葉県

Slaty-backed Gulls first summer with Black-tailed Gull first summer 100625 Japan. オオセグロカモメ第1回夏羽とウミネコ第1回夏羽100625千葉県。極度に磨耗退色した旧羽に灰色の新羽が混じっているのに注目。虹彩はまだ暗色。 繁殖に参加しない若い個体がこうして港にうろついている。

続きを読む

汚染オオセグロカモメ・ウミネコ-100107茨城・千葉県

Oiled Slaty-backed Gull adult nonbreeding 091231 Japan. 油曝オオセグロカモメ成鳥冬羽091231茨城県。下腹、下雨覆、足が汚染されている。 Oiled Black-tailed Gull adult nonbreeding 100107 Japan. 油曝ウミネコ成鳥冬羽100107千葉県。嘴基部と先、腮、足が汚染されている。 …

続きを読む

カナダカモメ第1回冬羽・オオセグロカモメ第1回冬羽の飛翔091120千葉県

Thayer's Gull or Kumlien's Gull juvenile -1st winter 091120 Japan. カナダカモメ第1回冬羽091120千葉県。やや小型で翼は細長く見える。嘴は華奢で基部まで暗色。体部は一様な灰褐色で、セグロカモメとは異なる。翼下面は目立つパターンはなく、全体的に淡色で、この点もセグロとは異なる。こうした羽衣は一部のオオセグロカモメにも見られるが…

続きを読む