オオタカとタシギ190302茨城県

Northern Goshawk adult 190302 Japan. 夕日に映える。距離420m。ピクセル等倍切り出し。双眼鏡より細部がわかる。 Northern Goshawk with Commn Snipes 190302 Japan. 2羽のタシギが飛ぶその間をすり抜けた。鼻から狙っていなかったのか、目測を誤ったか。

続きを読む

チュウヒ成鳥♂灰色型180321茨城県

Eastern Marsh Harrier adult ♂ 180321 Japan. 背と小雨覆は灰褐色、初列風切の先は黒く、初列基部次列は灰色で黒の横斑が入る。上尾筒は白く、頭部と尾は灰色。下面は全体的に白。胸に縦斑、脇に横斑。160227個体と同一か。 Eastern Marsh Harrier ♀180321 Japan.

続きを読む

オオタカ幼鳥171119千葉県(追記171120)

Northern Goshawk juvenile with Large-billed Crow171119 Japan. 初列風切P5突出小、大雨覆中雨覆に白帯、中央尾羽突出。下尾筒の白が横から見える。ハシブトガラスより小さく見えたので♂か(最後の画像はハシブトガラスの方が奥にいるため相対的に小さく見える)。 追記171120: Northern Goshawk 170610 Jap…

続きを読む

ハイタカ幼鳥171112茨城県(改訂171113)

Eurasian Sparrowhawk juvenile 171112 Japan. シギのいる蓮田上空を一回りしたあと、ハトの群れに突っ込んだが本気には見えなかった。そのうが膨らんでいたので狩りのモードではなかったようだ。 翼先分離は6、眉斑が明瞭。喉には細かい縦斑。上面は暗褐色。次列風切後縁は全体的に弧を描く。尾はやや丸尾的。 アオアシシギの姿勢の変化で上空のハイタカに気づいた。…

続きを読む

オオタカ第1回夏羽170723千葉県

Northern Goshawk first summer 170723 Japan. 換羽して灰色味を帯びて見えるのは、内側初列風切、三列風切、初列雨覆、大雨覆、肩羽、胸から腹、背、腰、中央尾羽。外側初列、次列、小雨覆、外側尾羽は幼羽。

続きを読む

ノスリが捕らえたのは170624栃木県

Eastern Buzzard 170624 Japan. 獲物を推定する。大きさは、ノスリ(おそらく♀)の1/3程度なので全長約20cmと思われる。尾は短く全長の1/4程度。画像1ではシルエットで体色は不明だが、画像2を見ると背面が褐色で腹面が白に見える。 アズマモグラ等モグラ類は腹が白くないので除外できる。カワネズミ、アカネズミ、リス、モモンガは尾が短くないので除外できる。ハタネズミ、ヤ…

続きを読む

ハイタカ♀成鳥170312千葉県

Eurasian Sparrowhawk adult ♀ 170312 Japan. ♀が円を描きながらゆったりと上昇していた。そこへ♂が一直線に向かって飛んだ。けれど絡むことなく素通りした。

続きを読む