シロカモメxワシカモメ第3回冬羽190403千葉県

Possible hybrid Glaucous x Glaucous-winged Gull third winter 190403 Japan. 虹彩淡色で頭部のjizzはシロカモメ的。後頸から胸、腹にかけて灰褐色のべたっとした斑が広がる。初列風切には背と同程度の濃さの灰色のパターンあり。

続きを読む

雑種(シロカモメ×セグロカモメ)×セグロカモメ第3回冬羽190216千葉県

Possible hybrid (Glaucous x Vega)x Vega Gull third winter 190216 Japan. 双眼鏡での第一印象は頭部のjizzからシロxセグロだった。しかし、初列風切のパターンを見てアメリカセグロの可能性も考えた。P10には大きめのミラー、P9に小さいミラー、P9、P8に目立つムーン、黒はP5まである。ここまで黒の多いシロxセグロはほとんど見…

続きを読む

雑種シロカモメx?第2回冬羽180324東京都

Possible hybrid Larus hyperboreus x L.sp second winter 180324 Japan. 初列風切は白(薄い灰褐色斑あり)、虹彩は淡色、初列風切の突出は少ない。これらはシロカモメ的な形質。一方で、丸い頭部、華奢な嘴、頸から胸の濃く大きな斑は典型的なシロとは異なる。上面の灰色は明らかにシロより濃く、セグロカモメより少し薄いくらい。次列風切が白く、雨…

続きを読む

雑種シロカモメxセグロカモメ冬羽161122千葉県

Possible hybrid Larus hyperboreus x L.sp nonbreeding 161122 Japan. セグロカモメより明らかに大きい。背はセグロよりやや薄い。初列風切の黒がやや7薄い。先端の白が大きく、P9からムーンが目立つ。P6まで黒あり。初列の換羽は早い。

続きを読む

シロカモメ x ワシカモメ第1回冬羽160123千葉県

Possible hybrid Glaucous x Glaucous-winged Gull first/second winter with Slayty-backed Gull 160123 Japan. 初列風切は白いが、体部の褐色斑が濃く、嘴もほぼ暗色。体はオオセグロカモメよりやや小さい。初列の突出は小さい。頭部のjizzはシロカモメともワシカモメとも少し異なる。 Sさんが見つける。

続きを読む

雑種シロカモメxセグロカモメ冬羽151228千葉県

Possible hybrid Larus hyperboreus x L.sp 3rd winter 151228 Japan. 背の濃さや初列風切のパターンはカナダカモメを彷彿させる。しかし大きさはセグロカモメよりやや小さい(画像4、5)が、セグロカモメと同じくらいで、カナダより大きい。

続きを読む

アイスランドカモメ x カナダカモメ第3回冬羽141206千葉県

Possible Kumlien's x Thayer's Gull third winter with Slaty-backed Gulls/Vega Gull 141206 Japan. 両側のオオセグロカモメよりかなり小さい(画像4、5)。背の灰色は一般的なカナダカモメより若干薄いように感じた。嘴は細く、足が短い。初列風切の突出が大きく、暗色部がアイスランドカモメにしては濃いが、カナダカ…

続きを読む

雑種シロカモメ x セグロカモメ成鳥冬羽140118千葉県

Possible hybrid gull Larus hyperboreus x L.sp winter 140118A Japan. 個体A。オオセグロカモメより一回り大きい。背はセグロより薄いがシロより濃い。初列風切のパターンはカナダ様。虹彩は暗色で頭部のjizzはカナダを思わせる。 Possible hybrid gull Larus hyperboreus x L.sp wint…

続きを読む

不明大形カモメ第1回冬羽131230千葉県

Mystery Gull first winter 131230 Japan. 初列風切の羽縁の白が目に付いた。このようなパターンはオオセグロカモメで見られるが、この個体はオオセグロカモメではない。まず嘴に注目。嘴の基部側半分以上がピンクになっている。この時期のオオセグロはツートーンにはならない。嘴の形もオオセグロとは異なる。オオセグロの場合、基部はやや細く先が太くなるが、この個体は、基部と先…

続きを読む

ワシカモメ冬羽虹彩の黄色い131214千葉県

Glaucous-winged Gull (x Slaty-backed Gull) nonbreeding 131214 Japan. 一見してワシカモメだったが、虹彩が黄色い。嘴もやや華奢で傍に比較対象がないが背の灰色もワシにしては僅かに濃いか。初列のパターンはオオセグロとの雑種ならもう少し黒っぽくなると思う。何世代か前にオオセグロが入ったかも。

続きを読む

雑種シロカモメxセグロカモメ冬羽131116千葉県

Possible hybrid Larus hyperboreus x L.vegae molting adult with Vega Gulls 131116 Japan. 背の灰色はシロカモメとセグロカモメの中間程度。初列風切P9-10は旧羽、P9にやや大きめのミラーがある。P7-8は伸長中または脱落、P6以内は新羽で、P5まで斑(やや薄い)がある。

続きを読む

雑種シロカモメxセグロカモメ第2回冬羽・成鳥夏羽のオービタル・リング-130316千葉県

Possible hybrid Larus hyperboreus x L.sp summer 130307 Japan. カナダカモメより明らかに背が薄く(画像7の右が当該個体で左がカナダカモメ、中央奥がセグロカモメ)、初列のパターンはカナダに似るが先端の白はより大きく、黒斑はP6まで。嘴はごつくシロカモメ的である。オービタル・リングは橙黄色。ウォッチャーの間ではこうしたカモメはシロセグロ…

続きを読む

不明雑種カモメ第2回冬羽-130307千葉県

Possible hybrid gull Larus hyperboreus x L.sp second winter 130307 Japan. 背が薄いので目につく。第一印象はでかいカナダカモメだったが、嘴がごつく翼が細長くなく脚(脛と跗蹠)が細く見えずシロカモメと何か(セグロ?)の雑種と思われる。M.Ujiharaさんの最新・カモメ情報 2013.3.4 銚子に同一個体があ…

続きを読む

不明雑種カモメ第2回冬羽130216千葉県

Problematic gull second or third winter 130216 Japan. ジズは嘴の大きな♂のワシカモメだったが、嘴に黄色が広く、頭部が白なのでシロカモメが入っているかとも思ったが、虹彩が黒くなにより初列風切が濃いのでxシロはないか。それならxオオセグロはどうか。虹彩が黒いところを含めオオセグロらしきところはない。シロxセグロは?いや、やはり顔つきがワシだもの…

続きを読む

小型シロカモメ第1回冬羽130202千葉県

Glaucous Gull (probably Larus hyperboreus barrovianus ) first winter 130202 Japan. 頭部には丸みがあり嘴は小さめ、初列風切の突出は比較的ある(嘴より少し長い)。初列は白。眼は大きくない。現場ではアイスランドカモメには見えず。 Glaucous Gulls (Larus hyperboreus pallidi…

続きを読む

雑種シロカモメxセグロカモメ冬羽121228千葉県

Possible hybrid Glaucous x Vega Gull winter 121228 Japan. 初列風切のパターンはカナダカモメに似るが先端の白がより大きい。体に対して頭部が小さいプロポーションもカナダとは違う。 Possible hybrid Glaucous x Vega Gull first winter 121124 Japan.

続きを読む

雑種シロカモメ x ワシカモメ第1回冬羽・第2回冬羽120318千葉県

Possible hybrid Glaucous x Glaucous-winged Gull first winter 120318 Japan. 全身白だったので普通にシロカモメだと思って顔を見て驚いた。顔がシロじゃない。 大きさはオオセグロカモメと同大。嘴はごつくツートーンが明瞭でない。雑種だとしてシロx(シロxワシ)かシロ(シロx(シロxワシ))あたりか。 Possible h…

続きを読む

雑種オオセグロカモメxワシカモメ・ワシカモメ第2回冬羽120303千葉県

Possible hybrid Slaty-backed Gull x Glaucous-winged Gull second winter 120303 Japan. 遠めに見た第一印象はやけに濃いワシ。近づいてみるとやはりちょっと変だ。背の灰色から第2回なのだが、雨覆は白地に比較的明瞭な細かい褐色斑がありオオセグロの第1回を思わせた。初列はあまり濃くは見えないが、尾は幅広く褐色で腰の白とコ…

続きを読む