亜種ビルラセグロカモメ?冬羽220129茨城県(追記220206)

Taimyr/Birula's Gull (Possible Larus vegae biluai ) nonbreeding 220129 Japan. 全体的なjizzはタイミルセグロカモメに近い。背は平均的なタイミルより薄い。フィールドでは周囲のセグロカモメと同程度か僅かに薄く見えた。初列の換羽はセグロより遅く、P9・P10伸長中。 追記220206:氏原&氏原著『日本のカモメ識別…

続きを読む

モンゴルセグロカモメ、ではない!?171216千葉県

Taimyr/Birula's Gull nonbreeding 171216A Japan. 頭部から後頸にかけてほとんど斑がない。上面の灰色の濃さはセグロカモメと同程度。上嘴に暗色斑があり、足は薄いピンク。モンゴルセグロカモメかと思ったが、初列風切の換羽が遅い。P8が伸長中で、P9とP10は旧羽。P4に黒斑がある。 Taimyr/Birula's Gull nonbreeding …

続きを読む

淡色セグロカモメ第4回冬羽140405千葉県(画像追加140412)

Problematic large white-headed gull 4th winter 140405 Japan. セグロカモメより背の灰色は薄い。オービタルリングは少しオレンジがかった黄色。初列風切の黒はP4-P10。これら記述だけからならアメリカセグロで問題ない。しかしフィールドでの印象はアメリカとは異なる。背はセグロよりは薄いがアメリカにしてはやや濃いか(個体差の範囲内であるかもし…

続きを読む

タイミルセグロカモメ冬羽121124茨城県(追記121202)

Taimyr Gull nonbreeding with Vega Gull 121124 Japan. 背の灰色はセグロより少し濃い。初列風切P7-P10は旧羽で、新羽は三列から出ていない。足は薄い黄色。体形はスマートで翼が長い。Akimichi ArigaさんのNo.121124-80HD-S110-01270と同一。 タイミルセグロカモメはこれまでセグロカモメとホイグリンカモメの交雑に…

続きを読む

ビルラセグロカモメとは121124茨城県

Birula's Gull or Taimyr Gull nonbreeding with Vega Gull 121124 Japan. セグロカモメの亜種ビルラセグロカモメ(仮称)Larus vegae biluai を知ったのは16年前のBIRDER4月号だった。ホウゲンドウルンらはそこで、vegaeの上面濃さを「中ぐらい」としbirulai は「淡色ないし中ぐらい」とした。足は肉色~…

続きを読む