カナダカモメ冬羽、足の悪い181201千葉県

Possible Thayer's Gull nonbreeding 181201 Japan. 体のサイズはセグロカモメと同じくらい。背はセグロカモメよりやや薄い。初列風切は、旧羽無く9-10は伸長中。虹彩は黄色。足色は周囲のセグロより濃い。両足正常でない。嘴がやや華奢であること、背がそれほど薄くないこと、オービタルリングが薄紫であること、等により雑種シロxセグロカモメではないと思われる。

続きを読む

カナダカモメ第1回・第2回・成鳥180329千葉県

Thayer's Gulls first winter 180329AB Japan. 個体A:P3/P10初列抜け。個体B:大きめ。 Thayer's Gull second winter 180329C Japan. 「紛失」ではなさそう。 Thayer's Gulsl 180329DEFG Japan. 最後の個体Gのみ時間差があるのでDEFのいずれかと同一の可能性がある。

続きを読む

カナダカモメ第2回冬羽180216千葉県(追記180307)

Possible hybrid Larus hyperboreus x L.sp Thayer's Gull second winter Japan. 羽衣パターンはカナダカモメに近いが、サイズ、嘴は大きい。翼は短め。 追記180307: タイトルを雑種シロカモメxセグロカモメからカナダカモメへ変更した。 Thayer's Gull first/second winter 170…

続きを読む

カナダカモメ第4回冬羽180216千葉県

Thayer's Gull nonbreeding 180216B Japan. 下嘴に赤が出ているが、上下嘴に黒斑が残るので第4回(あるいは5回)か。 Thayer's Gull fourth winter 180216C Japan. 上下嘴に黒斑、下に赤ほぼ無し。尾に若干黒斑見える。初列風切の先の白は小さくはいなので第4回と思われる。対岸では虹彩の撮影は難しい。

続きを読む

カナダカモメ冬羽、虹彩による個体識別180216千葉県

Thayer's Gull nonbreeding 180216A Japan. 頭部の灰褐色の斑が濃い個体A。飛翔中に発見したが、地上に降りても羽をたたむ前に飛び立ってしまい戻ることはなかった。このような状況でも、虹彩のパターンが撮れれば個体識別が可能である。 Thayer's Gull nonbreeding 180216A/180120C Japan. 虹彩のパターンが一致してい…

続きを読む

カナダカモメ第1回冬羽・冬羽170401茨城県・千葉県●(追記170422)

Thayer's Gull 4th/5th winter 170401C Japan. 初列風切P7が欠けている。黒はP6まである。上嘴に黒帯がかすかに残る。オービタルリングは部分的に赤くなっているが褐色部分も残っている。これらの形質が成長途上を示すなら、第4回または第5回程度の齢か。 Thayer's Gull nonbreeding 170401D Japan. Thayer'…

続きを読む

カナダカモメ第2回冬羽2個体170401茨城県●

Thayer's Gull second winter 170401A Japan. 嘴、体部、雨覆、三列風切等第1回のようにも見えるが肩羽に灰色が少なからず出ているので第2回だろう。 Thayer's Gull second winter 170401B Japan. 嘴に黄色味が出ていて、初列風切の先に小さい淡色斑があるところは第3回のようだが、雨覆、三列風切に灰色がなく尾の暗色帯…

続きを読む

カナダカモメ第1回冬羽、摩耗退色の経過170328千葉県

Thayer's Gull first winter 170328 Japan. 大きい嘴2色。 Thayer's Gull first winter 170105/0128/0219/0328 Japan. 1月5日、1月28日、2月19日、3月28日の同一個体。嘴の基部の淡色が広くなっていくのがわかる。三列のパターンや嘴の形状等が一致することより、同一個体であることがわかる。

続きを読む

カナダカモメ第12回冬羽170318茨城県

Thayer's Gull 12th winter 170318B Japan. ご子。茨城県。 Thayer's Gull nonbreeding 170318A Japan. 千葉県。 やっと土曜に休みが取れ1か月ぶりのカモメだった。が漁がなかったため、出がすこぶる悪かった。無念。

続きを読む

カナダカモメ第12回冬羽170105千葉県(追加170120)

Thayer's Gull 12th winter 170105D Japan. 個体D:ご子。額の羽毛のでっぱりと虹彩の明暗の左右差(左の方が明るい)等で識別できる。 追加170120: 画像4と5を追加した。→Ujimichiさんのツイッター Thayer's Gull nonbreeding (with Vega Gull)170105C Japan. 個体C。ご子に比べると、…

続きを読む

カナダカモメ第1回冬羽170105千葉県

Thayer's Gull first winter 170105B Japan. 頭部から胸部、腹部は均質な灰褐色。初列風切は三列よりは明らかに暗色で羽縁の淡色は狭い。嘴は小さく基部がやや淡色になっている。体の大きさはオオセグロカモメより一回り以上小さい(画像2)。2羽いたカナダカモメ成鳥とたびたび接近しツーショットになった(画像3)。下尾筒には明瞭な横斑がある(画像5)。

続きを読む

カナダカモメ第2回冬羽170105千葉県

Thayer's Gull second witer 170105A Japan. セグロカモメより小さく、背の灰色が薄い。カナダカモメ第2回にしては頭部が白く初列風切が濃い。頭部に丸みがあり、嘴は小さい。日の入りに発見。

続きを読む