アオシギ181216茨城県

Solitary Snipe 181216 Japan. 林の中を流れる細くやや急な沢と開けたやや広く浅く緩やかな流れとの境目が狙い目。そういうところには大概民家がある。 里山ではあちらこちらで焚火の煙が立ち上っていた。煙が霧のように立ち込めた沢に、この鳥を発見する。双眼鏡で、40mの距離で見つけた時にはとうにこちらが発見されており、じっと身を潜めていた。にじり寄ろうと一時足元に注意を向けた…

続きを読む

アオシギ170306茨城県

Solitary Snipe 170306 Japan. 水路の中央付近で発見。日中は水際にいるのが常。夜の方がアクティヴになる?撮影時刻は今朝の3時26分。

続きを読む

夜のアオシギ170114茨城県

チュウジシギ、ヤマシギなどと同様にアオシギも夜間活動するはず。今日、夜の沢、水路を探す。撮影は叶わずも、3m程度の場所から飛び出し、左右に揺れるように上昇し飛び去るのを目撃した。これが清棲のジグザグかと納得した。まだ誰も目にしたことのない夜のアオシギの画像、いずれ撮れそう。

続きを読む

アオシギ、分布と亜種161120茨城県

Solitary Snipe Gallinago solitaria japonica 161120 Japan. 分布 SHOREBIRDSの分布図(P.Hayman et al. 1986)を見ると、近縁種にない特徴があることに気付く。 ① 多くの場所で留鳥である。アフリカや南米ではあるものの、ユーラシアのタシギ属では他に例がない。 ② 産地が複数に分断されている。これは森林限界付近…

続きを読む

アオシギは青いのか?160313茨城県

Solitary Snipe Gallinago solitaria japonica 160313 Japan. 顔や体の白色部はうっすらと青灰色みを帯びている。和名の由来はそこから 真木ら著 『日本の野鳥650』 全体的に青みを帯びているのが名の由来 NHK出版『里山の野鳥ハンドブック』 中・小雨覆に灰色を帯びた淡い青味があり、 叶内著『新版日本の野鳥』 アオシギのアオ…

続きを読む

ジシギ類の骨格

Skeletal structures of Common, Swinhoe's, & Solitary Snipe 090101 Japan. 上から、タシギ、チュウジシギ、アオシギの頭蓋090101鳥の博物館。 嘴の長さはタシギとチュウジで差はあまりないが、チュウジでは基部が太く、頭部がタシギより大きく前後にやや長く見える。それはフィールドでの印象と一致する。タシギの頭部はチュウジに比べ…

続きを読む