コクマルガラス(動画)180105千葉県(追記180107)

Daurian Jackdaw first/second winter 180105 Japan. 後頸から胸が灰色。第1回または第2回冬羽と思われる。ミヤマガラス、ハシボソガラスの混群に1羽いた。 追記180107: Daurian Jackdaws first winter 180107 Japan. 160羽のカラス混群にコクマルガラスが7羽いた。最後の画像に6羽写っているがそ…

続きを読む

コクマルガラス幼羽(動画)151123千葉県

Daurian Jackdaws juvenile 151123 Japan. ミヤマガラス、ハシボソガラスの混群に3羽いた(画像2の手前の3個体)。淡色型は今のところ見られず。 本ブログ全体のページヴューが開設9年で100万を超えた。注目に戸惑う(消去したい)エントリーもあるが、多くの人に見てもらえることはありがたいことであり身の引き締まる思いである。オーディエンスのお陰でずいぶん成長…

続きを読む

コクマルガラス淡色型(動画)・幻日140125千葉県

Daurian Jackdaws adult & first winter 140125 Japan. ミヤマガラス、ハシボソガラスとの混群に少なくとも15羽いた。うち淡色型は2羽で昨季の2羽と同一と思われる。2羽の淡色型の淡色部分は一方が純白に近く(画像1左、画像3-5)、他方は体下面は灰色がかる(画像1右、画像2、6)。 画像4-6の淡色型と暗色型の羽衣の光沢に注目。淡色型では全体に光沢…

続きを読む

コクマルガラス第1回冬羽121125千葉県

Daurian Jackdaws first winter121125 Japan. 埋土種子を食う。頭部、背、肩羽等には青味がかった金属光沢があるが、大雨覆、三列・初列風切、尾等は暗褐色。画像4はコクマル、ミヤマ2羽ずつ。 今朝は気温0℃、霧、氷、霜。

続きを読む

コクマルガラス淡色型(動画)121111千葉県

Daurian Jackdaws pale form 121111 Japan. ミヤマガラス250羽中に7羽おり内2羽が淡色型だった。いくら大きな群れでも探すまでもなく独特な鳴き声でコクマルの存在を知ることになる。 Svenssonのガイドによれば、淡色型は全ての成鳥と少数の幼鳥であり、暗色型は未成鳥に限られ成鳥にはいない。成鳥羽衣には紫がかった光沢があり、尾羽は幅が広く光沢ある黒色だが、…

続きを読む

コクマルガラス、・・・を食う121104千葉県

Daurian Jackdaws 121104 Japan. ミヤマガラス、ハシボソガラス80羽の混群に2羽いた。白色部はないが羽衣に光沢があり褐色味はないように見えたので成鳥?画像4は足の裏。田を掘り起こし何を食べているのか結局不明。

続きを読む

コクマルガラス120109-千葉県

Daurian Jackdaw 120121 Japan. 道に溜まった雨水を飲む。田んぼでは丸いものを拾った。 Daurian Jackdaw 120109 Japan. 今冬はコクマルが多かった。25羽の群れ。

続きを読む

コクマルガラス第1回冬羽(動画)・幻日100208-千葉県

Daurian Jackdaw first winter with Carrion Crow 100211 Japan. コクマルガラス第1回冬羽100211千葉県。耳羽と後頸に灰色の筋状の斑がありうつむくと銀のえりまきをつけているように見える。胸のごく一部と中央の尾羽の端に白斑がある。虹彩は黒。以前は九州に行かないと見られなかったのが、この数年関東でも見られるようになった。 Dauri…

続きを読む