タカブシギ第1回夏羽・夏羽~冬羽140813-茨城県

Wood Sandpiper molting adult 140813 Japan. 初列風切P1-4は新羽、P5(6)は伸長中。P7-10は旧羽。次列の換羽は始まっていない。尾は中央は新羽。昨年の夏。 Wood Sandpiper first summer 140813 Japan. 初列風切P6が針状に磨耗している。P3が伸長中。 Wood Sandpiper first s…

続きを読む

タカブシギ夏羽150712茨城県

Wood Sandpiper breeding 150712 Japan. 海岸に少し遅れて内陸シギチドリも秋の渡り始まる。タカブ1、クサ2、オオジ2。 タシギも2、こちらは越夏だろう。

続きを読む

タカブシギ幼羽-140928茨城県

Wood Sandpipers juvenile 140928 Japan. 個体A:左足が機能不全の個体。ほぼ完全な幼羽。個体B(画像2、3):背、中雨覆・大雨覆の一部は第1回冬羽。 Wood Sandpipers juvenile 140820 Japan. 渡って来たばかりの幼鳥。

続きを読む

タカブシギ冬羽~夏羽140420茨城県

Wood Sandpipers molting adult130420ABC Japan. 個体A。背と肩羽の一部が夏羽。雨覆、三列風切等はぼろぼろ。 個体B。個体A同様、背と肩羽の一部が夏羽。雨覆には磨耗の進んだ部分とそれほど進んではいないが新羽ではない部分があるので、第1回夏羽かもしれない。 個体C。ほぼ換羽が済んだ夏羽の個体。

続きを読む

タカブシギ第1回夏羽130731茨城県

Wood Sandpiper first summer 130731A Japan. 個体A。灌水休耕田に入った20羽のタカブシギのうち、少なくとも3羽が他の個体とは明らかに羽衣が異なっていた。他の個体は磨耗した夏羽だったが、3羽には新鮮な冬羽と思われる羽が見えた。しばらく粘って初列風切を確認した。個体Aの初列P6~P10は幼羽、P1、P2は新羽、P3~P5は筆毛だ。 Wood Sand…

続きを読む

タカブシギ冬羽120813茨城県

Wood Sandpiper nonbreeding 120813 Japan. タカブは成鳥に交じって幼鳥が見られるようになった。成鳥はほとんど磨耗の激しい夏羽だったが、この1羽のみ冬羽に換羽していた。初列風切は内側は新羽。途中脱落、外側は旧羽(幼羽?)。第2回冬羽の可能性あり。 Wood Sandpiper breeding with Little Ringed Plover 120…

続きを読む

タカブシギ夏羽110810茨城県

Wood Sandpiper breeding 110810 Japan. 小雨覆等に褐色の磨耗の激しいところが見える。幼羽かとも思ったが初列がそれほど磨耗していない(初列は幼羽ではない)。

続きを読む

タカブシギ夏羽・幼羽110717-茨城県(追記110802)

Wood Sandpipers breeding 110717-25 Japan. 画像1、2は7月25日、画像3は7月17日撮影。 追記110802: Wood Sandpipers juvenile & breeding (with Grey-tailed Tattlers)110728 Japan. 左手前がタカブの幼羽。黄土色っぽく、斑が明瞭。成鳥から11日遅れての観察。右端…

続きを読む

タカブシギ成鳥と幼鳥の個体数の変動1007-08茨城県

Wood Sandpiper breeding 100810 Japan. タカブシギ成鳥夏羽100810茨城県。かなり磨耗した夏羽。 タカブシギ成鳥と幼鳥の個体数の変動1007-08茨城県。 休耕田に水の入った7月中旬に成鳥が入った。7月下旬に成鳥の個体数が少し増加した。幼鳥が入ったのが8月のはじめである。幼鳥のピークは8月中旬で、成鳥は目立つピークはなく、水の涸れた8月下旬に幼鳥と…

続きを読む

タカブシギ第1回夏羽~第2回冬羽100805茨城県

Wood Sandpiper first summer 100805 Japan. タカブシギ第1回夏羽~第2回冬羽100805茨城県。成鳥は7月中旬から見られているが、8月になり幼鳥が渡ってきた。1羽ひときわ換羽の進んだ個体がいた。肩羽、大雨覆に白色羽縁で灰色の冬羽が見える。内側初列風切P1、P2も新羽で、P3-P6は脱落または伸長中、外側のP7-P10は褐色のおそらく幼羽だと思われる。越冬…

続きを読む

オグロシギ夏羽ほか090506千葉県

連休最終日は雨。利根川両岸の水田、蓮田を巡るも、どこへ行っても鳥は少ない。目についたのはウズラシギ、オグロシギ、メダイチドリくらい。タカブシギすらほとんどいない。 Eastern Black-tailed Godwit Limosa melanuroides breeding 090506 Japan. オグロシギ夏羽090506千葉県。日本で見られるオグロシギは通常、Limosa li…

続きを読む

タカブシギ冬羽081006千葉県

12羽の群に成鳥は2羽いた。成鳥の冬羽は地味だけれど味わい深い。 Wood Sandpiper adult nonbreeding 081006 Japan. タカブシギ冬羽081006千葉県。上面は灰色味があり白い羽縁、下面は斑なく白。 Wood Sandpiper adult nonbreeding & 1st winter 081006 Japan. タカブシギ第1回冬羽と…

続きを読む

タカブシギ幼羽・ヒバリシギ幼羽ほか080805茨城県

シギの渡りは、幼鳥でも始まったようだ。 カタブやヂシギは、だいたい3週間遅れくらいか。 Wood Sandpiper juvenile 080805 Japan. タカブシギ幼羽080805茨城県。上面の羽縁に黄色っぽい斑があるのが幼羽の特徴。幼羽はこれ1羽のみ。 Wood Sandpiper breeding 080805 Japan. タカブシギ夏羽080805茨城県。すり…

続きを読む