アオサギ、吐きだしたのはヘビの頭191013千葉県

Grey Heron 191013 Japan. 夜明け前の冠水した田んぼでアオサギがつかえた何かを吐き出そうと下を向き嘴をいっぱいに開いている。しばらくあがくと糸を引いて塊が足元にぽとりと落下した。ヘビの頭のようにもカエルの頭のようにも見える。

続きを読む

コゲラ、追う190907千葉県

Japanese Pygmy Woodpecker 190907 Japan. サクラ林の林冠を2羽の小鳥が円を描いて飛んでいる。半径は10m程度。双眼鏡を覗くと褐色に白斑が見える。どうもコゲラのようだった。10周以上回って両者は少し離れたところに降りた。1羽がタララララ…ドラミング。また追いかけっこ。これを延々と繰り返す。 翌日同所を再訪、驚いたことにまた2羽が追いかけっこをしている。昨日…

続きを読む

オオジシギ幼羽、ミミズを食う(動画)190829千葉県

Latham's Snipe molting juvenile 190829 Japan. 肩羽換羽中。雨覆は幼羽。中央尾羽は他の尾羽に比べて短い(換羽中?)。最後の画像を見ると、尾羽は18枚と思われる。初列風切からはみ出して見える右下の白い羽が最外側尾羽(R9)。 刈田に幼鳥が1羽入った。田の中央あたりで発見した瞬間、二番穂を横切って横に走り出し、何度か立ち止まりながら畔まで進む。畔の側面…

続きを読む

コシジロウズラシギ採餌(動画)、ゴカイを食う190814千葉県(追記190819)

White-rumped Sandpiper molting adult with Red-necked Stint juvenile 190814 Japan. トウネンと同様の採餌を行っていた。河口部の水際の表面から画像や動画では確認できないプランクトン等の微生物あるいはバイオフィルムを摘み取っていると思われる。数分に一度程度はゴカイを捕食していた。 概してミユビシギ90羽の群れと行動を…

続きを読む

オオメダイチドリ幼羽、コメツキガニを捕食190807千葉県

Greater Sand Plover juvenile/ Sand bubbler crab 190807C Japan. 水際から数mの位置で獲物を目視、一直線に走り寄り、眼柄?を摘み、反転し走りながら咥え直し、水際で放し、再度咥え直して足は外すことなく丸飲み。15分で大小5匹捕食した。 この日は3羽の幼鳥が観察されたが、これはそのうちの個体C。 オオメダイを初めて見たのは1981年…

続きを読む

バン、ガマの穂を食う190106千葉県

Common Moorhen & Eurasian Coot 190106 Japan. バンの幼鳥がヒメガマの茎をするすると上った。穂に届くと茎がポキッと折れた(意図的に折った?)。それを見ていたオオバンがバンを追い払い、すごい勢いでガマの果実を貪った。

続きを読む

オバシギ採餌行動180825千葉県

Great Knot juvenile 180825 Japan. オバシギが砂浜で何を食べているのか確かめるべく、嘴を下すのを片っ端から撮った。わかったのは、小さな団子状の砂盛(獲物の排出物)をめがけて閉じた嘴を差し込み差したまま嘴を開き、おそらく舌で小さな獲物を口内へ運んでいることだ。頭を起こすときには常に嘴の上下に砂団子の半球がくっついていた。

続きを読む

標識タマシギ♂鳴き声(動画)、♀、幼羽180809-千葉県

サイトAとB(AB間は1.2km)2カ所におけるタマシギの1週間。 8月9日、サイトA。♂標識1、幼鳥3。幼鳥3羽は一緒に行動、♂は約20m離れたところで一見別行動。 Ringed Greater Painted-snipe 180809D Japan. 右跗蹠に褐色に変色した金属リングが付けられている。 Greater Painted-snipe juvenile…

続きを読む

タマシギ♀第1回夏羽180802千葉県

Greater Painted-snipe first summer ♀ 180802 Japan. 照明周辺の鳥影に白線が浮かんだ。タマシギ♀の白い肩羽は夜一際目を引く。 以前から不思議に思っていたのだが、これだけ顕著な特徴である白線が図鑑にはほとんど取り上げられていない。例えば、山渓日本の野鳥、550図鑑、650図鑑には、白線の記述も白線が写っている雌の写真もない。もしかしたら、白線が…

続きを読む

コアジサシ給餌行動180506東京都

Little Terns breeding 180506 Japan. 雄による雌への給餌行動の機能は、繁殖段階(①つがい形成前、②つがい形成後から産卵期、③抱卵期)で異なると考えられる。 →鳥類における雄から雌への給餌行動の機能(遠藤幸子(2014))

続きを読む

ヒヨドリ、サクラ花粉180328千葉県

Brown-eared Bulbul 180328 Japan. 嘴は花粉で黄色く色づく。嘴の先から細い舌がわずかに出ている。スズメのように花の構造を破壊することはなく、受粉を促すポリネーターたり得ることが理解できる。

続きを読む

ヤマガラ、巣材収集180325千葉県

Varied Tit 180325 Japan. サクラの幹を覆う蘚類をむしり取る。外灯を訪れたのはクモの糸が目的か。接近するシジュウカラは執拗に追い払う。 Eastern Great Tit 180325 Japan. カンヒザクラとソメイヨシノが同時に咲いた。

続きを読む