オオソリハシシギ幼羽・夏羽190826千葉県

Bar-tailed Godwits breeding ♀/juvenile ♂ 190826 Japan. 河口のシギチドリ混群に2羽いた。成鳥は嘴が長大で羽色に赤味がないので♀、幼鳥は嘴が短めで体サイズが小さいので♂と思われる。最後の画像の中央はオオメダイチドリ幼羽。

続きを読む

標識オオソリハシシギ♀♂・標識ハマシギ160504千葉県

Bar-tailed Godwits breeding 160504 Japan. ハマシギ等とともに45羽いた。小さく嘴の短い♂と大きくて嘴の長い♀の差異がよくわかる。右端に標識ハマシギ。左脛に青フラッグ、左跗蹠に白リング。 Bar-tailed Godwit ♂first summer 160504 Japan. 他の♂に比べて赤が限定的。三列風切や雨覆等…

続きを読む

AKBのオオソリハシシギ、続報130525茨城県

2013年5月25日に茨城県で観察したオオソリハシシギ「AKB」の記録が回収記録原本として保存されたと今日連絡があった。 2012年2月11日オーストラリア南東部、ヴィクトリア州のフィリップ島(38.28S、145.19E)で成鳥(性別不明)に標識放鳥された。標識放鳥後469日。移動距離は8275km。 回収記録として認められるとそのたびに画像のようなステッカーが山階から送られてくる。

続きを読む

標識オオソリハシシギ「AKB」130525茨城県

Colour-flagged Bar-tailed Godwit 130525A Japan. 左跗蹠金属リング、右脛オレンジフラッグ「AKB」の付けられたオオソリハシシギを観察した。3羽のオオソリハシシギの1羽。山階鳥類研究所特任研究員広居忠量氏によれば、オーストラリアのヴィクトリア州で放鳥された。 Bar-tailed Godwits 130525BC Japan…

続きを読む

オオソリハシシギ嘴を曲げる130601茨城県

Bar-tailed Godwits ♀♂ breeding 130601 Japan. シギが上嘴を反らすのはたびたび目にするが、その逆はどうだろう。画像1の嘴に注目。獲物は小魚。雌雄の嘴の長さの差にも注目。亜種baueriの雌雄の嘴峰は、♀:95-119mm、♂:72-94mmで、オーヴァーラップはあるが中央値で♀は♂の1.3倍もある。

続きを読む

オオソリハシシギ幼羽111126茨城県

Bar-tailed Godwit Limosa lapponica baueri juvenile ( with Grey Plover )111126 Japan. 幼鳥の渡りは成鳥より遅れはするがそれでもこの辺で見られるのは10月までで、11月下旬は異例だ。海辺にダイゼンと2羽がポツンと寄り添っていた。 頭部や胸、背は第1回冬羽に換羽しているようだが、翼は幼羽のまま。幼羽羽縁特有のバフ…

続きを読む

オオソリハシシギ幼羽9個体 101011千葉県

Bar-tailed Godwit juvenile 101011 Japan. オオソリハシシギ幼羽101011千葉県。個体A。 個体B。 個体C。 個体D。 個体E。 個体F。 個体G。 個体H。 個体I。 Bar-tailed Godwits オオソリハシシギ群れ101011千葉県。21羽いた。

続きを読む

オオソリハシシギ♀♂成鳥夏羽100706千葉県

Bar-tailed Godwit adult ♀ breeding100706 Japan. オオソリハシシギ♀成鳥夏羽100706千葉県。成鳥♀1羽、♂2羽とオバシギの混群。♀のほうが大きい。赤味はない。脇にぼんやりとした横斑が見える(幼羽では縦斑)。 Bar-tailed Godwits with Great knot 100706 Japan. オオソリハシシギ100706千葉…

続きを読む

オオソリハシシギ幼羽・タシギ091024千葉県

Bar-tailed Godwit juvenile 091024 Japan. オオソリハシシギ幼羽091024千葉県。側胸に細かい縦斑、三列に三角の白斑。 Common Snipe with Dunlins 091024 Japan. タシギとハマシギ091024千葉県。独特のしわがれた声で存在に気づいた。干潟でハマシギの群れにタシギを見るのは記憶にない。

続きを読む

オオハシシギ(第1回)夏羽ほかシギ3種070505浮島

オオハシシギは20年前まではここいら辺では珍鳥、それが10年前くらいから見かけるようになり、今では少な目の普通種と言っていいかもしれません。 今この鳥を見つけると、アメリカオオハシシギではないかをまず確かめ、そうでないと、やっぱオオハシか、といった地位に成下がって(?)しまいました。 オオハシシギ(第1回)夏羽070505浮島。 ツルシギとの混群に4羽いました。雨覆の一部に退色と磨…

続きを読む

セイタカシギ♂とオオソリハシシギ060904銚子

  銚子でセイタカシギを見た記憶は、少なくともこの数年はありません。オオソリハシシギは、銚子では7月から10月に観察されます。   以前、夏の銚子では、それなりにシギチドリを楽しめたのですが、残念ながら最近は期待できない状態です。

続きを読む

オオソリハシシギ4個体・足環060822谷津干潟

  足環のついたオオソリハシシギ♂夏羽。左脛に青のフラッグ、左ふしょに白リング。右は不明。   オオソリハシシギ♂夏羽。肩羽の換羽が始まっています。かなり赤味が残っています。   オオソリハシシギ♂夏羽~冬羽。肩羽に灰色の冬羽が見えます。胸、脇、下尾筒に少し赤味が残っています。   オオソリハシシギ♀夏羽。腋に横斑が見えるので、幼羽ではありません。 …

続きを読む