ミツユビカモメの亜種と換羽080402茨城県

ミツユビカモメには、北アメリカ東部、ヨーロッパ、ロシアに分布する基亜種Rissa tridactyla tridactylaと北太平洋からベーリング海に分布するR.t.pollicarisの2亜種が認められています。 日本で見られるのはポリカリスです。 東シベリア海の個体群は中間型といわれています。基亜種、あるいは中間型は日本で観察される可能性は少なからずあると思います。 基亜種に対するポ…

続きを読む

ミツユビカモメ070210銚子

ミツユビカモメはまだ少なく、なおかつ近づかないのですが、ただこの鳥が増えるのは毎年3月なので、今年が例外的に少ないわけではありません。ここ数年ミツユビのピークは、3月末から4月上旬です。この時期港内に数百が入ります。 今年の1月14日には神栖沖で4000羽のミツユビの群れが浜から見られました。こうした大群が港に紛れ込んだら、きっと足の赤いのも見つかるのでしょうが。 Kittiwake…

続きを読む

ミツユビカモメの群れ060331波崎

 060506波崎、オオセグロカモメの小群に1羽のミツユビカモメがいました。昨年も5月上旬がミツユビカモメの終認でした。  あまり多くないカモメですが、4月の渡りの頃には比較的大きな群れが、波崎、銚子を通過します。時に、これだけのミツユビカモメがいったいどこにいたのかと不思議に思うことがあるのですが、060331波崎の群れは破格でした。  ミツユビカモメの群れ060331波崎。次々に出港…

続きを読む