ウミスズメ160523千葉県

Ancient Murrelet first summer 160523 Japan. 磯の岩の上から水中を飛ぶ様に泳ぐウミスズメを見下ろした。病気なのか羽毛が水をはじいていないように見えたが元気だった。初列風切が褐色で磨耗が激しいので幼羽かもしれない。

続きを読む

ウミスズメ160326千葉県

Ancient Murrelet nonbreeding 160326 Japan. ウミスズメは黄海、日本海、オホーツク海からアリューシャン列島、北アメリカ西岸まで分布しており、Synthliboramphus antiquus antiquus とS.a.microrhynchosの2亜種が認められている(HBW)。この2亜種の分布を見ると違和感を感じずにいられない。日本で見られる基亜種が…

続きを読む

ウミスズメ冬羽160221千葉県・茨城県(改訂160222)

Ancient Murrelets nonbreeding 160221 Japan. 千葉県で9羽、茨城県で5羽の群れを見た(動画、画像1、2は千葉県、画像3、4は茨城県で撮影)。 岸に接近するのは採餌の時のみ。採餌モードになると水面上に姿を見られるのは2、3秒で、潜ると20秒は浮上せず、潜った位置から数m離れた所に出てくる。高い声で盛んに鳴いていた。 Ancient Murrele…

続きを読む

ウミスズメ夏羽080523千葉県

この鳥がいつ見られるかこの数年のフィールド・ノートを見てみました。記録があったのは、2,3,4,5月と11,12月でした。1月と6~10月には出ていませんでした。繁殖期に見られないのはわかりやすいのですが、1月に出ていないのが意外、と思ったのですが、カモメばかりに気をとられているせい? Ancient Murret adult breeding 080523 Japan. ウミスズメ夏羽…

続きを読む

ウトウなど070412神栖

4月は海鳥が面白い。 カモメがまったくだめだったので、海鳥探しに変更。そこそこいるのですが、なんせ遠い。 海の色が、浅瀬の緑から藍色に変わるさらに向こう辺りなので、たぶん1km以上沖の波間に見え隠れしているのだけれど、60倍でも、ゴマ粒ほどにも見えない。 目が慣れてくると、嘴がオレンジのウトウや背が灰色になったウミスズメの群れなどが見えてくる。 ウトウ夏羽070412神栖。遥か沖…

続きを読む