キクイタダキ・シメほか090111千葉県

キクイタダキ090111千葉県。林の梢で声はすれどなかなか姿を見せてくれない。昨季ほど数は多くなく撮影は難しい。 → キクイタダキ080210千葉県 →キクイタダキ080207千葉県 →キクイタダキ071108手賀沼 ビンズイ090111千葉県。例年より多い。7、8羽の小群で行動している。 シメ♂090111千葉県。アトリやビンズイより用心深く、こそっと来てあっという間に去る。

続きを読む

キクイタダキ080210千葉県

連写というものをこれまでまったく使ったことがなかったけれど、体験してみると、なるほどこういった写真が苦もなく撮れるのか、と納得した。けれど、これは実力ではないよな、とも思う。 キクイタダキ080210千葉県。

続きを読む

キクイタダキ080207千葉県

キクイタダキ080207千葉県。 スギの木で、無心に昆虫を食べていました。2羽がずいぶん低いところまで降りてきてくれました。以前「手賀沼では秋に少数見られます」と書いたのですが、今冬は手賀沼周辺ではあちこちで越冬しています。

続きを読む

キクイタダキほか071211千葉県

斜面林に朝陽が射し込む頃、スギの木にシジュウカラ、メジロ、コゲラの混群がやってきました。双眼鏡を覗けば2羽ちっこいのが交じっています。 キクイタダキ071211千葉県。 すばしっこくてなかなかシャッターを切れません。この日たった一回切ったのがこのワン・ショットでした(もちろん連射なんてありません)。 ルリビタキ(第1回冬羽?)071202千葉県。 地鳴きしているとこです。撮影には…

続きを読む

キクイタダキ071108手賀沼

手賀沼では秋に少数見られます。今日は4羽いました。その上低いとこまで降りてきました。でもちょこまかせわしなく撮るのは至難。 キクイタダキ071108手賀沼。 言わずも知れた日本で一番小さな鳥。重さは6g。でもヒメハチドリよりは2倍以上重い。

続きを読む