トモエガモの群れ171224千葉県

Baikal Teals with Common Pochards 171224 Japan. 手賀沼での観察は25年になるが、これほどの数のトモエガモの群れを見るのは初めて。印旛沼から移動してきたか。1地点のみで、トモエ75、ホシハジロ80。

続きを読む

ハリオシギ幼羽150913千葉県(改訂160102/二訂160103/三訂160201)

Pin-tailed Snipe juvenile 150913 Japan. 日時天候: 発見したのは2015年9月13日17時15分。この日の日の入りは17時51分で辺りは薄暗くなり始めていたが、発見直後に西の空の雲間から西日が二番穂の間隙に差込んだ。この日の天候は午前中は日が出ていたが、次第に雲が空を蔽い、午後の日照時間は夕方の3分であった。 東海地方に上陸した台風18号の影響で千葉県…

続きを読む

オオセッカ地鳴き・囀り150330-千葉県

Marsh Grassbird 150331 Japan. 前日に地鳴きを聞いた場所で囀りを確認した。チャクチャクチャクとともに、キュッキュと聞こえる。デュエッティングかと思ったのだが2羽いるようには思えなかった。3日間粘ったがディスプレイフライトは見られず。姿が見えたのは数秒。背に縦斑があり、尾は楔形。 Marsh Grassbird 150330 Japan. この日はさえずりは聞…

続きを読む

コジュリン♂成鳥夏羽100812千葉県

Japanese Reed Bunting ♂ breeding 100812 Japan. コジュリン♂夏羽100812千葉県。手賀沼周辺で囀る夏羽を見るのは初めて。 追記100814: 『手賀沼の鳥Ⅱ』によれば過去に手賀沼周辺でコジュリンが観察されているのはいずれも冬季で、夏季に観察された記録はない。

続きを読む

コサメビタキ100501千葉県

Asian Brown Flycatcher 100501 Japan. コサメビタキ100501千葉県。囀っていたので♂だろう。この時期の手賀沼周辺では稀。秋の渡りでは目にするが、春目にすることはないので、コースが違うのだろう。

続きを読む

アトリ♂成鳥100502千葉県

Brambling adult ♂breeding 100502Japan. アトリ♂成鳥100502千葉県。サクラの新芽を食べていた。ビンズイ4羽とつかず離れずで行動していた。通常5月に手賀沼周辺でこの鳥を見ることはない。

続きを読む

内陸の「タイミレンシス」成鳥冬羽~夏羽と標識セグロカモメ100411千葉県

Larus heuglini 'taimyrensis' molting adult with Vega Gulls 100411 Japan. 「タイミレンシス」成鳥冬羽~夏羽 100411千葉県。画像2、3の中央が「タイミレンシス」。背は両側のセグロよりやや濃い。翼が長くスマートに見える。初列風切の先の白がやや小さく見える。足の色は嘴の黄色に少しオレンジを足した感じ。 画像3の右のセグロ…

続きを読む

春の渡りの頃の内陸のカモメ類

3月から4月にかけて内陸の手賀沼や印旛沼周辺地域で冬の間はあまり見かけないカモメ類を見る機会が増える。渡り鳥は天体や地磁気など多様な情報をもとに渡りのコースを決めるが、海岸線などわかりやすい地理を目で確認しながら繁殖地を目指す。カモメ類にとって重要な視覚情報は海岸線だろう。銚子のカモメは太平洋岸を北上すると思われる。しかし、一部は少なくとも途中までは利根川を目印にコースを取るのではないか。 …

続きを読む

コブハクチョウ親子ほか090531千葉県

コブハクチョウ親子090531千葉県。今手賀沼ではコブハクチョウの子育て真っ盛り。 カルカモ雌雄090531千葉県。右が雄。この時期のカルガモはもっぱら田んぼで過ごす。 コチドリ夏羽090531千葉県。

続きを読む

シロハラ・アトリ・セイダイムシクイ090419千葉県

霧にかすんだ斜面林では、旅立ち前のクロジ、アオジ、オオアカハラがひかえめに囀る。シロハラ、アトリもまだいる。渡って来たばかりのセンダイムシクイの声も聴こえる。この季節の手賀沼は格別だ。 シロハラ成鳥♂090419千葉県。 アトリ090419千葉県。 センダイムシクイ090419千葉県。高い音は拾えないようで、始めのチヨ・チヨが聴こえない。

続きを読む

オオセッカ090412千葉県

断片的で不完全だが、オオセッカの囀りを手賀沼で聞いた。 わかりにくいかもしれないが、開始から3秒、6秒のあたりに聞こえる。

続きを読む

カモメ・オオセグロカモメ090405千葉県(追記090421)

内陸の湖沼でカモメ類が増えてきた。 4月1日、手賀沼で35羽のセグロカモメが観察された。 今日4月5日、北印旛沼で45羽のセグロカモメ、4羽のカモメ、そしてオオセグロカモメ1羽が観察された。カモメは比較的珍しく、オオセグロはかなり珍しい。 カモメ(手前)とセグロカモメ090405千葉県。 オオセグロカモメ(右)とセグロカモメ090405千葉県。対岸近くなので距離は1km以上ある。…

続きを読む

標識オオジュリン♂冬羽090126千葉県

Ringed Reed Bunting ♂adult nonbreeding 090126 Japan. 標識オオジュリン♂冬羽090126千葉県。画像3の右ふしょに金属リングが見える(画像1、2とは別個体)。文字は判読できず。上胸に黒斑が見えるので♂と思われる。 特に注意しているわけではないのだが、近頃よく標識を付けられた野鳥を目にする。以前はめったに見かけなかったと思う。

続きを読む

スズガモ♂成鳥081228千葉県

スズガモ♂成鳥081228千葉県。 内陸の淡水のこの地では、スズガモそれも♂成鳥はあまり目にしない。いても岸には近づくことはめったにないが、今日は強い西風があったためかすぐそこまで来てくれた。

続きを読む

冬の使者の訪れ・2008秋

鳥を見ていると季節の移ろいを感じさせられる。 管理人が観察した冬の訪れを告げる鳥たちの初認日を記す。 カケス   9月28日 イカル   10月11日 シメ     10月17日 ビンズイ  10月17日 キセキレイ 10月19日 ツグミ    10月21日 タゲリ    10月23日 タヒバリ  10月23日 これ以外にも、アオジ、ジョウビタキが観察されていると聞く。来て…

続きを読む

オナガガモ(動画)081019千葉県

Northern Pintail 081019 Japan. オナガガモ群081019千葉県。170羽いた。 Northern Pintail ♂ 081019 Japan. オナガガモ♂3個体081019千葉県。繁殖羽にはまだ早い。初列注目。 Northern Pintail 081011 Japan. オナガガモ群081011千葉県。10羽いた。 コガモ08101…

続きを読む

チドリの秋の渡り0807-09千葉県

コチドリとムナグロの個体数の変動08千葉県。 2001年から継続してきた茨城県南部の休耕田のセンサスを今年は、農家の人たちが悪質な野鳥カメラマン対策に水を入れなかったため、残念ながら断念した。 今年は千葉県でのセンサス結果を示す。シギ類ももちろん少なからず入るのだが、グラフ化するにはデータが不足したため示さない。 コチドリの渡りが波状に起こっているのか、それとも近隣を移動しているだけなのか…

続きを読む

オバシギ幼羽2個体080816千葉県

夕方雨が降ってきたのでまた田んぼに出る。残念ながらヂシギは見当たらず。しかし、オバが2羽入っていた。午前中の2個体とは別と思われる。 Great Knot juvenile 080816 Japan. オバシギ幼羽080816千葉県。土砂降りに寄り添っていた。一見して区別がつくほど羽衣に差異があった。 オバシギ幼羽080816千葉県。雨覆いに注目。縁以外黒っぽくうろこ状に見える。 …

続きを読む

オオバン・コブハクチョウの育雛080607千葉県

Eurasian Coot 080607 Japan. オオバン育雛080607千葉県。 餌はアシの柔らかい部分。雛の翼というか前肢といったほうがいいかも。強力な後肢に比べななんと貧弱なことか。雛の顔つきはおじいさん?。 コブハクチョウの親子080607千葉県。 今年は白い雛3羽。昨年の同じ番の雛は次をご覧ください。灰色と白でした。 手賀沼のコブハクチョウの不思議

続きを読む

アリスイ080323千葉県

キョッ・キョッ・キョッ・キョッ 早朝のアシ原から猛禽をおとなしくしたような声が届く。 キョッ・キョッ・キョッ 少し離れたところから応える。 あたりの灌木には一見して大形の鳥は見えないので猛禽ではない。アリスイか、モズか。 近くから聞こえた声の主はすぐ判明、やはりアリスイでした。 もう1羽を探す間も鳴き交わしています。でもアリスイは見えず。付近にモズがいます。いくら目を凝らしても、もう…

続きを読む

ウグイスの採食行動080323千葉県

シダレヤナギでウグイスが毛虫を獲っていました。 ウグイスの採食行動080323千葉県。 振り回しているうちに獲物はだんだん小さくなってしまいます。 同じような行動はツツドリでも一度紹介しました。 ウグイス080323千葉県。 ウグイスの囀りを撮るチャンスが巡ってきたのですが逆光でした。 初列風切のパターンが見えます。最外側がかなり短いのがわかります。

続きを読む

コハクチョウ080315千葉県

コハクチョウ080315千葉県。 2羽のコブハクチョウかと思ったら、1羽はコハクチョウでした。上空通過はありましたが、手賀沼に舞い降りたのは今季初でしょうか。ほぼ成鳥のようですが、嘴にピンクがちょっと見えるので若い個体と思われます。

続きを読む

ルリビタキ♂ほか080207千葉県

ルリビタキ♂冬羽080207千葉県。 ルリビタキ♂第1回冬羽080207千葉県。 ジョウビタキ♀080207千葉県。 なぜか額に青い羽があるように見えますがルリビタキではありません。 セグロセキレイ080207千葉県。 ヤマガラ080207千葉県。 行動半径が狭くなっていますが辛抱あるのみ。

続きを読む