ツミ♀♂成鳥110826千葉県

Japanese Sparrowhawk adult ♀110826 Japan. 蝋幕膜は黄緑、虹彩は黄色、アイリングは前側はオレンジ色味を帯びている。細く白い眉斑がかすかに見える。胸に縦斑はない。初列は揃っている(換羽はまだ?)。羽を立てると肩羽基部の白斑が目立つ。 Japanese Sparrowhawk adult ♂110826 Japan. ♀と鳴き交わしていた。

続きを読む

ツミ♂伸び(動画)090606千葉県

雨の日。雄が獲物の小鳥を運ぶ。三声小さく発すると雌が飛び出してきて奪うように持ち去った。雄は巣に入る。 しばらく雌は食事時間かと思うまもなく巣に戻る。えさをどうしたか確認できず。雄は傍の木で伸びをしたり羽繕いをしたりずいぶんと寛ぐ。 Japanese Sparrowhawk ♂ 090606 Japan. ツミ♂090606千葉県。

続きを読む

ツミ♀(動画)090605千葉県

幾羽ものムクドリが喧しい。まるで林が啼いているよう。 喧騒の中スコープを向ける。ツミの雌が朝食中だ。獲物はムクドリか?そうならムクドリの興奮もわかる。これぞモビング。 食べ終わるとしばらくは悠然と羽繕いをしていたのだが、唐突に飛び出すと枝のムクドリをアタック。一撃でしとめたがすぐ落としてしまった。拾うそぶりは一瞬あったのだが未練はまったくない。まあ、腹は膨れているわけだしあたりまえか。食べる…

続きを読む

ツミ♀擬態(動画)090524千葉県

朝から雨。 傘を差しながらの観察。 Japanese Sparrowhawk ♀adult 090524 Japan. ツミ♀090524千葉県。つがいの雄より背の白斑が目立つ。後姿を見ていてふと思う。その白斑は濃く茂る葉の隙間から洩れる光の擬態なもかもしれない。 虹彩は黄色。抱卵斑が赤く見えた。 雨宿りをかねて羽繕い。 休息もつかの間、三声鋭く鳴くと雄のもとへ飛ぶ。交代だよと伝…

続きを読む

ツミ♂成鳥

季節は巡る。春を告げるのはウグイスばかりではない。冬のうちから暖かい日はなんとなくないているウグイスよりこの鳥の緊張感のある声のほうが季節の変化を感じさせてくれる。 Japanese Sparrowhawk ♂adult.ツミ♂成鳥。

続きを読む

ツミ幼鳥080720千葉県

3羽が巣立った。飛ぶのが楽しくてしょうがないといった感じで、絡み合うように林を縦横に飛んでいた。 表情に親のような精悍さはまだないけれど、ハシブトガラスには果敢にアタックもしていた。どこかで見守っているはずの親の姿は今日は見ることができなかった。 ツミ幼鳥080720千葉県。 胸から腹にあるハート型が幼鳥の特徴。虹彩はまだ褐色。

続きを読む

ツミ♀の朝食080519千葉県

濃い霧の早朝、♀が餌の小鳥を貪っていました。 相変わらず騒がしいオナガに激しくアタックするのですが、一時散るだけですぐまた寄ってきます。 しかしやはり一番悩ましいのはハシボソガラスのようで、声が近付こうものなら雌雄で追い払いに出てしまうこともあります。当然巣は空になります。大丈夫なのかなあ。ちょっと心配。 ツミ♀080519千葉県。 霧の林の雰囲気を少しでも感じていただけるでしょうか。

続きを読む

ツミ交尾・抱卵斑080504千葉県

『オオタカ観察記』(氏原巨雄著)にオオタカの交尾について印象的な一文があります。 交尾の時には「クゥイー、クゥイー、クゥイー、クゥイー、クゥイー」と二羽が特徴のある大きな声で鳴き交わすので、どの辺りで交尾しているのかすぐわかる。 このツミの番では、何の前触れもなく始まり、声を立てることもなくおとなしく済ませ、何事もなかったかのように分かれてしまいます。少なくともはたから見ているとそう見えます…

続きを読む

ツミ♂背の白斑(スポット)・初列のフィンガー080428千葉県

オナガが目ざとく接近してきました。先週はオナガは見かけませんでした。 ツミ♂は盛んにアタックするのですが、オナガも心得たもので適当にかわしあきらめるのを待つ戦法です。 ツミになんら利益がなくオナガにのみ利益があるのなら片利共生、ツミに実害があるなら寄生になります。オナガには明らかなメリットがありそうですが、ツミの迷惑そうな行動を見ていると、ツミには利益はやはりないのでしょうか。 Jap…

続きを読む

ツミ♀成鳥の巣材集め080414千葉県

静かな雨の林にパキッと枝の折れる音がする。 ツミ♀成鳥の巣材集め。 この時は♀が甲斐甲斐しく仕事をする。 ツミ♂成鳥、天を仰ぐ。 ♂は休憩か。1度交尾するも込み入った枝が邪魔をして撮影できず。 前回は逆だった。

続きを読む

ツミ♂成鳥の巣材集め・オオタカ食痕080406千葉県

繁殖期の野鳥の観察には気を使います。営巣、育雛の放棄がありえるからです。それだけは絶対避けなければなりません。鳥が減少したのではウォッチングも撮影もありえないからです。 この日も観察、撮影は最小限にとどめました。10分で退却しました。ほんとは近づかないのが一番いいのですが・・・ ツミ♂成鳥080406千葉県。 羽を広げバランスを取りながら巣材の枝を折る♂。 ツミ♀成鳥080406…

続きを読む

ツミ♀第1回冬羽080329千葉県。

            羽繕い。                休む。                 鳴く。 狙う。花に集まる辺りのヒヨドリには目もくれず、ターゲットは地面のシロハラ。

続きを読む