カンムリカイツブリ夏羽~冬羽101203千葉県

Great Crested Grebes molting adult & nonbreeding 101203 Japan. カンムリカイツブリ成鳥夏羽~冬羽(画像1)・冬羽(画像2)101203千葉県。2羽で行動していた。個体A(画像1)は、頬の飾り羽が下部のみ残っている。虹彩は赤。個体B(画像2)はより換羽が進んでいて、頬の飾り羽は完全に落ちている。虹彩の赤みも少ない。

続きを読む

カンムリカイツブリ夏羽の換羽090819千葉県

Great Crested Grebe adult molting 090819 Japan. カンムリカイツブリ夏羽090819千葉県。夏、関東ではこの鳥は普通いないので、こうした換羽を見ることはできない。 すべての初列風切が筆毛状態。伸長状況が同調していることに注目。一度に抜け落ちたことを意味する。アビ類が同様の換羽をするが、多くの鳥では、飛行を確保するため段階的に換羽は進むので、こんな…

続きを読む

カンムリカイツブリ初認081011千葉県

10月11日は、この10年で一番早い。これまで早かったのが2006年10月21日で、遅かったのは2001年の11月4日だった。 カンムリカイツブリ081011千葉県。対岸に1羽ぽつんと羽繕いをしていた。200mくらい離れていたので羽衣の細部までは見えなかったが、換羽はかなり進んでいるようだった。

続きを読む

カンムリカイツブリ・ハジロカイツブリ071028手賀沼

オオジュリン、アオジ、ジョウビタキ、タヒバリ。 冬の鳥が出揃いました。 カンムリカイツブリ冬羽071028手賀沼。 ハジロカイツブリ冬羽071028手賀沼。 昨年のカンムリカイツブリの初認は10月15日でした。http://seichoudoku.at.webry.info/200610/article_27.html ハジロカイツブリの初認は10月28日で今年と同日。

続きを読む

カンムリカイツブリ夏羽070325印旛沼

すっかり夏羽になり、狐の耳のような飾り羽を広げています。 カンムリカイツブリ夏羽070325印旛沼。 カンムリカイツブリは数は減りましたが、まだ一部残っています。ほぼ皆夏羽でした。ハジロカイツブリはもういません。カイツブリは、夏羽と冬羽が見られます。

続きを読む

カンムリカイツブリ初認061015手賀沼

  カンムリカイツブリ冬羽とコブハクチョウ。昨年の初認は10月23日でした。この鳥が手賀沼を訪れるのは、例年10月の下旬から11月の初旬ですから、今年の渡来は比較的早い方です。

続きを読む