標識キョウジョシギ夏羽「877」190816千葉県

Colour-flagged Ruddy Turnstone worn breeding 180825 Japan. 右跗蹠に金属リング、左脛に青フラッグ「877」とその下に白フラッグが付けられている。1羽で行動していたが、周辺にはキョウジョシギは7羽いた。頭部に褐色味がなく肩羽の一部に赤褐色が見えるので成鳥♂と思われる。 山階鳥類研究所 保全研究室(鳥類標識センター)千田さんによれば以下の…

続きを読む

標識ミユビシギ夏羽~冬羽「H35」190807千葉県

Colour-flagged Sanderling molting adult 180825 Japan. 砂浜で採餌中のミユビシギ200羽の群れの中の1羽。右跗蹠に金属リング(24270?)、左脛に青フラッグ「H35」左跗蹠に白フラッグ。肩羽の一部に灰色の冬羽が見える。雨覆、三列風切は摩耗した夏羽。初列風切に脱落はない。 山階鳥類研究所 保全研究室(鳥類標識センター)千田さんによれば以下の…

続きを読む

標識シロチドリ♂夏羽~冬羽「H36」190809千葉県

Colour-flagged Kentish Plover molting adult ♂ 190809 Japan. 擦れてはいるものの前頭、過眼線、側胸に黒があるので♂。右跗蹠に金属リング、左脛に青フラッグ「H36」、左跗蹠に白フラッグ。山階鳥類研究所 保全研究室(鳥類標識センター)千田さんによれば以下の通り。 H36シロチドリは、2018年1月6日に、千葉県船橋市三番瀬で、性不明・成…

続きを読む

標識メダイチドリ♂第5回夏羽「AN」190809千葉県

Colour-flagged Lesser Sandplover breeding ♂ 190809 Japan. 山階鳥類研究所 保全研究室(鳥類標識センター)千田さんによれば以下の通り。 ANメダイチドリは、2014年9月8日に、千葉県習志野市谷津干潟で、性不明・幼鳥として放鳥されています。金属足環の番号は04A-09906です。

続きを読む

標識ハマシギ第1回冬羽~第1回夏羽「P52」190413千葉県

Colour-flagged Dunlin first summer 190413 Japan. 雨覆、三列風切は摩耗した幼羽、下列雨覆は第1回冬羽、上列肩羽は第1回夏羽と思われる。 山階鳥研の千田さんによれば以下の通り。 この個体は、2018年10月20日に、茨城県常総市菅生沼で、性不明・第1回冬羽として放鳥されています。金属足環の番号は03E-26007です。当研究所DBには20190…

続きを読む

標識ハマシギ「P52」190413千葉県(追記190425)

Colour-flagged Dunlin 190414 190413 Japan. 右跗蹠に金属リング、左脛に青フラッグ「P52」左跗蹠に青フラッグ。 Dunlins (With Lesser Sandplovers) 190414190413 Japan. 河口の干潟にハマシギ13、メダイチドリ16の混群。 追記190425: タイトルを「標識…

続きを読む

標識ヤマシギ190329-千葉県●

Ringed Eurasian Woodcock 190329A Japan. 右跗蹠に金属リング。 CHO 小雨の堤防沿いにのべで13羽。 Eurasian Woodcock 190329B Japan. Eurasian Woodcock 190329C Japan. Eurasian Woodcock 190331 Japan. 昨夜の雨は未明に上が…

続きを読む

標識タマシギ♂♀第1回冬羽181122千葉県

Greater Painted-snipes molting juvenile ringed ♂/♀ 181122 Japan. 大きいほうは中雨覆に緑が見えるので♀、足環付きは小さいので♂と思われる。生後約半年ですでに性的二型が明確になりつつある。

続きを読む

バンダ―とウォッチャーと

私は先日ある鳥を見つけ、震えるような心の高ぶりを感じた。直後、その鳥には足環が付けられていることに気づく。そして、感動は損なわれることなく深い感慨に変わった。さっそく、メール送信する。喜ぶ顔が目に浮かぶ。リプライが来る。返って来た感謝のメールは予想を超えていた。想定外の喜びに、私も幸せをかみしめた。 これはどちらかといえば例外的な経験ではあるが、私の標識回収記録で喜んでくれ感謝してくれる人がい…

続きを読む

バンダ―の責任/標識トウネン幼羽「CE1」181021千葉県

Colour-flagged Red-necked Stint juvenile 181021 Japan. 海水浴場の水溜り、トウネン20羽のうち1羽が標識されていた。右跗蹠メタルリング、左跗蹠青フラッグ「CE1」、白フラッグ。 山階鳥類研究所保全研究室千田万里子氏によれば以下の通り(私信)。 青CE1/白トウネンは今秋に宮城県亘理町鳥の海で放鳥されているの…

続きを読む

標識シロチドリ♀夏羽~冬羽181021千葉県

Ringed Kentish Plover molting adult ♀ 181021 Japan. シロチドリ4羽の群れのうちの1羽に標識が付けられていた。 NPO法人バードリサーチ(EAAFPシギ・チドリ類国内コーディネーター)の守屋年史氏によれば(地名はブログ管理人が記号に変えた)、 黒橙のシロチドリは、2016年に繁殖が確認されて以降、繁殖は確認されていませんが、 九十九里浜Sを…

続きを読む

標識タマシギ♂鳴き声(動画)、♀、幼羽180809-千葉県

サイトAとB(AB間は1.2km)2カ所におけるタマシギの1週間。 8月9日、サイトA。♂標識1、幼鳥3。幼鳥3羽は一緒に行動、♂は約20m離れたところで一見別行動。 Ringed Greater Painted-snipe 180809D Japan. 右跗蹠に褐色に変色した金属リングが付けられている。 Greater Painted-snipe juvenile…

続きを読む

標識オオジシギ幼羽~第1回冬羽「AY」-180813千葉県

Colour-flagged Latham's Snipe molting juvenile 180813 Japan. 肩羽は幼羽から第1回冬羽に換羽中、各雨覆と三列風切は幼羽。左脛青フラッグ「AY」は2018年8月5日、Oさんが付けた(私信)。放鳥と撮影は同一サイト。夜はこの休耕田で採餌している。鳴き声は「ゲッ」。遅くとも8月2日に2羽このサイトに入ったが、そのうちの1羽と思われる。滞在推…

続きを読む

「標識鳥回収記録」郵送中止180607

今日チュウジシギ170917千葉県とヤマシギ171206千葉県の「標識鳥回収記録」が山階から届いた。 「事業費が大幅に削減され、復活の見込みがあまり無い」ため、「標識鳥回収記録」郵送が中止された。

続きを読む

標識チュウジシギ夏羽「411」180413千葉県

Ringed Swinhoe's Snipe breeding 180413 Japan. 農道側に湿り気のある整地された田で休んでいた。第一印象としてはタシギより二回りも大きく、オオジシギかと感じた。標識からチュウジシギと分かった。標識は2018年4月12日、Oさんが付けた(私信)。捕獲標識場所から1㎞の地点で撮影。 右跗蹠に金属リング。泥で汚れていて読み取りにくい。 **…

続きを読む

標識セグロカモメ第12回冬羽「27/」171202千葉県

Ringed Vega Gull nonbreeding '27/' 171202 Japan. 右跗蹠に金属リング、左跗蹠に白リング「27/」が付けられている。 認定NPO法人 行徳野鳥観察舎友の会 セグロカモメカラーリング調査担当 佐藤達夫氏によれば、 捕獲日:2010年2月17日 捕獲場所:千葉県市川市行徳野鳥観察舎(丸浜川) 足環番号:右足・10B3…

続きを読む

標識ヤマシギ第2回冬羽171202千葉県(追記171207)

Ringed Eurasian Woodcock 171202B Japan. 一緒にいた3羽のうち1羽の右跗蹠に金属リング。 PAN 320 Eurasian Woodcock 171202C Japan. 画像1の手前側と同一個体。 Eurasian Woodcock 171202A Japan. 上の2羽とともにいたもう1羽。この日はそばにさらに3羽…

続きを読む

コウノトリ第1回冬羽171203千葉県

Ringed Oriental Stork first winter 171203 Japan. 夕日を浴びるヤマト。2017年6月17日放鳥された今年4月生まれの♂。嘴が伸びて半年で成鳥らしい面構えになった。 右脛:黄黄、左脛:黄黒。 100m以上離れたところで飛ばれてしまい、随分警戒心強いなあ、と思ったのだが、さにあらず、こちらに向かって飛んできて近くに降りた。

続きを読む

標識タマシギ171122千葉県●

Ringed Greater Painted-snipe molting juvenile 171122A Japan. 右跗蹠に、部分的に赤褐色に変色した金属リング。 KY TO 6 500m離れたところにもう1羽。 Greater Painted-snipe molting juvenile 171122B Japan. 25日前にほぼ同所にいた2羽のうちの1…

続きを読む

標識カワウ第1回冬羽「FE8」171103千葉県

Ringed Great Cormorant first winter 171103 Japan. カワウ標識調査グループ(JCBG)福田道雄氏によれば、(FE8)は、2017/05/08に市川市の行徳鳥獣保護区内で、ヒナに装着したリングです。今回が初めての記録で、179日目です。これで、無事巣立ち、生存していることがわかりました。

続きを読む