標識オオジュリン、小鳥の足環の刻字が読み取れない220211-千葉県

Ringed Common Reed Buntings 220211 Japan. 撮影では小鳥の足環のナンバーはほぼ読み取れない。四方から撮影しないといけないから。写真による回収率を上げるには、刻字方法を工夫する必要があるだろう。方向を90度回転し字を小さくし複数列にすれば、もっと1画像で同定できるようになるはず。 Common Reed Buntings 220211 Japan. …

続きを読む

標識ハマシギ冬羽「H52」「H56」220109千葉県

Colour-flagged Sanderlings nonbreeding 220109 Japan. 干潟で採餌中のハマシギ300羽の内2羽。右跗蹠に金属リング、左脛に青フラッグ「H52」と「H56」、左跗蹠に白フラッグ。 日時と場所を以下に示す。 H56:2022 1/9 13:38 https://goo.gl/maps/WAuHdTvzwH1dk9Qb9 H52:2022 1/…

続きを読む

ヤマシギ幼鳥・標識成鳥「6660」211217千葉県

Eurasian Woodcock juvenile 211217A Japan. Eurasian Woodcock adult 211217B Japan. Ringed Eurasian Woodcock adult 211217C Japan. 2015年11月27日にOさんが標識、放鳥した性不明・成鳥「8A-36660」。第8回~冬羽。Oさんの放鳥ヤマシギ中最長寿とのこと…

続きを読む

標識カワウ「A83」211211千葉県

Ringed Great Cormorant 211211 Japan. 右跗蹠に金属リング、左跗蹠に赤カラーリング「A83」が付けられている。カワウ・ウミウ混群に見つける。 撮影日時と場所を以下に示す。 A83:2021 12/11 12:16 https://goo.gl/maps/sxCSX4vC1oczXHDQ8 北海道湧別川コロニー・カワウカラーマーキング調査一覧(2016…

続きを読む

標識オオジシギ幼羽~第1回冬羽「N87」211001千葉県

Colour-flagged Latham's Snipe molting juvenile 211001 Japan. 台風16号接近時雨の夜の田で発見。 小田谷嘉弥氏により2021年9月上旬に茨城県で標識、放鳥された。利根川を挟んで両岸を行き来しているようだ。 Colour-flagged Latham's Snipe molting juvenile 210909/1001 J…

続きを読む

タマシギ標識♀成鳥、♀第1回冬羽210918千葉県

Greater Painted-snipes Colour-flagged♀/ molting juvenile ♀ 210918AB Japan. 画像1、2:奥;♀成鳥、手前;♀第1回冬羽。画像3:左脛と跗蹠に青フラッグ、右跗蹠に金属リング。画像4:♀成鳥肩羽白線。画像5:♀第1回冬羽肩羽白線。 標識個体の左脛が瘦せて見える。

続きを読む

標識タマシギ♀成鳥210909千葉県

Greater Painted-snipe ♂ & Colour-flagged♀ 210909 Japan. ♀:右左脛と跗蹠に青フラッグ、左右跗蹠に金属リング。いずれも泥で汚れ刻字見えず。♂:標識無し。 訂正210920:左右の誤りを正す。

続きを読む

標識カルガモ♀幼羽210305千葉県

Ringed Eastern Spot-billed Duck molting juvenile 210305 Japan. 右跗蹠に金属リング。周囲の個体に比べて小さく淡色に見えたので♀だろう。胸から腹に細かい斑が多数見える。脇には摩耗した幼羽と第1回冬羽が混在する。

続きを読む

標識チュウジシギ冬羽200927茨城県

Colour-flagged Swinhoe's Snipe nonreeding 200927 Japan. 右跗蹠に金属リング、左跗蹠に青フラッグ、左脛にフラッグ? 安易に接近を試みて、脛の情報を撮る前に飛ばれてしまった。個体特定できず;フラッグ情報については、干潟で採餌するシギチに比べてジシギの場合、跗蹠は草や水に、脛は腹の羽毛に隠れ情報が読み取れない恐れがどうしても高くなってしまう。

続きを読む

美の進化 標識タマシギ♀第5回夏羽200425千葉県

Ringed Greater Painted-snipe♀breeding 200425 Japan.右跗蹠に金属リング「2968」。Oさんにより、2015年9月1日雌・第一回冬羽として放鳥され2017年9月5日にほぼ同所で再捕獲されている個体と思われる。 鳥の研究者には、根っからの鳥好きと目的の手段として鳥を対象に選択した人の2種類があるようだ。私は前者の書いた本を特にワクワクしながら読む。…

続きを読む

標識キョウジョシギ夏羽「877」190816千葉県

Colour-flagged Ruddy Turnstone worn breeding 180825 Japan. 右跗蹠に金属リング、左脛に青フラッグ「877」とその下に白フラッグが付けられている。1羽で行動していたが、周辺にはキョウジョシギは7羽いた。頭部に褐色味がなく肩羽の一部に赤褐色が見えるので成鳥♂と思われる。 山階鳥類研究所 保全研究室(鳥類標識センター)千田さんによれば以下の…

続きを読む

標識ミユビシギ夏羽~冬羽「H35」190807千葉県

Colour-flagged Sanderling molting adult 180825 Japan. 砂浜で採餌中のミユビシギ200羽の群れの中の1羽。右跗蹠に金属リング(24270?)、左脛に青フラッグ「H35」左跗蹠に白フラッグ。肩羽の一部に灰色の冬羽が見える。雨覆、三列風切は摩耗した夏羽。初列風切に脱落はない。 山階鳥類研究所 保全研究室(鳥類標識センター)千田さんによれば以下の…

続きを読む

標識シロチドリ♂夏羽~冬羽「H36」190809千葉県

Colour-flagged Kentish Plover molting adult ♂ 190809 Japan. 擦れてはいるものの前頭、過眼線、側胸に黒があるので♂。右跗蹠に金属リング、左脛に青フラッグ「H36」、左跗蹠に白フラッグ。山階鳥類研究所 保全研究室(鳥類標識センター)千田さんによれば以下の通り。 H36シロチドリは、2018年1月6日に、千葉県船橋市三番瀬で、性不明・成…

続きを読む

標識メダイチドリ♂第5回夏羽「AN」190809千葉県

Colour-flagged Lesser Sandplover breeding ♂ 190809 Japan. 山階鳥類研究所 保全研究室(鳥類標識センター)千田さんによれば以下の通り。 ANメダイチドリは、2014年9月8日に、千葉県習志野市谷津干潟で、性不明・幼鳥として放鳥されています。金属足環の番号は04A-09906です。

続きを読む

標識ハマシギ第1回冬羽~第1回夏羽「P52」190413千葉県

Colour-flagged Dunlin first summer 190413 Japan. 雨覆、三列風切は摩耗した幼羽、下列雨覆は第1回冬羽、上列肩羽は第1回夏羽と思われる。 山階鳥研の千田さんによれば以下の通り。 この個体は、2018年10月20日に、茨城県常総市菅生沼で、性不明・第1回冬羽として放鳥されています。金属足環の番号は03E-26007です。当研究所DBには20190…

続きを読む

標識ハマシギ「P52」190413千葉県(追記190425)

Colour-flagged Dunlin 190414 190413 Japan. 右跗蹠に金属リング、左脛に青フラッグ「P52」左跗蹠に青フラッグ。 Dunlins (With Lesser Sandplovers) 190414190413 Japan. 河口の干潟にハマシギ13、メダイチドリ16の混群。 追記190425: タイトルを「標識…

続きを読む

標識ヤマシギ190329-千葉県●

Ringed Eurasian Woodcock 190329A Japan. 右跗蹠に金属リング。 CHO 小雨の堤防沿いにのべで13羽。 Eurasian Woodcock 190329B Japan. Eurasian Woodcock 190329C Japan. Eurasian Woodcock 190331 Japan. 昨夜の雨は未明に上が…

続きを読む